種実類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(殻の付いた状態の)クルミ(Walnut)、アーモンド(Almond)、ペカン(Pecan)、ヘーゼルナッツ(Hazelnut)、ブラジルナッツ(Brazil nut)

種実類(しゅじつるい)とは、食用とされる種子のうち、穀類豆類以外のものを指す。一方、ナッツ(nuts)は、食用部である種子が堅い殻に包まれたものを指す。この2つはおおよそ重なり、アーモンドクリクルミピスタチオココナッツヒマワリギンナンなどが含まれる。ただし、種実類のうちゴマチアシードなど小粒のものはナッツには含まれず、またナッツは種実類ではない豆類ドライフルーツの一部を含むことがある。

食用として利用される部分はふつう種子内の子葉胚乳であるが、それを包む堅い殻の由来はさまざまであり、クリヘーゼルナッツピーナッツヒマワリなどでは果皮全体、アーモンドピスタチオココナッツなどでは果皮の一部、マツトチノキブラジルナッツなどでは種皮である。

種実類やナッツは栄養分に富み、つまみ菓子パン和え物などさまざまな形で利用されている。またの原料として利用される例や、生薬とされる例もある。

定義[編集]

日本食品標準成分表2020年版(八訂)では、食用とする種子のうち、穀類あるいは豆類以外の食品群を種実類としている[1]。ただし豆類であるラッカセイ(ピーナッツ)は脂質含量が高いため、便宜的に種実類に分類される[1]。一方で豆類を種実とよんでいる例もある[2]

一方、ナッツは、食用部が堅い殻に包まれた果実や果実の一部、または種子のことである[3]。ナッツはに実るものに限ることもあるが[4]、より広義にはラッカセイヒマワリなど草に実るものも含む[3]。この意味でのナッツは種実類の範囲とほぼ重なるが、種実類のうちゴマエゴマチアシードなど小粒のものはナッツには含まれない[1][3]。さらに広義のナッツは、ダイズヒヨコマメなどの豆類や、デーツ(ナツメヤシ)などの乾燥果実を含むことがある[3][5]

英語の nut は、植物学においては堅果(1種子を含み、果皮全体が堅く木化し、裂開しない果実)のみを意味するが[6][7][8][9]、一般用語としては剥がすことができる堅い殻で包まれた果実または種子を意味しており[7]、日本語のナッツとほぼ同様である。

種実類やナッツの食用部は、ふつう種子内の胚乳である。それを包む殻の由来はさまざまであり、果皮全体である場合や、種子を含む内側の果皮のみ、さらに種子自身の皮(種皮)である場合がある[10][11]

クリ(下図1a)やシイヘーゼルナッツ(下図1b)、ヒシ(下図1c)、ハスヒマワリ(下図1d)、ラッカセイ(ピーナッツ; 下図1e)などは果実の皮(果皮)全体が硬化しており、ふつう果実全体の形で流通している。植物学的な区分では、堅果とよばれるものが多いが、ヒマワリは痩果、ラッカセイは豆果である[10]クリなどでは、鬼皮(堅い皮)が果皮に、渋皮が種皮に相当する[12]

1b. セイヨウハシバミの堅果(ヘーゼルナッツ)
1c. ヒシの堅果
1d. ヒマワリの種子(左)と痩果(右)
1e. ラッカセイの豆果と種子(ピーナッツ)

一部の果実では、果皮の内層である内果皮のみが硬化して種子を包んでいる。このような果実は核果とよばれ、硬化した内果皮が種子を包んだ構造は核とよばれる。例として、アーモンド(下図2a)やピスタチオ(下図2b)、マカダミア(下図2c)、ココヤシ(下図2d)、クルミ(下図2e)などがある[10]

3a. アーモンドの核と種子
3b. ピスタチオの核
3c. マカダミアの核と種子
3d. ココヤシの核と断面
3e. クルミの核と子葉

ブラジルナッツ(下図3a)やトチノキマツ(下図3b)、カボチャ(下図3c)、ゴマ(下図3d)は、種皮で囲まれた種子が流通している[10]銀杏イチョウの種子であるが、その全体ではなく、多肉質の種皮外層を除いたものである(下図3e)。アサケシの種子は、発芽防止処理されたものが市販されている[1]

3c. カボチャの種子
3d. ゴマの種子
3e. イチョウの種子(種皮外層を除いたもの)

種実類やナッツは一般的に栄養価が高く、アーモンド亜麻仁エゴマカシューナッツカボチャ(種子)、カヤクルミココナッツゴマピスタチオヒマワリブラジルナッツヘーゼルナッツペカンマカダミアマツラッカセイでは脂質が多く、ギンナンクリシイハスヒシでは炭水化物量が多い[1][13]

