サガリバナ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サガリバナ科
Barringtonia racemosa Blanco2.240.png
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : キク類 asterids
: ツツジ目 Ericales
: サガリバナ科 Lecythidaceae
学名
Lecythidaceae
A. Rich. (1825)

本文参照

サガリバナ科 (Lecythidaceae) は被子植物のひとつで、およそ25300が含まれる。日本にはサガリバナゴバンノアシが自生種として知られている。また、ホウガンノキは特異な果実の熱帯樹木として知られる。

形態・分布[編集]

熱帯、特に熱帯アメリカ西アフリカを中心に分布する。木本で、は放射相称または左右相称、雄蕊は時に1000本になる。子房は下位。

分類[編集]

5亜科に分けられ、25属に約300種が属する[1]

サガリバナ科

Napoleonaeoideae



Scytopetaloideae

Asteranthos ,Oubanguia ,Scytopetalum



Brazzeia ,Rhaptopetalum ,Pierrina




Lecythidoideae


Grias



Gustavia





ホウガンノキ属 Couroupita



他7属






Foetidioideae



Planchonioideae






系統[1]

過去の分類体系[編集]

クロンキスト体系[編集]

クロンキスト体系では単型のサガリバナ目を作る。

被子植物門 Magnoliophyta
双子葉植物綱 Magnolliopsida
ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
サガリバナ目 Lecythidales
サガリバナ科 Lecythidaceae

新エングラー体系[編集]

新エングラー体系ではフトモモ目に属する。

被子植物門 Angiospermae
双子葉植物綱 Dicotyledoneae
古生花被亜綱(≒離弁花類)Archichlamydeae
フトモモ目 Myrtales
サガリバナ科 Lecythidaceae

脚注[編集]

  1. ^ a b Scott A. Mori, Chi-Hua Tsou, Chi-Chih Wu, Bodil Cronholm and Arne A. Anderberg (2007). “Evolution of Lecythidaceae with an emphasis on the circumscription of neotropical genera: information from combined ndhF and trnL-F sequence data”. Am. J. Bot. 94 (3): 289-301. doi:10.3732/ajb.94.3.289. 

外部リンク[編集]