アンドレ・ル・ノートル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アンドレ・ル・ノートル

アンドレ・ル・ノートル(André Le Nôtre、1613年3月12日 - 1700年9月15日)はフランス造園家パリテュイルリー庭園、ヴォー=ル=ヴィコント城庭園ヴェルサイユ宮殿の庭園などを設計し、フランス式庭園の様式を完成させた。

経歴・人物[編集]

祖父のピエールは1572年からテュイルリー宮殿で花壇の維持に当たっていた。父ジャンは、テュイルリー宮殿の庭園の設計を担っている[1]。アンドレは、若い頃は画家になるつもりだったため、シモン・ヴーエの学校に通っていた[2]。22歳のとき、ルイ13世の弟ガストン・ドルレアンから首席庭師に任命されリュクサンブール宮殿の庭園を任されている。1637年、父の後継者としてテュイルリー宮殿の花壇の設計士の地位に就く[3]1640年、砲兵隊の地方司令官の娘フランソワーズ・ラングロワと結婚する[4]1643年、王の庭園の設計士になる。1646年フォンテンブローの王妃の庭園の花壇を新たに設計し直す[4]1657年、王の建築物の総監督官に任命される[5]

ル・ノートルの手がけた主な庭園[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]