種実類やナッツのいろいろ[編集]

日本食品標準成分表2020年版(八訂)では、以下のものが種実類として扱われている[1][14][10]

種実類
名称 原料植物 分類群 殻の由来
アーモンド アーモンド 被子植物バラ科 内果皮核果
あさ(麻) アサ 被子植物、アサ科 果皮痩果
あまに(亜麻仁) アマ 被子植物、アマ科 種皮
えごま(荏胡麻) エゴマ 被子植物、シソ科
カシューナッツ カシューナットノキ 被子植物、ウルシ科 内果皮(核果)
かぼちゃ(南瓜) カボチャ 被子植物、ウリ科 種皮
かや(榧) カヤ 裸子植物イチイ科 種皮(仮種皮を除く)
ぎんなん(銀杏) イチョウ 裸子植物、イチョウ科 種皮(外層を除く)
くり類(栗) クリ属 被子植物、ブナ科 果皮(堅果
くるみ(胡桃) クルミ属 被子植物、クルミ科 中・内果皮[15](核果)[注 1]
けし(芥子) ケシ 被子植物、ケシ科 種皮
ココナッツ ココヤシ 被子植物、ヤシ科 内果皮(核果)
ごま(胡麻) ゴマ 被子植物、ゴマ科 種皮
しい(椎) シイ属 被子植物、ブナ科 果皮(堅果)
すいか(西瓜) スイカ 被子植物、ウリ科 種皮
チアシード チア 被子植物、シソ科
とち(栃) トチノキ 被子植物、ムクロジ科 種皮
はす(蓮) ハス 被子植物、ハス科 果皮(堅果[8]または痩果[16]
ひし類(菱) ヒシ属 被子植物、ミソハギ科 果皮(堅果[17]または核果[18]
ピスタチオ ピスタチオ 被子植物、ウルシ科 内果皮(核果)
ひまわり(向日葵) ヒマワリ 被子植物、キク科 果皮(痩果)
ブラジルナッツ ブラジルナッツ 被子植物、サガリバナ科 種皮
ヘーゼルナッツ ハシバミ属 被子植物、カバノキ科 果皮(堅果)
ペカン[注 2] ペカン 被子植物、クルミ科 中・内果皮(核果)[注 1]
マカダミアナッツ マカダミア 被子植物、ヤマモガシ科 内果皮(核果)
まつ(松) マツ属 裸子植物、マツ科 種皮
らっかせい(落花生、ピーナッツ) ラッカセイ 被子植物、マメ科 果皮(豆果

上記の多くはナッツとしても扱われるが、アサアマエゴマケシゴマチアシードはふつうナッツには含まれない[3]。一方、広義のナッツは、以下のものを含むことがある[3][4]

上記以外にナッツとして扱われることがあるもの
名称 原料植物 分類群 流通部位
えんどう(豌豆) エンドウ 被子植物、マメ科 豆果の種子
そらまめ(空豆) ソラマメ 被子植物、マメ科 豆果の種子
大豆 ダイズ 被子植物、マメ科 豆果の種子
ひよこまめ(雛豆) ヒヨコマメ 被子植物、マメ科 豆果の種子
ジャイアントコーン、ミニコーン トウモロコシ 被子植物、イネ科 穎果
デーツ ナツメヤシ 被子植物、ヤシ科 果実を乾燥させたもの
なつめ(酸棗仁) ナツメ 被子植物、クロウメモドキ科 果実を乾燥させたもの
くこ[要出典] クコ 被子植物、ナス科 果実を乾燥させたもの
レーズン[要出典] ブドウ 被子植物、ブドウ科 果実を乾燥させたもの
プルーン[要出典] セイヨウスモモ 被子植物、バラ科 果実を乾燥させたもの
さんざし(山査子)[要出典] サンザシ 被子植物、バラ科 果実を乾燥させたもの

利用[編集]

食用[編集]

さまざまなナッツ
栗を用いたケーキ
ナッツを用いたチョコレート
ピーナッツバター
ヒマワリの花と果実、ヒマワリ油

ナッツの利用として最も大きなものは、種をそのまま食用とすることである。ただしまったく加工をせずにそのまま食されることは多くなく、多くは種皮・殻を取り除いて乾燥させたものが食用とされる。その後、砂糖油脂などを用いて調味加工されたものもある。

加工されたナッツは、菓子として、またとともにとして食べるほか、砕いてサラダなどのトッピングとして食べられることも多い。アーモンドやココナッツは、スライスしてフライの衣としても使用される。

