種実類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

種実類(しゅじつるい)とは、かたいに包まれた食用果実種子の総称。別名堅果(けんか)。種実類のうち、木の実は一般には「ナッツ」と呼ばれる。

多くは種皮・殻を取り除いて乾燥させたものが食用とされる。その後、砂糖油脂などを用いて調味加工されたものもある。菓子として食べるほか、チョコレートクッキーなどの製材料として、あるいはサラダなどのトッピングとして食べられることも多い。

脂肪を多く含んでいるものは植物油原料ともなる。

代表的な種実類[編集]

など。

種実ではないが関連して販売されるもの[編集]

など。

アレルギー[編集]

ナッツに対してアレルギーを持つ者は少なくない。また、しばしば重篤症状を起こす。ナッツアレルギーを持つ者は、驚くほど少量のナッツ成分を摂取しただけで重篤なアナフィラキシーショックを発症することがある。ナッツを使用していない食品でも、製造工場でナッツを使用している機器からの微量混入があっただけで発症した例がある。

ラッカセイに対するアレルギーは特に有名である。乳幼児期にラッカセイを含む食事を与えるとラッカセイアレルギーを持つようになるとする説がある。これは、ラッカセイの成分を十分に消化する能力がまだない小さな子供の体は、ラッカセイを異物として処理するためである。ラッカセイはマメ科の植物であるが、ラッカセイアレルギーを持つ者が他の類でもアレルギー症状をおこすとは限らない。また、他の種類のナッツのアレルギーを持つ者がラッカセイアレルギーを持つとも限らない。