西園寺実俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
西園寺実俊
時代 南北朝時代
生誕 建武2年(1335年
死没 元中6年/康応元年7月6日1389年7月28日
改名 実名(初名)→実俊
官位 従一位右大臣
主君 光明天皇崇光天皇後光厳天皇後円融天皇後小松天皇
氏族 西園寺家
父母 父:西園寺公宗、母:日野資名娘・名子
正室:四条隆資
洞院公賢娘・理空
公永公兼、道紹
テンプレートを表示

西園寺 実俊(さいおんじ さねとし)は、南北朝時代公卿権大納言西園寺公宗の長男、母は典侍・日野名子[1]官位従一位右大臣

経歴[編集]

初名は実名(さねかた)。父・公宗は建武2年(1335年)、北条氏と謀った後醍醐天皇の暗殺計画に失敗して同年8月2日に処刑されており、実俊はその後に生まれ、探索の眼を逃れて養育された。このとき、西園寺家の家督は暗殺計画を密告した叔父・公重に渡っている。実俊は北朝の許で建武4年(1337年従五位下となり、暦応3年(1340年)、母・名子と共に西園寺家北山第に入った。康永3年(1344年)に従三位貞和5年(1349年正三位権中納言となる。叔父・公重が文和2年(1353年南朝に仕えたため、実俊が家督を相続し、同年権大納言となった。貞治3年(1364年内大臣貞治5年(1366年右大臣永和元年(1375年従一位康応元年(1389年)6月8日出家、同年7月6日に55歳で薨去した。

系譜[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日野資名の娘。『竹向きが記』の作者

参考文献[編集]

  • 橋本政宣 編『公家事典』、吉川弘文館、2010年
  • 近藤敏喬 編『宮廷公家系図集覧』、東京堂出版、1994年