西園寺治季

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
西園寺治季
時代 江戸時代後期
生誕 文化6年6月14日1809年7月26日
死没 文政9年7月9日1826年8月12日
官位 従三位左近衛権中将
主君 光格天皇仁孝天皇
氏族 西園寺家
父母 父:西園寺寛季、母:正親町公明の娘
師季、養子:公潔
テンプレートを表示

西園寺 治季(さいおんじ はるすえ)は、江戸時代後期の公卿官位従三位左近衛権中将

経歴[編集]

文化9年(1812年)に叙爵。以降累進して左近衛権少将左近衛権中将を経て、文政7年(1824年)に従三位となり、公卿に列するもその二年後に父に先立って薨去している。享年18。治季の死去後に実子の師季が誕生したが、幼すぎるので有栖川宮韶仁親王の王子の公潔臣籍降下して西園寺家養子となり、これを相続した。

系譜[編集]

関連項目[編集]