イングランドの典礼カウンティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
地方長官制のためのカウンティおよびエリア
Counties and areas for the purposes of the lieutenancies
別名典礼カウンティ
Ceremonial counties
地理カウンティ
Geographic counties
カテゴリー長官任命地域英語版
位置イングランド
48(2019年)
人口8,700人 – 8,899,000人[1]
面積3 km2 – 8,611 km2

典礼カウンティ(てんれいカウンティ、英語: ceremonial county)は、イングランドの地域区分である。地方自治のためのカウンティとは異なり、法律上は、ウェールズおよびスコットランドと同様、1997年地方長官法英語版において、地方長官制のためのカウンティおよびエリア(英語: counties and areas for the purposes of the lieutenancies)と定義され[2][注釈 1]、各カウンティに地方長官(英語: lord-lieutenant[lɛfˈtɛnənt])が任命される。他の種類のカウンティと区別するため、非公式に「地理カウンティ」と呼ばれることもある[3]

歴史[編集]

グレーター・ロンドン創設(1965年)以前の典礼カウンティ(カウンティ・コーポレート英語版を主たるカウンティの一部として表示)

地方長官制のためのカウンティと行政のためのカウンティの概念が区別されるのは、新しいことではない。カウンティの一部であったカウンティ・コーポレート英語版に独自の地方長官が任命される場合もあった(もっとも、上位のカウンティの地方長官が、カウンティ・コーポレートの地方長官を併任することもしばしばあった。)ほか、ヨークシャー内の3つのライディングは、17世紀以降、それぞれが地方長官制のためのカウンティとして扱われていた。

1888年地方自治法英語版により、カウンティ議会英語版が設置され、それまで四季裁判所が担っていたカウンティでの行政機能を引き継いだ。この法律により、新たに「行政カウンティ」が創設された[4]カウンティ・バラ英語版を除く全てのカウンティが行政カウンティとなったほか、ノーサンプトンシャー内のソーク・オブ・ピーターバラケンブリッジシャー内のイーリー島といった伝統的なカウンティ内の小区分もいくつか、行政カウンティとされた。さらに、この法律により、行政カウンティの地域が、全ての目的のカウンティの地域と一致するものと定められた。最大の変更点は、カウンティ・オブ・ロンドン英語版の創設であった。カウンティ・オブ・ロンドンは、行政カウンティであると同時に「カウンティ」でもあるとされ、歴史的カウンティであったミドルセックスケントおよびサリーのそれぞれ一部を含むものとされた。その他の変更点は小さいものであり、市街衛生ディストリクト英語版(後の市街ディストリクト英語版および自治バラ英語版)がカウンティの境界をまたぐことが許されないという制約からくるものであった。

もっとも、ヨークシャーを除き、それまで小区分を有していたカウンティは典礼カウンティとして残った。例えば、行政カウンティとなったイースト・サフォーク英語版およびウェスト・サフォーク英語版は、カウンティ・バラのイプスウィッチとともに、サフォークという1つの典礼カウンティを構成するものとされ、行政カウンティとなったワイト島は、典礼カウンティであるハンプシャーの一部とされた。

「典礼カウンティ」という語は、時代錯誤なものといえる。というのも、当時すでに、陸地測量局英語版発行の地図で「カウンティ」または「地理カウンティ」と表示されており、1888年地方自治法においても、単に「カウンティ」とされていたためである。

些細な境界の変更(例えば、オックスフォードシャーカヴァーシャム英語版という町が、1911年にバークシャー内のカウンティ・バラであるレディングの一部とされた。)を除き、1965年にグレーター・ロンドンおよびハンティンドン・アンド・ピーターバラ英語版が創設され、それによってミドルセックス、カウンティ・オブ・ロンドン、ハンティンドンシャーの各地方長官職が廃止されるとともに、グレーター・ロンドンおよびハンティンドン・アンド・ピーターバラの各地方長官職が設けられるまで、カウンティにはほとんど変化がなかった。

1974年から1996年までの典礼カウンティ(シティ・オブ・ロンドンは非表示)

1974年、行政カウンティとカウンティ・バラは廃止され、大規模な改革が行われた。このとき、地方長官制は、新たに設けられた都市カウンティおよび非都市カウンティを直接使用するものと定義し直された。

1996年のさらなる見直しにより、エイヴォン英語版クリーヴランド英語版ヘレフォード・アンド・ウスター英語版およびハンバーサイド英語版が廃止された。これにより、地方自治のためのカウンティと、地方長官制のための典礼カウンティ(地理カウンティ)との区別が復活し、さらに、法文上は使用されていないものの、施行前に下院で用いられた「典礼カウンティ」という語が採用されることとなった[5]

