ザ・クリブス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・クリブス
The Cribs (1930976867).jpg
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド
ウェスト・ヨークシャー州
ジャンル インディー・ロック
ポストパンク
活動期間 2001年 -
レーベル ウィチタ・レコーディングス
ワーナー・ブラザーズ・レコード
公式サイト www.thecribs.com
メンバー
ゲイリー・ジャーマン
ライアン・ジャーマン
ロス・ジャーマン
旧メンバー
ジョニー・マー

ザ・クリブス (The Cribs) は、イギリスウェスト・ヨークシャー州、ウェイクフィールド出身のロックバンド。 いかにもイギリスのインディー然としたバンド・サウンドが特徴。ローファイ好きのジャーマン3兄弟にて結成された。 2008年に元ザ・スミスのギタリストであるジョニー・マーが加入したが、2011年に脱退したため、元の3人組に戻っている。

来歴[編集]

2001年、ローファイ好きのジャーマン3兄弟によって結成される。

2004年、インディーでリリースしたシングルが話題となり、イギリスの人気レーベル・ウィチタと契約し、1stアルバム『ザ・クリブス』をリリース。同年8月、サマーソニックにて初来日を果たす。

2005年、2ndアルバム『ザ・ニュー・フェラス』をリリースし、スマッシュヒットとなる。この年、ピート・ドハーティにも気に入られ、ザ・リバティーンズの前座を務めたこともあった[1]

2006年、フジロック・フェスティバルに出演のため来日。同じくフジロックに出演していたフランツ・フェルディナンドの演奏時にはステージに招かれドラム乱打のパフォーマンスを共演した。

2007年、プロデューサーにフランツ・フェルディナンドのボーカル、アレックス・カプラノスを迎え、3rdアルバム『メンズ・ニーズ,ウィメンズ・ニーズ,ホワットエヴァー』をリリース(アレックスはノーギャラで引き受けたという噂もある)。同アルバムにはソニック・ユースのリー・ラナルドもゲスト参加している。

2008年、フジロック・フェスティバルに2度目の出演を果たす。同年、バンドと一緒にレコーディング・セッションを行なっていると伝えられていた元ザ・スミスのギタリスト、ジョニー・マーが正式にザ・クリブスに加入。

2009年、現在の4人編成になって初の作品、4thアルバム『イグノア・ジ・イグノラント』をリリース。10月に単独での来日公演を行った。

2011年、ソロ活動に専念するため、ジョニー・マーがザ・クリブスから脱退したことを明らかにした。

メンバー[編集]

ゲイリーとライアンは双子でツインボーカル、ロスは2人より4歳年下の弟である。

元メンバー[編集]

概要[編集]

アルバム[編集]

  • ザ・クリブス - The Cribs(2004年) 全英96位
  • ザ・ニュー・フェラス - The New Fellas(2005年) 全英78位
  • メンズ・ニーズ,ウィメンズ・ニーズ,ホワットエヴァー - Men's Needs, Women's Needs, Whatever(2007年) 全英13位
  • イグノア・ジ・イグノラント - Ignore The Ignorant(2009年) 全英8位
  • イン・ザ・ベリー・オブ・ザ・ブレイズン・ブル - In the Belly of the Brazen Bull(2012年)

日本公演[編集]

SUMMER SONIC 04』 8月7日 東京会場(幕張メッセ)、8日 大阪会場(インテックス大阪
1月25日 渋谷CLUB QUATTRO
Fuji Rock Festival 06』 7月28日 苗場スキー場
10月22日 心斎橋CLUB QUATTRO、23日 名古屋CLUB QUATTRO、25日 LIQUIDROOM
Fuji Rock Festival 08』 7月26日 苗場スキー場
10月19日 日本武道館 ※アークティック・モンキーズ公演のスペシャルゲストとして出演
10月21日 赤坂BLITZ、22日 名古屋CLUB QUATTRO、23日 心斎橋CLUB QUATTRO
6月21日 梅田CLUB QUATTRO
Hostess Club Weekender』 6月23日 恵比寿ガーデンホール 

脚注[編集]

外部リンク[編集]