藤原公清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
藤原公清
時代 平安時代後期 - 鎌倉時代前期
生誕 仁安元年(1166年
死没 安貞2年10月11日1228年11月9日
別名 公淸(正字)、
八条(号)、風早二位(号)
官位 従二位参議
主君 高倉天皇安徳天皇後鳥羽天皇土御門天皇順徳天皇仲恭天皇後堀河天皇
氏族 八条家藤原北家閑院流
父母 父:滋野井実国、母:源雅綱の娘
兄弟 公時公清賢忍公全
女子(粟田口忠良室)
源資賢の娘
実嗣実俊実隆実誉実秀実秋
公方実増
テンプレートを表示

藤原 公清(ふじわら の きんきよ)は平安時代後期から鎌倉時代前期の公卿権大納言滋野井実国の次男。八条または風早二位と号した。

経歴[編集]

嘉応2年(1170年)に5歳で従五位下叙爵治承3年(1179年)に昇殿を聴され、治承4年(1180年左衛門佐に任ぜられた。養和2年(1182年)従五位上に昇叙。

元暦2年(1185年従四位下近江権介に叙任。左近衛少将を経て、文治6年(1190年)には従四位上・駿河介に叙任された。建久4年(1193年)に左近衛少将・平光盛とともに除籍されているが詳細は不明。建久9年(1198年)3月に石清水臨時祭の舞人に奉仕し[1]、同年11月には正四位下・近江介と順調に昇進。正治2年(1200年東宮昇殿を聴され、正治3年(1201年)左近衛権中将に転じた。同年11月に行われた賀茂臨時祭では祭使を務めた[2]

建仁2年(1202年)正月加賀介を兼任し、同年3月の後鳥羽上皇御幸の際にはを献じている[3]。建仁3年(1203年)に従三位に叙せられて公卿に列した。建永2年(1207年)には正三位参議に叙任されるが、その後の昇進は停滞する。

建暦元年(1211年)に参議を辞退して従二位に叙せられるが、貞応2年(1223年)12月に出家して安貞2年(1228年)に63歳で薨去した。

官歴[編集]

※以下、『公卿補任』の記載に従う。

  • 嘉応2年(1170年)正月5日:従五位下に叙す(女御琮子給)。
  • 治承3年(1179年)正月-日:昇殿を聴す。
  • 治承4年(1180年)正月30日:左衛門佐に任ず。
  • 養和2年(1182年)3月8日:従五位上に叙す(府労)。
  • 寿永2年(1183年)正月2日:服解(父)。2月11日:復任。
  • 元暦2年(1185年)正月24日:近江権介を兼ぬ。6月18日:従四位下に叙す。
  • 文治4年(1188年)8月―日:除籍。
  • 文治5年(1189年)7月10日:左近衛少将に任ず。
  • 文治6年(1190年)正月6日:従四位上に叙す。2月2日:駿河介を兼ぬ。
  • 建久4年(1193年)8月―日:除籍。
  • 建久9年(1198年)11月9日:近江介を兼ぬ。11月21日:正四位下に叙す(大嘗會国司賞)。
  • 正治2年(1200年)11月21日:東宮昇殿を聴す。
  • 正治3年(1201年)正月29日:左近衛権中将に転ず。
  • 建仁2年(1202年)正月21日:加賀介を兼ぬ。
  • 建仁3年(1203年)10月24日:従三位に叙す。
  • 建永2年(1207年)正月7日:正三位に叙す。4月10日:参議に任ず。
  • 建暦元年(1211年)10月11日:職を辞して従二位に叙す。
  • 貞応2年(1223年)12月―日:出家。
  • 安貞2年(1228年)10月11日:薨去。享年63。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 猪隈関白記建久9年3月27日条。
  2. ^ 猪隈関白記建仁元年11月26日条。
  3. ^ 猪隈関白記建仁2年3月26日/28日条。