ファウンテンズ修道院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世界遺産 ファウンティンズ修道院遺跡群を含むスタッドリー王立公園
イギリス
ファウンテンズ修道院跡
ファウンテンズ修道院跡
英名 Studley Royal Park including the Ruins of Fountains Abbey
仏名 Parc de Studley Royal avec les ruines de l'abbaye de Fountains
面積 309 ha
登録区分 文化遺産
登録基準 (1), (4)
登録年 1986年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
ファウンテンズ修道院の位置(イングランド内)
ファウンテンズ修道院
使用方法表示

座標: 北緯54度6分58秒 西経1度34分23秒 / 北緯54.11611度 西経1.57306度 / 54.11611; -1.57306

ファウンテンズ修道院(ファウンテンズしゅうどういん、Fountains Abbey)は、イングランド北部、ノース・ヨークシャーリポンにあるシトー会修道院跡である。 周辺のスタッドリー王立公園 (Studley Royal Water Garden) とともに、ユネスコ世界遺産に登録されている。

来歴[編集]

1130年代にヨークのセント・メアリー修道院から13人の修道士が、新たな修業の場としてリポンにあるスケル谷と呼ばれる地に移り住んだ。当時のリポン周辺はウィリアム2世との抗争によって荒廃していた。シトー会修道士ジョフロア・デナイの指揮のもと修道院の建設と寄付金集めは進み、やがて広大な土地や資産をもつ共同体へと発展した。ヨーロッパの修道会との知的交流も盛んとなり、13世紀にはイギリスのシトー会修道院の中ではで1,2を争う規模となっていた[1]

12世紀に作られた聖堂の身廊と翼廊はフランスフォントネーのシトー会修道院によく似た構造で、柱頭やコンソールの装飾にはアングロ・ノルマン的な要素が見られる[1]。13世紀に完成した礼拝堂はイギリスで最初に尖塔アーチで飾られ、従来の清貧を旨とするシトー会の様式とは異なるものとなっている。

修道院はその後400年にわたり発展を続けたが、ヘンリー8世小修道院解散法とその後の争乱によってファウンテンズ修道院も解散となった。解散後の修道院は荒廃が進んだが、その廃墟の美しさははロマン主義の芸術家たちを刺激した[1]。20世紀にも当時の遺構を多く残し、1986年にはユネスコ世界遺産に登録された。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • ユネスコ世界遺産センター監修 『ユネスコ世界遺産 8 西ヨーロッパ』 講談社、1996年ISBN 4062547082

外部リンク[編集]