西園寺公藤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
西園寺公藤
時代 室町時代
生誕 康正元年(1455年
死没 永正9年6月19日1512年7月31日
官位 正二位右大臣
主君 後土御門天皇後柏原天皇
氏族 西園寺家
父母 父:西園寺実遠
兄弟 公藤公連
実宣実賢
テンプレートを表示

西園寺 公藤(さいおんじ きんふじ)は、室町時代公卿官位正二位右大臣

経歴[編集]

文明14年(1482年)に従三位となり、公卿に列する。文明17年(1485年)に権中納言延徳元年(1489年)に権大納言となる。明応6年(1497年右近衛大将文亀元年(1501年内大臣左近衛大将となる。文亀4年に左近衛大将を辞職。永正3年(1506年)には右大臣となるも翌年辞職。永正9年(1512年)に中風で薨去。享年58。

関連項目[編集]