山名豊政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山名 豊政(やまな とよまさ、元亀2年(1571年) - 寛永7年6月28日1630年8月6日))は、江戸時代交代寄合山名豊国の子。通称、平右衛門。室は大沢基宿の娘。兄弟に勝七郎庄兵衛土岐頼勝室、朽葉七郎左衛門の妻、山名豊義山名豊晴。子に山名矩豊安千代山名義豊本多重世室、妻木頼信室、永井直重室。

生涯[編集]

下総国葛飾郡にて千石を賜る。元和3年(1617年)に家督を継ぎ、但馬国福岡領主となる。先に賜った千石は収公のうえ幕府より、弟の豊義に与えられる。

高家である大沢基宿の娘を正室として迎える。寛永5年(1628年)、故あって9歳の子山名矩豊に家督を譲り隠居し、寛永7年に没する。

法名は、法雲院殿桂岳道栄日潤大居士。墓所は武蔵国碑文谷法華寺のち、自證院明治時代に青山霊園に改葬。