滋野井実全

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
滋野井実全
時代 江戸時代中期
生誕 元禄13年4月5日1700年5月23日
死没 享保20年10月20日1735年12月4日
官位 従三位権中納言
主君 東山天皇中御門天皇桜町天皇
氏族 滋野井家
父母 父:滋野井公澄、母:甘露寺方長の娘
兄弟 実全実彦堀河冬輔室、直子(京極宮文仁親王室)
家女房
公麗植松幸雅正室
テンプレートを表示

滋野井 実全(しげのい さねまさ)は、江戸時代中期の公卿官位従三位権中納言

経歴[編集]

3歳で叙爵を受け、宝永4年(1707年)に元服して従五位上侍従に任じられる。その後、昭仁親王の立太子と共に春宮亮に任じられ、享保18年(1733年)には参議に任じられ、翌年には従三位に叙せられる。享保20年(1735年)、皇太子昭仁親王が即位して桜町天皇となると、実全も権中納言に任命された。だが、間もなく病に倒れて35歳で薨去。

父と同様に有職故実に詳しく、皇太子に近侍していたために、立太子や皇太子元服に関する記録を多く残している。

系譜[編集]

関連項目[編集]