滋野井公時

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
滋野井公時
時代 平安時代後期 - 鎌倉時代前期
生誕 保元2年(1157年
死没 承久2年4月23日1220年5月26日
改名 公雅→(初名(本名))公輔→公時
別名 藤原公時、三条大納言
官位 従二位参議
主君 二条天皇六条天皇高倉天皇安徳天皇後鳥羽天皇土御門天皇
氏族 滋野井家
父母 父:滋野井実国、母:藤原家成の娘
吉田経房の娘
実宣実秋実広惟明親王
テンプレートを表示

滋野井 公時(しげのい きんとき)は平安時代後期から鎌倉時代前期の公卿権大納言滋野井実国の次男。滋野井家2代当主。

経歴[編集]

保元3年12月(1159年1月)僅か2歳にして従五位下叙爵仁安3年(1168年)従五位上に陞叙され、嘉応2年(1170年侍従となる。

承安3年(1173年正五位下に叙され、備中権介右近衛少将、備中介を歴任し、安元3年(1177年従四位下治承5年(1181年)従四位上・備中権介に叙任。寿永2年(1183年)には正四位下に昇り、左近衛中将に任ぜられる。元暦2年(1185年伊予守文治4年(1188年蔵人頭となる。文治5年(1189年従三位参議に叙任され公卿に列し、文治6年(1190年備前権守建久4年(1193年正三位、建久6年(1195年近江権守となるが同年4月に参議と中将を辞任。

建久9年(1198年従二位となる。近江権守の任期が果てた後は散位となり、承元3年(1209年)に出家し、承久2年(1220年)4月23日に64歳で薨去した。

官歴[編集]

※以下、『公卿補任』の記載による。

  • 保元3年12月17日(1159年1月8日):従五位下(御即位叙位。女御琮子給)
  • 仁安3年(1168年)3月11日:従五位上(天皇自摂政閑院第遷幸内裏。本家賞。改名公輔)
  • 嘉応2年(1170年)7月26日:侍従(十五人例始之)
  • 承安3年(1173年)正月13日:正五位下(朝覲行幸賞。建春門院御給)、11月2日:復任侍従(母服解)
  • 安元元年(1175年)正月22日:備中権介、12月8日:右近衛少将(御賀舞人賞。近衛次将及二八人例)
  • 安元2年(1176年)正月30日:備中介
  • 安元3年(1177年)正月24日:従四位下(右少将労。扱出叙位)
  • 治承5年(1181年)正月5日:従四位上(臨時)、3月26日:備中権介
  • 寿永2年(1183年)2月11日:復任(右少将備中権介。父中陰内)、2月21日:正四位下(朝覲行幸次。臨時。父服五旬中叙之)、12月21日(1184年2月4日):左近衛中将
  • 元暦2年(1185年)正月20日:伊予守
  • 文治4年(1188年)10月14日:蔵人頭
  • 文治5年(1189年)7月11日:参議従三位(右近衛如元)
  • 文治6年(1190年)正月24日:備前権守
  • 建久4年(1193年)11月11日:正三位(日吉行幸行事賞)
  • 建久6年(1195年)2月2日:近江権守、4月7日:辞参議中将
  • 建久9年(1198年)11月21日:従二位(大嘗会国司賞)
  • 承元3年(1209年)8月19日:出家

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 公卿補任』承安3年条
先代:
滋野井実国
滋野井家
第2代
次代:
滋野井実宣