スペキュラース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スペキュラース: ファームハウスゾウウマ
スペキュラースの材料: 胡椒、シナモン、生姜、丁子、カルダモン、ナツメグ

スペキュラースオランダ語: speculaas、発音: [speky'laːs], フランス語: spéculoos)はオランダベルギーミラのニコラオスの日(オランダでは12月5日、ベルギーでは12月6日)に食べられるクッキーの一種。ただし、近年では一年間食べることができる。

薄く、パリパリしたこのクッキーは、ほんの少し茶色がかっており、表面にミラのニコラオスにちなんだ型を押されて焼かれることが多い。

スペキュラースの生地はあまり膨らまない。オランダとベルギーではブラウンシュガー(ビート)とベーキングパウダーを少し加える。ドイツSpekulatiusでは炭酸アンモニウムが用いられる。

このクッキーには白胡椒シナモン生姜丁子カルダモンナツメグも用いられる。多くのスペキュラースのレシピには白い小麦粉、ブラウンシュガー、バタースパイスが使われ、アーモンド粉を用いたり、スライスしたアーモンドを底に入れるレシピもある。スパイス抜きもしくは低スパイスのベルギー式スペキュラースはspeculoosとして売られる。生地は、バターと砂糖とスパイスが混ぜられる。小麦粉とベーキングパウダーは別に混ぜられてから加えられる。焼くときは生地があたたかくなりすぎないように気をつける。生地は一晩中冷たいところにおかれ、生地にポツポツと穴があいてからスパイスを加える。

この菓子の名前の由来には、諸説があり、左右反対のバス・リリーフを使うからラテン語で鏡を意味するspeculumから来ているという説もあれば、すべてを見ることのできるとされた聖ニコラスや、主教を意味するとされるラテン語speculatorや、スパイスを意味するオランダ語Specerij からきているという説もある。

ハッセルト式スペキュラースは、これらとはやや異なる。1870年1月13日、Antonie Depléeというハッセルトパン屋がハッセルト式スペキュラースの特許を得て、これを売った: "une espèce de pain d'amandes connu sous le nom de spéculation" (spéculationとして知られるアーモンド入りパン)

ヴェストファーレンラインラントで伝統的に作られているドイツ式 Spekulatiusは、同じ起源をもち、その他の面においてもかなり似ている。この菓子はクリスマスになるとよく食べられる。アメリカ合衆国オーストラリアでは、Dutch Windmill cookiesとして売られている[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]