西園寺公宣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西園寺 公宣(さいおんじ きんのぶ、寛永2年(1625年) - 寛文10年8月15日1670年9月28日))は、江戸時代前期の公家。別名は西園寺随宜とも言う。霊元天皇(111代)の代に仕えたが、母の死去後すぐに宮仕えを辞去している。父は左大臣西園寺実晴。母は実晴御台所であり、細川忠隆(長岡休無)娘の徳。西園寺公満は実兄。

年上のである権中納言西園寺実尚が若くして急死したため、その後を受けて西園寺家を相続した。従五位上侍従に就任したが、寛文5年(1665年)母の死後に職を辞して隠居し、細川忠隆の子長岡忠春(叔父にあたる)を頼って肥後国入道水村(現在の熊本県菊陽町)に下向して暮らしていたが、そこで病を得て寛文10年に45歳で卒去した。西園寺家は公遂が継いだ。

実は、西園寺公宣の肥後滞在中に女官との間に娘・安姫(屋須姫とも書く)が生まれている。公宣の死後に京都から迎えが来て安姫は西園寺家で育てられ、後には鷹司家から婿(西園寺実輔)をとって西園寺家を継ぐことになる。

熊本県の古閑原西端から北に農道を登った芳ケ平に、そこで卒去した西園寺随宜を祀る神社と墓(長岡忠春建立)が残っている(下記の外部リンク参照)。


外部リンク[編集]