オーギュスト・ジャン・バティスト・シュヴァリエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オーギュスト・ジャン・バティスト・シュヴァリエ(Auguste Jean Baptiste Chevalier、1873年6月23日 - 1956年6月3日)は、フランスの植物学者である。アフリカの動物や栽培植物の分類学、植物地理学の分野で働いた。

略歴[編集]

オルヌ県のドンフロンの農家に生まれた。1891年にカーンの高校を卒業し、1893年に植物学者リニエ(Élie Antoine Octave Lignier)からカーンにあるいくつかの栽培園の品種目録を作る仕事を依頼された。しばらく軍役についた後、リール大学で学び、ベルトラン(Charles Eugène Bertrand)の助手となり、1897年からはパリ自然史博物館フィリップ・エドゥアール・レオン・ヴァン・ティガンの研究室で研究した。

1899年から1900年の間、スーダンの野外調査に参加し、その後、アフリカだけでなく、アジア南米を訪ずれた。1901年に博士号を取得した。高等研究実習院(École pratique des hautes études)で働いた。1929年に国立博物館の教授となり、1937年に科学アカデミーの会員に選ばれた。

1913年から1919年に行った、インドシナの調査で発見したソテツ科の種、Cycas chevalieriにシュヴァリエの名前がつけられている。

著作[編集]

  • Mission Chari-Lac Tchad, 1902–1904. 1907
  • Sudania: Énumeration des plantes récoltées en Afrique tropicale. 1911
  • La forêt et les bois du Gobon. 1917
  • Les kolatiers et les noix de kola. 1911 (Émile Constant Perrot と共著)

参考文献[編集]

  • H. Jacques-Félix: Auguste Chevalier, 1873–1956. In: Taxon. 5, Nr. 6, August 1956, S. 120–125
  • Christoph Bonneuil: Auguste Chevalier, savant colonial. In: Les Sciences Coloniales, Figures et Institutions. 2, Paris 1996, S. 15–35