ナッツは製菓材料としてもきわめて重要であり、チョコレートクッキーなどに混ぜて、あるいはそのままのナッツにチョコレートをかけるなどして使用される[20]。アーモンドをペースト状にしたプラリネは、洋菓子の重要な材料の一つである。ヘーゼルナッツのペーストとチョコレートを合わせたジャンドゥーヤなど、ナッツペーストとチョコレートの組み合わせは相性がよく多用される。製菓材料としては、アーモンド粉と砂糖を混ぜ合わせたマジパンなども重要である。

ナッツを使用した菓子は、ナッツと蜂蜜砂糖を主体としたやわらかいヌガーや、ナッツパイに蜂蜜をしみこませた中東で非常によく食べられるバクラヴァ、そのままのアーモンドを糖衣でくるんだドラジェ、クリを砂糖漬けにしたマロングラッセなど、それこそ無数に存在する。いずれも、ナッツの香ばしさや歯触りと甘味とを組み合わせた菓子である。和菓子においても、栗粉餅はすでに室町時代の文献にその名がみられ、江戸時代には栗羊羹も出現するなど、古くから製菓材料として用いられてきた[21]。クリをペースト状にした栗餡はよく使用される材料であり、饅頭などに使用される。クリのほか、クルミも歯触りや香ばしさからアクセントとして使用される。

アーモンドやココナッツは、すりつぶしてミルク状にし、ミルクと同様の使用法で使用することができる。アーモンドミルク飲料としての役割が大きく、豆乳と同じような扱いを受ける。特に動物性の食品を一切食さないベジタリアンにとっては、アーモンドミルクはまさしくミルクの代わりとして利用される。これに対し、ココナッツミルクは飲料として使用することもあるが、どちらかといえば食材としての役割のほうが大きい。ココナッツミルクは東南アジア諸国など多くの熱帯諸国において基本的な食材の一つとなっており、ココナッツミルクを使用した料理が非常に多く存在する[22]。利用法としてはミルクと基本的には同じで、料理にコクとまろやかさを与えるために使用される。

油糧[編集]

ピーナッツもすりつぶして多用されるが、この場合はミルクではなくそのまま固体のバター状にして、ピーナッツバターとして使用される。ピーナッツバターが最も多用されるのはアメリカであり、そのままパンに塗るスプレッドとして使用されるのが一般的である[23]。ピーナッツバターは日本では砂糖を入れて甘く味付けしたものが主流であるが、日本以外では無糖のものが一般的である。また、ピーナッツバターは中華料理アフリカ料理において調味料としてよく使用される。脂肪を多く含んでいるものは植物油原料ともなる。種実類およびその関連のものからとれる油の中で最も数量が多いのは、大豆油を除けばヒマワリ油、そしてピーナッツオイルである。ピーナッツオイルは19世紀には主要な油糧作物として盛んに栽培され、西アフリカセネガルなどでは主要作物の一つに成長した。

ココナッツオイルもやや重要である。ココナッツ(ココヤシの胚乳)はそのままナッツとするほか、乾燥させてコプラとし、食用油や工業原料とする[22]。産業の少なく育つ作物も少ない南太平洋諸国、とくに環礁からなる島々においては、このコプラ生産は貴重な現金収入となってきた。

世界の油脂生産の上で大きな役割を果たすナッツは上記の4種で、工業用や食用油を目的として広く栽培され、特にヒマワリやピーナッツは油糧作物としての役割が大きい。1997年から1998年の世界の植物油生産において、大豆油は1位、ヒマワリ油は4位、ピーナッツオイルは5位を占めている[24]。2003年においては、大豆油が3101万トンで1位、ヒマワリ油が860万トンで4位、ピーナッツオイルが444万トンで5位、ココナッツオイルが320万トンで8位となっていた[25]。このほかに、ペカン油マカダミア油などといったナッツ由来の油の種類は多く、多方面に使用される。

その他[編集]

このほか、ナッツのうちクリトチのようにデンプンを主成分とするものは、穀物を安定的に入手することのできない非農耕社会や山村においては主食として大きな役割を果たしてきた[26]

利用の歴史[編集]

