ジンジャーブレッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケーキ風のジンジャーブレッド
ポーランドトルン名物のジンジャーブレッド「ピエルニック」
右はプレーンタイプ粉砂糖がけ
左はプルーンフィリング入りで外側はチョコレートコーティング

ジンジャーブレッド (gingerbread)は、生姜を使った洋菓子の一種である。

ジンジャークッキー、あるいはそれを家の形に組み立てたジンジャーブレッドハウス(ヘクセンハウス)を指すこともあるが、本項ではケーキ状になったものについて述べる。ただし両者の違いは必ずしも明確ではない。

概要[編集]

ジンジャーブレッドの起源は、古代ギリシア時代に、ロードス島のパン屋が焼いたものと言われる[1]中東から十字軍ヨーロッパに持ち帰ったことで各地に広まり、現在では東ヨーロッパからアングロアメリカまで広く見られる。小説『メリー・ポピンズ』の中にも登場する。

イギリスではとても一般的なケーキである。ローマ時代に、アフリカ産の良質の生姜とともに伝わったとも言われる[1]。なかでも、ヨークシャーなどイングランド北部には、パーキンというオートミール糖蜜を使ったジンジャーブレッドがあり、ガイ・フォークス・ナイトに食べる習慣がある。

アメリカ合衆国では冬、特にクリスマスの前後に家庭で作って食べることが多い。

材料[編集]

生姜はジンジャーパウダー(ショウガの乾燥粉末)、あるいはおろし生姜の絞り汁のみを使う。また甘味を付けるには糖蜜(トリックルもしくはモラセス)を用いるため、ジンジャーブレッドも黒みがかった色になる。

生地の中にマスタードレーズンナッツ類を加えることや温めたレモンソースなどを添えることもある。

脚注[編集]

  1. ^ a b 北野佐久子『ハーブ歳時記』(東京堂出版、1990年)、p.154

関連項目[編集]

外部リンク[編集]