西園寺公益

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
西園寺公益
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正10年4月20日1582年5月22日
死没 寛永17年2月17日1640年4月8日
別名 号:真空院
官位 従一位内大臣
主君 正親町天皇後陽成天皇後水尾天皇明正天皇
氏族 西園寺家
父母 父:西園寺実益
母:久我晴通娘・瑞光院
山内康豊娘・慈教院
実晴大宮季光、性演
テンプレートを表示

西園寺 公益(さいおんじ きんます)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての公卿右大臣西園寺実益の子。官位従一位内大臣

経歴[編集]

天正11年(1583年)に叙爵。しかし清華家当主にしてはやや官位の上昇が遅く、慶長18年(1613年)に漸く従三位となり公卿に列している。その後はややスピードを増し、権中納言踏歌節会外弁などを経て、元和3年(1617年)には権大納言となっている。しかしその後、また暫く停滞して寛永6年(1629年)になって漸く神宮伝奏に任じられた。

寛永8年(1631年)に内大臣となったが、翌年には辞した。寛永12年(1635年)に従一位を授与される。

系譜[編集]