西園寺公遂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
西園寺公遂
時代 江戸時代前期
生誕 寛文3年2月23日1663年4月1日
死没 延宝6年6月10日1678年7月28日
官位 従三位左近衛中将
主君 霊元天皇
氏族 西園寺家
父母 父:西園寺実晴
兄弟 公満公遂公宣
実輔
テンプレートを表示

西園寺 公遂(さいおんじ きんすい)は、江戸時代前期の公卿官位従三位左近衛中将

経歴[編集]

実晴の子である公満公宣、公満の子である実尚が早世や若くして辞職したために、彼が西園寺家の家督を継ぐこととなった。寛文11年(1671年)に叙爵。以降累進して延宝5年(1677年)に従三位となり公卿に列したが、この翌年に16歳で薨去した。

西園寺家には相続人がいなくなったので、関白鷹司房輔次男実輔を、公宣の娘安姫の婿養子に迎えて、西園寺家を相続させることとなった。ちなみにこの実輔も早世する。

系譜[編集]

関連項目[編集]