ベッドフォードシャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベッドフォードシャー
Bedfordshire
典礼カウンティ
Bedfordshire's Flag.svg
イングランド内のベッドフォードシャーの位置
イングランド内のベッドフォードシャーの位置
座標北緯52度5分 西経0度25分 / 北緯52.083度 西経0.417度 / 52.083; -0.417座標: 北緯52度5分 西経0度25分 / 北緯52.083度 西経0.417度 / 52.083; -0.417
イギリスの旗 イギリス
カントリー イングランドの旗 イングランド
リージョン 東部
典礼カウンティ
面積 1,235 km2 (477 mi2)
 • 順位 41位(48地域中)
人口(2018年) 669,338人
 • 順位 36位(48地域中)
人口密度 542人/km2 (1,400人/mi2)
民族構成 86.3% 白色人種
8.3% アジア系
2.9% 有色人種
2009 Bedfordshire Ceremonial Numbered.png
ベッドフォードシャーのディストリクト
単一自治体
ディストリクト
  1. ベッドフォード
  2. セントラル・ベッドフォードシャー
  3. ルートン
国会議員

標準時 グリニッジ標準時 (UTC+0)
夏時間 英国夏時間 (UTC+1)

ベッドフォードシャー (Bedfordshire) はイングランド東部にある典礼カウンティで、ベッドフォードシャー州 (the county of Bedfordshire, Bedfordshire county) とも呼ばれる。中心地はベッドフォードケンブリッジシャーノーサンプトンシャーバッキンガムシャーハートフォードシャーに接している。最高点はダンステーブル・ダウンズ付近の243 メートル (797 フィート)。標語は"Constant Be"。

ケンスワースは1897年までハートフォードシャーに属していた。

植物保護団体であるプラントライフは、2002年にミツバチランを州の花に選んでいる[1]

歴史[編集]

その名称がはじめて記録に現れるのは1011年Bedanfordscirで、「川の交わる所」 (Beda's ford) を意味する。

歴史的には9つの村落により構成される。バートフォードビッグルズウェイドクリフトンフリットマンズヘッドレッドバーンストークストッデンウィリーウィクサムトリおよびバラ・オブ・ベッドフォードである。ルートンは1997年までベッドフォードシャーの一部であったが、単一自治体となった。歴史的な州においてはいまだベッドフォードシャーの一部であり、一人の州長官英語版により代表される。この記事では特記がない限りルートンを含めた歴史的な州としてのベッドフォードシャーについて説明する。

地理[編集]

ベッドフォードシャーの南端部は、チルターンヒルズで知られる白亜の尾根になっている。その他の地域は、グレートアウズ川と支流の流れ出る広大な流域になっている。

ベッドフォードシャーの岩石は、殆どがジュラ紀白亜紀の粘土と砂岩で、一部石灰岩がある。ここの粘土はフレットンでレンガ造りに使われている。白亜が氷河に侵食され、硬い燧石の塊が砂利として除かれ、現在プライオリ州立公園、ウィボストン、フェルマーシャムで湖になっている採掘場で嘗て商業利用されていた。

運輸[編集]

主な終着駅はないが、ベッドフォードシャーはロンドンからイングランドの内陸部と北部を結ぶ主要な輸送路が多く走っている。

道路[編集]

3つの主要道がある。

  • ロンドンからエジンバラ道に向かうA1が、ビッグルスウェードとサンディのすぐ近くを走っている。
  • ロンドンからホーリーヘッド道(ワットリング街道)に向かってA5が、ダンスタブルを通っている。
  • オーバンズカーリッスルセントに向かってA6が、ルートンとベッドフォードを通っている。

上記の道路に1959年にロンドンからヨークシャー自動車道に向かうM1自動車道が加わった。ルートン付近にジャンクションが3つあり、ベッドフォードとミルトンキーンズを繋いでいる。

鉄道[編集]

3つの主要鉄道路線がベッドフォードシャーを通過している。

水路[編集]

グレート・ウーズ川によりベッドフォードシャーとフェンランドが水運で結ばれている。2004年にはウーズ川とグランド・ユニオン・カナルを結ぶ運河を建設する計画が持ち上がった。

飛行機[編集]

ロンドン・ルートン空港では国内、ヨーロッパ、北アフリカへの路線が格安航空会社によって運航されている。

町村[編集]

観光地[編集]

同州出身の有名人[編集]

参照[編集]

  1. ^ イギリスの州花”. www.plantlife.org.uk. 2006年2月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年2月12日閲覧。

外部リンク[編集]