持明院基定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
持明院基定
時代 江戸時代前期
生誕 慶長12年4月10日1607年5月5日
死没 寛文7年10月17日1667年12月2日
官位 参議正二位、権大納言
氏族 大沢氏持明院家
父母 父:大沢基宿、養父:持明院基久
兄弟 大沢基重基定大沢基成
大沢基近山名豊政正室
正室:持明院基久の娘
基時高野保春高倉永敦室、
稲葉正往継室
テンプレートを表示

持明院 基定(じみょういん もとさだ)は、江戸時代前期の公家高家旗本大沢基宿の次男 。『入木源底集』を著す。

持明院基久基征父子は公家でありながら、大坂の陣に参加し大坂城に入城し、最終決戦の天王寺・岡山の戦いで戦死した(落ち延びたという説もある)。その後基定が基久の娘婿となり、名跡を継ぐことを許された。正保3年(1646年)3月10日、臨時奉幣使として日光東照宮に派遣された。翌年4月17日、東照宮に奉幣する。これが日光例幣使の始まりである。