西園寺実充

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
西園寺実充
時代 戦国時代
生誕 永正7年(1510年
死没 永禄8年(1565年
別名 黒瀬殿(尊称)、実清、実光
官位 従五位下、左近衛少将
氏族 西園寺氏
父母 父:西園寺公家
兄弟 実充公宣
公高、娘(勧修寺基賢室)、娘(明石寺尊栄室)、娘(土居清晴室)、娘(吉田充次室)、西姫(西園寺公広正室)
養子:公広
テンプレートを表示

西園寺 実充(さいおんじ さねみつ)は、戦国時代大名伊予南部を支配した西園寺氏の当主。

永正7年(1510年)、西園寺公家の子として生まれる(一説には公家の父公季の子とも言われる)。伊予南部で勢力を誇り、居城を松葉城から黒瀬城に移したが、弘治2年(1556年)に宇都宮豊綱と領土をめぐって争い、その戦いの中で嫡男の公高が討死するという敗北を喫した。このため、河野通宣の仲介を受けて豊綱と和睦する。

永禄3年(1560年)7月18日、従五位下、左近衛少将に叙任された。永禄8年(1565年)5月には上洛し、宗家の西園寺公朝の屋敷における和歌の会に列席したが、同年のうちに死去した。享年56。

跡を甥で婿養子の公広が継いだ。