櫛笥隆督

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
櫛笥隆督

櫛笥 隆督(くしげ たかまさ、1875年明治8年)8月25日[1] - 1945年昭和20年)8月28日[1][2])は、明治から昭和期の宮内官・政治家華族貴族院子爵議員

経歴[編集]

櫛笥家当主・櫛笥隆義の長男として生まれ、1883年5月24日、父の隠居に伴い家督を継承[1][3][4]1884年7月8日、子爵を叙爵した[3][4][5]

1885年、宮中内竪に就任[2][3]。その後退官して、日露戦争に従軍[3]。また、日本産銅社長を務めた[4]

1911年7月、貴族院子爵議員に選出され[6]研究会に所属して活動し、1932年7月まで三期在任した[2]

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『平成新修旧華族家系大成』上巻、536頁。
  2. ^ a b c 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』42頁。
  3. ^ a b c d e 『華族畫報』下、680頁。
  4. ^ a b c 『人事興信録』第14版 上、ク28頁。
  5. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。
  6. ^ 『官報』第8427号、明治44年7月25日。
  7. ^ 『官報』第1225号「叙任及辞令」1931年1月31日。

参考文献[編集]

  • 杉謙二編『華族畫報』下、吉川弘文館、2011年(華族画報社大正2年刊の複製)。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 上、1921年。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
櫛笥家初代
1884年 - 1945年
次代:
櫛笥隆智