1974年に設けられたカウンティのエイヴォンは、大半がグロスタシャーサマセットに分割されたが、シティであるブリストルは、エイヴォンの設置の際に失ったカウンティの地位を再び単独で獲得した。クリーヴランドは、ノース・ヨークシャーダラムとに分割された。ヘレフォード・アンド・ウスターは、ヘレフォードシャーウスターシャーの2つのカウンティが復活する形となった。ハンバーサイドは、リンカンシャーと、新たに典礼カウンティとされたイースト・ライディング・オブ・ヨークシャーとに分割された。ラトランドは、典礼カウンティとして復活した。多くのカウンティ・バラは「単一自治体」として再設置されたが、この地域は、通常は典礼カウンティとしてではなく行政カウンティとされた。

したがって、ほとんどの典礼カウンティは、1889年から1974年までと同様、地方自治体の集合体となっている。伝統的なカウンティ・ロビー団体の英国カウンティ協会英語版は、典礼カウンティを古来の境界に戻すべきだと主張している。

州長官のカウンティ[編集]

現在のイングランドでは、州長官のカウンティ英語版は典礼カウンティと一致しており、2名のシェリフ英語版がいるシティ・オブ・ロンドンを除いて、それぞれに1名の州長官英語版が任命される。

定義[編集]

1997年地方長官法は、地方長官制のためのカウンティを、都市および非都市カウンティ(1972年地方自治法英語版とその改正で創設されたもの)とグレーター・ロンドン、シリー諸島(1972年地方自治法による新制度の対象外である)によって定義した。法律上の用語ではないが、「典礼カウンティ」と呼ばれることもある。1997年地方長官法はその後複数回改正されているが[2]、これは区域内の地方自治体の構造的な変更による構成自治体の変更にとどまり、各カウンティの区域そのものは変わっていない[注釈 2]

1997年以降の典礼カウンティ[編集]