そのまま、あるいは炒るなどの簡単な加工で食べられるものが多く、油脂などの多量の栄養分を含み、また穀物などと違い採集が容易であったため、狩猟採集社会においてナッツは食生活の根幹をなしていたところが多かった。ただし、特に中緯度・高緯度地方においてナッツの収穫はに集中し、また長期保存が可能であることから、ナッツは主に秋に大量に収穫してを越すための保存食としての性格を持っていた。縄文時代の遺跡である福井県鳥浜貝塚においては、クリやヒシなどのナッツ類が予想消費量をはるかに越えて出土しており、この推測を裏付けている[27]。また、クリやハシバミのように明るい場所を好むナッツ類は、人類が伐採や火入れなどで極相林を消滅させた場所に進出して繁茂する性質を持っており、それを人類がある程度理解してナッツの実る木が育ちやすいように周囲の環境に手入れを行う、すなわちごく初期の栽培化新石器時代には行われていたと考えられている[28]。なかでも青森県三内丸山遺跡においては、縄文時代中期にクリの純林が誕生しており、当時この地域でクリを栽培し主食としていた証拠と考えられている[29]。やがて人類が穀物を改良し栽培を開始すると食料としての重要性は低下したが、以後も嗜好品としての性格を強めながら主要食糧の一角をなしてきた。採集だけでなく、農業の開始とともにいくつかのナッツは完全な栽培植物として育てられた。

現代においてナッツとして利用されている植物の原産・栽培化された土地はさまざまである。アーモンドやピスタチオは中東原産で、そこから旧大陸の広い地域に広まっていった。クリは日本、中国、ヨーロッパ、アメリカ東海岸にそれぞれ自生種があり、クリ、チュウゴクグリヨーロッパグリアメリカグリとして各地域で栽培化された[30]。クルミも旧大陸に広く分布し、各地で採集または栽培された。ココナッツの原料であるココヤシは東南アジアが原産と考えられており、ここから旧大陸の熱帯地域へと広まっていった。とくにオセアニアの、南太平洋に広がる諸島群においてはココヤシは真水の少ない環礁においても栽培できるために重要な役割を果たし、ポリネシア人の南太平洋植民において重要な役割を果たした。

新大陸発祥のナッツで最も重要なものはピーナッツであり、南アメリカ大陸で栽培化され、インカ帝国では重要な栽培植物となっていた。コロンブス交換によって旧大陸に持ち込まれると、アフリカ大陸西部で盛んに栽培されるようになった。また、アメリカ南部でも盛んに栽培され、南北戦争後にはアメリカ北部でも消費が急速に拡大した。新大陸原産でピーナッツに次ぎ重要なものはカシューナッツであるが、これは南アメリカ大陸でも北東部を原産としている。ブラジルナッツはアマゾンに分布し、ゴムの採集が盛んになる19世紀後半まではアマゾンで最も価値ある産物のひとつだった。21世紀においてもブラジルナッツは高く評価されるナッツであるが、これはほかのものと違って栽培が非常に難しく、採集に頼っているためアマゾンの開発とともに生産量が急激に落ち込んできている[31]

このほか、オーストラリア大陸原産のものとしてマカダミアが存在する。マカダミアはアボリジニによって長く利用されてきたが、商業栽培は19世紀後半にヨーロッパ人によってはじめられた。1882年にはハワイに持ち込まれて栽培が成功し、21世紀においてはハワイがマカダミアの大産地となっている。なお、オーストラリア大陸原産の食用植物には他大陸で広く利用されているものはほかにはあまり存在せず、マカダミアが最も知られた存在となっている[32]

アレルギー[編集]

ナッツに対してアレルギーを持つ者は少なくない。また、しばしば重篤症状を起こす。ナッツアレルギーを持つ者は、驚くほど少量のナッツ成分を摂取しただけで重篤なアナフィラキシーショックを発症することがある。ナッツを使用していない食品でも、製造工場でナッツを使用している機器からの微量混入があっただけで発症した例がある。

