ブレナム宮殿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
世界遺産 ブレナム宮殿
イギリス
ブレナム宮殿
ブレナム宮殿
英名 Blenheim Palace
仏名 Palais de Blenheim
登録区分 文化遺産
登録基準 (2), (4)
登録年 1987年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
ブレナム宮殿の位置
使用方法表示

座標: 北緯51度50分31秒 西経1度21分41秒 / 北緯51.84194度 西経1.36139度 / 51.84194; -1.36139 ブレナム宮殿(ブレナムきゅうでん、Blenheim Palace)は、イギリスオックスフォード近郊のウッドストック英語版にある宮殿[1]

沿革[編集]

マールバラ公ジョン・チャーチル[2]が、スペイン継承戦争中のブレンハイム(ブレナム)の戦いで立てた戦功によって当時のアン女王から、ウッドストック (イングランド)英語版に建設中だった宮殿が下賜された[3]

本館と柱廊でつながった2つの翼棟からなるイギリス・バロック様式の屋敷は部屋数200以上をもち、庭園の総面積は4600ヘクタールに及ぶ。建築家ジョン・ヴァンブラの設計により17年の年月をかけ、1722年に完成した。

ブレナム宮殿を評価する上で、その庭園は重要な要素である[3]。宮殿完成時には宮廷画家だったヘンリー・ワイズによって設計されたロマン主義的なイギリス式庭園だった。18世紀中頃、ランスロット・ブラウンによって人工湖や運河を配置した風景式庭園に改造された。その後、1925年から1932年のあいだにアシル・デュシェーヌの設計によるル・ノートル様式のフランス庭園に改造され今日に至っている。

1987年世界遺産に登録された。

2019年9月14日未明に、館内に展示中であった「アメリカ」(America)と名付けられた18の便器(イタリアの彫刻家マウリツィオ・カッテランの作品、報道担当者によれば時価500万ドル)が窃盗にあった[4][5][6]

ギャラリー[編集]

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

脚注[編集]

  1. ^ デジタル大辞泉の解説”. コトバンク. 2018年2月25日閲覧。
  2. ^ 彼の子孫で、第二次世界大戦中の首相であったウィンストン・チャーチルの生家でもある。
  3. ^ a b ユネスコ世界遺産センター 1996, pp. 68-77.
  4. ^ Madeleine Carlisle (2019年9月14日). “Golden Toilet Stolen From the U.K.'s Blenheim Palace, Birthplace of Winston Churchill” (英語). Time (London). https://time.com/5677721/stolen-gold-toilet-blenheim-palace-uk/ 2019年9月17日閲覧。 
  5. ^ 5.4億円の「黄金のトイレ」盗まれる 英美術展」『CNN』、2019年9月15日。2019年9月17日閲覧。
  6. ^ 下司佳代子「18金「黄金のトイレ」盗まれた 男は逮捕、便器は不明」『朝日新聞』、2019年9月15日。2019年9月17日閲覧。

参考文献[編集]

  • ユネスコ世界遺産センター監修『ユネスコ世界遺産 8 西ヨーロッパ』講談社、1996年。ISBN 4062547082

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ブレナム宮殿公式サイト (英語)