スモーガスボード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スモーガスボード、スウェーデンのビュッフェ

スモーガスボードスウェーデン語: smörgåsbordスウェーデン語発音: [ˈsmœ̞rɡɔsˌbuːɖ])は、様々な料理を一つのテーブルに並べてビュッフェ形式で提供するスウェーデン起源のスカンジナヴィア料理である[1]。 スウェーデン以外の国ではkoldtbord(ノルウェー)、det kolde bord(デンマーク)、hlaðborð(アイスランド)、seisova pöytä(フィンランド)、rootsi laud(エストニア)、aukstais galds(ラトビア)、švediškas stalas(リトアニア)、švedski stol(クロアチア)、kaltes Buffet(ドイツ)、szwedzki stół(ポーランド)と呼ばれる。

概要[編集]

「スモーガス」は「パンバター」の意で、「ボード」は「テーブル」の意である。オープンサンドをそれぞれで作って食べることが由来であるが、17世紀中ごろからは温製料理を提供されるようになり、現在のスタイルになった[2]

パーティーなどの宴席によく用いられ、客は並べられた皿から各自の好みで料理を取り分ける。スモーガスボードは、1939年ニューヨーク万国博覧会のスウェーデンパビリオン内の「スリークラウンズ·レストラン」で提供されてから国際的に知られるようになった[3]。英語圏では、(特に北欧風に限らず)いわゆる食べ放題と同じ意味でも用いられる単語である。

スウェーデンではレストランだけではなく、家庭においてお祝いをするときなどもテーブルに料理を数多く並べてスモーガスボード形式を行うこともある[2]

代表的なメニュー[編集]

スウェーデンの客船Gustavsberg VII号上での1990年のクリスマス スウェーデンの客船Gustavsberg VII号上での1990年のクリスマス
スウェーデンの客船Gustavsberg VII号上での1990年のクリスマス
スモーガスボードの客が取り分けた皿

様式(マナー)[編集]

  • 料理を取ってくるのに使用した皿の数が多いほうが良いとされる[2]
  • 料理ごとに皿は交換し、使いまわしはしない[4]
  • 皿は個人で使用し、取ってきた料理を2人以上でシェアしない[4]
  • 皿に山盛りで取ってこない[5]
  • 取ってきた料理を大量に残さない[5]
  • 厳密ではないが、食べる順序(料理を取ってくる順序)が定められている。以下は一例[2][4][6]
    1. 前菜
    2. 冷たい魚介類
    3. 冷たい肉料理
    4. サラダ
    5. 温かい料理
    6. デザート

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ http://dictionary.reference.com/browse/smorgasbord
  2. ^ a b c d 『世界のじゃがいも料理:南米ペルーからヨーロッパ、アジアへ。郷土色あふれる100のレシピ』 誠文堂新光社、誠文堂新光社、2015年
  3. ^ Understanding-the-smorgasbord
  4. ^ a b c 『ララチッタ 北欧(2016年版)』 JTBパブリッシング2015年、101頁。ISBN 9784533105173
  5. ^ a b 喜多川リュウ 『海外パックツアーをVIP旅行に変える101の秘訣』 実業之日本社2013年、41頁。
  6. ^ 玉村豊男 『食卓は学校である』 集英社集英社新書〉、2010年、40-46頁。ISBN 9784087205633

外部リンク[編集]