西園寺実永

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
西園寺実永
時代 室町時代前期
生誕 天授3年/永和3年(1377年
死没 永享3年10月9日1431年11月13日
改名 実村(初名)→実永
官位 従一位右大臣
主君 後小松天皇称光天皇
氏族 西園寺家
父母 父:西園寺公永
持明院基親
公名
テンプレートを表示

西園寺 実永(さいおんじ さねなが)は、室町時代前期の公卿権大納言西園寺公永の子。官位従一位右大臣

経歴[編集]

初名は実村。明徳4年(1393年)に参議となり、公卿に列する。応永2年(1395年)には権中納言となる。応永6年(1399年)には権大納言。応永22年(1415年)には右近衛大将となる。応永26年(1419年)には内大臣に任命された。翌年、右大臣に転任するも辞職する。

応永28年(1421年)に従一位を授与された。