ラッカセイに対するアレルギーは特に有名である。乳幼児期にラッカセイを含む食事を与えるとラッカセイアレルギーを持つようになるとする説がある。これは、ラッカセイの成分を十分に消化する能力がまだない小さな子供の体は、ラッカセイを異物として処理するためである。ラッカセイはマメ科の植物であるが、ラッカセイアレルギーを持つ者が他の類でもアレルギー症状をおこすとは限らない。また、他の種類のナッツのアレルギーを持つ者がラッカセイアレルギーを持つとも限らない。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b ただしクルミペカンの果実の構造は典型的な核果とは異なる点があるため、狭義の核果とはされないこともある[10]
  2. ^ 同属の近縁種のものを含めてヒッコリーともよばれる[19]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 日本食品標準成分表2020年版(八訂)”. 文部科学省. 2022年5月19日閲覧。
  2. ^ 豆類(種実) Pulses”. 農林水産省. 2022年5月20日閲覧。
  3. ^ a b c d e f ナッツ”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年5月20日閲覧。
  4. ^ a b ナッツ類 Tree nuts”. 農林水産省. 2022年5月20日閲覧。
  5. ^ ケン・アルバーラ著 田口未和訳 (2016). ナッツの歴史. 原書房. pp. 13–14. ISBN 978-4562053261 
  6. ^ Stuppy, W. (2004). Glossary of Seed and Fruit Morphological Terms. Seed Conservation Department, Royal Botanic Gardens, Kew, Wakehurst Place. pp. 1–24 
  7. ^ a b nut”. Merriam-Webster Dictionary. 2022年5月6日閲覧。
  8. ^ a b 清水建美 (2001). 図説 植物用語事典. 八坂書房. pp. 96–108. ISBN 978-4896944792 
  9. ^ 巌佐庸, 倉谷滋, 斎藤成也 & 塚谷裕一 (編) (2013). “堅果”. 岩波 生物学辞典 第5版. 岩波書店. p. 415. ISBN 978-4000803144 
  10. ^ a b c d e f Armstrong, W.P.. “Fruits Called Nuts”. Wayne's Word. 2022年5月6日閲覧。
  11. ^ 和泉秀彦・三宅義明・舘和彦 (編著). 栄養科学ファウンデーションシリーズ 5 食品学. 朝倉書店. p. 84. ISBN 978-4-254-61655-2 
  12. ^ 斎藤新一郎 (2000). 木と動物の森づくり. 八坂書房. p. 18. ISBN 978-4896944600 
  13. ^ 新版 食材図典 生鮮食材篇: FOOD’S FOOD. 小学館. (2003). p. 302. ISBN 978-4095260846 
  14. ^ 食本成分データベース”. 文部科学省. 2022年5月19日閲覧。
  15. ^ 斎藤新一郎 (2000). 木と動物の森づくり. 八坂書房. p. 30. ISBN 978-4896944600 
  16. ^ 邑田仁 (2017). “ハス科”. In 大橋広好, 門田裕一, 邑田仁, 米倉浩司, 木原浩 (編). 改訂新版 日本の野生植物 2. 平凡社. p. 214. ISBN 978-4582535396 
  17. ^ 米倉浩司 (2016). “ヒシ属”. In 大橋広好, 門田裕一, 邑田仁, 米倉浩司, 木原浩 (編). 改訂新版 日本の野生植物 3. 平凡社. pp. 260. ISBN 978-4582535334 
  18. ^ 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文 (2012). “ヒシの仲間”. 草木の種子と果実. 誠文堂新光社. p. 129. ISBN 978-4-416-71219-1 
  19. ^ ペカン”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年5月21日閲覧。
  20. ^ 「ナッツの歴史」p145 ケン・アルバーラ著 田口未和訳 原書房 2016年8月27日第1刷
  21. ^ 「栗の文化史 日本人と栗の寄り添う姿」p154-155 有岡利幸 雄山閣 2017年2月25日初版発行
  22. ^ a b 「オセアニアを知る事典」平凡社 p112 1990年8月21日初版第1刷
  23. ^ 「マメな豆の話」p141 吉田よし子 平凡社 2000年4月20日初版第1刷
  24. ^ 「マメな豆の話」p177 吉田よし子 平凡社 2000年4月20日初版第1刷
  25. ^ 「新訂版 食用油脂入門」(食品知識ミニブックスシリーズ) p83 日本食糧新聞社 平成16年10月29日発行
  26. ^ 「基礎から学ぶ 森と木と人の暮らし」pp16-17 NPO法人共存の森ネットワーク企画 鈴木京子・赤堀楠雄・浜田久美子著 農山漁村文化協会 2010年3月10日第1刷
  27. ^ 「人類史の中の定住革命」p125 西田正規 講談社学術文庫 2007年3月10日第1刷
  28. ^ 「人類史の中の定住革命」p185 西田正規 講談社学術文庫 2007年3月10日第1刷
  29. ^ 「栗の文化史 日本人と栗の寄り添う姿」p26-29 有岡利幸 雄山閣 2017年2月25日初版発行
  30. ^ 「世界の食用植物文化図鑑 起源・歴史・分布・栽培・料理」p242 バーバラ・サンティッチ、ジェフ・ブライアント著 山本紀夫監訳 柊風舎 2010年1月20日第1刷
  31. ^ 「世界の食用植物文化図鑑」p238 バーバラ・サンティッチ、ジェフ・ブライアント著 山本紀夫監訳 柊風舎 2010年1月20日第1刷
  32. ^ 「世界の食用植物文化図鑑」p245 バーバラ・サンティッチ、ジェフ・ブライアント著 山本紀夫監訳 柊風舎 2010年1月20日第1刷

関連項目[編集]

外部リンク[編集]