藤原公雅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
藤原公雅
時代 平安時代後期 - 鎌倉時代前期
生誕 寿永2年(1183年
死没 宝治2年2月20日1248年3月23日
官位 正二位権大納言
主君 後鳥羽天皇土御門天皇順徳天皇仲恭天皇後堀河天皇四条天皇後嵯峨天皇後深草天皇
氏族 藤原北家閑院流
父母 父:藤原実明、母:玄修僧都女
兄弟 公雅、公綱、明進、明弁、公遍、公縁、公真。
忠萬法印女
実任実躬、実澄、実祐、女子[1]
テンプレートを表示

藤原 公雅(ふじわら の きんまさ)は平安時代末期から鎌倉時代にかけての公卿。正二位権大納言。父は従二位参議民部卿藤原実明、母は玄修僧都の女。 藤原実明と藤原実宗は同母兄弟であるため、西園寺公経とはいとこ同士という関係になる。

経歴[編集]

以下、『尊卑分脈』と『公卿補任』の内容に従って記述する。

脚注[編集]

  1. ^ 『尊卑分脈』中御門為方の項では為方の母は公雅の女とあり、為方の兄弟である為俊経守は為方の同母弟とある。
  2. ^ 殷富門院当年御給。
  3. ^ 公経卿が左衛門督を辞して申任したため。
  4. ^ 皇后宮承元元年御給。
  5. ^ 実明の喪による。
  6. ^ 息男実躬を左少将に申任す。
  7. ^ 八幡御幸行事賞。
  8. ^ なお、同年8月に藤原定家が薨去し、息男である藤原為家は権大納言を辞して復任しなかった。

参考文献[編集]