西園寺実輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
西園寺実輔
時代 江戸時代前期
生誕 寛文元年(1661年
死没 貞享2年1月5日1685年2月8日
官位 従三位中宮権大夫
主君 霊元天皇
氏族 鷹司家西園寺家
父母 父:鷹司房輔
母:毛利秀就次女・大江竹子
養父:西園寺公遂
兄弟 鷹司兼熙実輔鷹司輔信一条兼香
西園寺公宣娘・安姫
致季
テンプレートを表示

西園寺 実輔(さいおんじ さねすけ)は、江戸時代前期の公卿関白鷹司房輔の子。官位従三位中宮権大夫

経歴[編集]

当主の死去により西園寺家に相続人がいなくなっていたため、実輔が鷹司家から西園寺公宣娘の婿養子になり、西園寺家を相続した。

天和元年(1681年)に権中納言となり、天和3年(1683年)に霊元天皇の中宮鷹司房子の中宮権大夫に就任しているが、貞享2年(1685年)に25歳で薨去した。

系譜[編集]