2019年現在、イングランドには以下の48の典礼カウンティが存在する。

カウンティ 人口
(人)
人口順位 面積
(km2)
面積
(mi2)
面積順位 人口密度
(人/km2
人口密度順位
構成
都市/非都市カウンティ単一自治体の区域
ベッドフォードシャー 669,338 36位 1,235 477 41位 542 13位 ベッドフォードセントラル・ベッドフォードシャールートン
バークシャー 911,403 24位 1,262 487 40位 722 10位 バークシャー
ブリストル 463,405 43位 110 42 47位 4,224 2位 ブリストル
バッキンガムシャー 808,666 30位 1,874 724 32位 432 22位 バッキンガムシャー、ミルトン・キーンズ
ケンブリッジシャー 852,523 28位 3,390 1,310 15位 252 34位 ケンブリッジシャー、ピーターバラ
チェシャー 1,059,271 19位 2,343 905 25位 452 21位 チェシャー・イーストチェシャー・ウェスト・アンド・チェシャーハルトンウォリントン
シティ・オブ・ロンドン[注釈 3] 8,706 48位 2.90 1.12 48位 2,998 4位 シティ・オブ・ロンドン
コーンウォール 568,210 40位 3,562 1,375 12位 160 41位 コーンウォール、シリー諸島
カンブリア 498,888 41位 6,767 2,613 3位 74 47位 カンブリア
ダービーシャー 1,053,316 21位 2,625 1,014 21位 401 25位 ダービーシャー、ダービー
デヴォン 1,194,166 11位 6,707 2,590 4位 178 39位 デヴォン、プリマストーベイ
ドーセット 772,268 31位 2,653 1,024 20位 274 32位 ドーセットボーンマス・クライストチャーチ・アンド・プール[6]
ダラム 866,846 26位 2,676 1,033 19位 324 28位 ダラム、ダーリントンハートルプールストックトン=オン=ティーズの一部(ティーズ川以北)
イースト・ライディング・オブ・ヨークシャー 600,259 37位 2,477 956 23位 242 35位 イースト・ライディング・オブ・ヨークシャー、キングストン・アポン・ハル
イースト・サセックス 844,985 29位 1,791 692 33位 472 20位 イースト・サセックス、ブライトン・アンド・ホヴ
エセックス 1,832,752 7位 3,670 1,420 11位 499 15位 エセックス、サウスエンド=オン=シーサーロック
グロスタシャー 916,202 23位 3,150 1,220 16位 291 30位 グロスタシャー、サウス・グロスタシャー
グレーター・ロンドン 8,899,375 1位 1,569 606 37位 5,671 1位 ロンドン自治区
グレーター・マンチェスター 2,812,569 3位 1,276 493 39位 2,204 5位 グレーター・マンチェスター
ハンプシャー 1,844,245 6位 3,769 1,455 9位 489 17位 ハンプシャー、ポーツマスサウサンプトン
ヘレフォードシャー 192,107 45位 2,180 840 26位 88 46位 ヘレフォードシャー
ハートフォードシャー 1,184,365 13位 1,643 634 36位 721 11位 ハートフォードシャー
ワイト島 141,538 46位 380 150 46位 372 26位 ワイト島
ケント 1,846,478 5位 3,738 1,443 10位 494 16位 ケント、メドウェイ
ランカシャー 1,498,300 8位 3,075 1,187 17位 487 19位 ランカシャー、ブラックバーン・ウィズ・ダーウェンブラックプール
レスターシャー 1,053,486 20位 2,156 832 28位 489 18位 レスターシャー、レスター
リンカンシャー 1,087,659 18位 6,975 2,693 2位 156 42位 リンカンシャー、ノース・リンカンシャーノース・イースト・リンカンシャー
マージーサイド 1,423,065 9位 647 250 43位 2,200 6位 マージーサイド
ノーフォーク 903,680 25位 5,380 2,080 5位 168 40位 ノーフォーク
ノース・ヨークシャー 1,158,816 14位 8,654 3,341 1位 134 44位 ノース・ヨークシャー、ミドルズブラレッドカー・アンド・クリーヴランドヨーク、ストックトン=オン=ティーズの一部(ティーズ川以南)
ノーサンプトンシャー 747,622 33位 2,364 913 24位 316 29位 ノーサンプトンシャー
ノーサンバーランド 320,274 44位 5,014 1,936 6位 64 48位 ノーサンバーランド
ノッティンガムシャー 1,154,195 15位 2,159 834 27位 535 14位 ノッティンガムシャー、ノッティンガム
オックスフォードシャー 687,524 35位 2,605 1,006 22位 264 33位 オックスフォードシャー
ラトランド 39,697 47位 382 147 45位 104 45位 ラトランド
シュロップシャー 498,073 42位 3,488 1,347 13位 143 43位 シュロップシャー、テルフォード・アンド・レキン
サマセット 965,424 22位 4,170 1,610 7位 232 36位 サマセット、バース・アンド・ノース・イースト・サマセットノース・サマセット
サウス・ヨークシャー 1,402,918 10位 1,552 599 38位 904 9位 サウス・ヨークシャー
スタッフォードシャー 1,131,052 17位 2,714 1,048 18位 417 24位 スタッフォードシャー、ストーク=オン=トレント
サフォーク 758,556 32位 3,801 1,468 8位 200 38位 サフォーク
サリー 1,189,934 12位 1,663 642 35位 716 12位 サリー
タイン・アンド・ウィア 1,136,371 16位 540 210 44位 2,105 7位 タイン・アンド・ウィア
ウォリックシャー 571,010 39位 1,975 763 31位 289 31位 ウォリックシャー
ウェスト・ミッドランズ 2,916,458 2位 902 348 42位 3,235 3位 ウェスト・ミッドランズ
ウェスト・サセックス 858,852 27位 1,991 769 30位 431 23位 ウェスト・サセックス
ウェスト・ヨークシャー 2,320,214 4位 2,029 783 29位 1,143 8位 ウェスト・ヨークシャー
ウィルトシャー 720,060 34位 3,485 1,346 14位 207 37位 ウィルトシャー、スウィンドン
ウスターシャー 592,057 38位 1,741 672 34位 340 27位 ウスターシャー

1890年時点の長官任命地域[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1997年地方長官法上、カウンティ (county) はイングランドとウェールズの、エリア (area) はスコットランドの地域区分を表す語として用いられている。
  2. ^ 例えば、2009年の改正前、典礼カウンティのチェシャーは、非都市カウンティのチェシャー、ハルトンおよびウォリントンと定義されていたが、同年4月1日、非都市カウンティのチェシャーがチェシャー・イーストとチェシャー・ウェスト・アンド・チェシャーに分割された。この典礼カウンティ内の地方自治体の変更を受けて、1997年地方長官法の別表1も改正された。
  3. ^ シティ・オブ・ロンドンは、地方長官委員会が設置されている(1名のみ地方長官が置かれる通常のカウンティとは異なる)ため、地方長官法の一部の適用においてカウンティとして扱われる。1997年地方長官法別表1第4節参照。

出典[編集]

  1. ^ Estimates of the population for the UK, England and Wales, Scotland and Northern Ireland” (英語). 国家統計局. 2019年12月22日閲覧。
  2. ^ a b Lieutenancies Act 1997” (英語). legislation.gov.uk. 2019年12月22日閲覧。
  3. ^ England - Geographic counties” (英語). ブリタニカ百科事典. 2019年12月22日閲覧。
  4. ^ Local Government Act 1888 s.1” (英語). legislation.gov.uk. 2012年4月30日閲覧。
  5. ^ House of Commons Hansard Written Answers for 29 Feb 1996 (pt 8)” (英語). 2006年3月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年11月18日閲覧。
  6. ^ The Local Government (Structural and Boundary Changes) (Supplementary Provision and Miscellaneous Amendments) Order 2019” (英語). legislation.gov.uk. 2012年12月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]