ルネ・デフォンテーヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
René Louiche Desfontaines

ルネ・デフォンテーヌ(René Louiche Desfontaines、1750年2月14日 - 1833年11月16日)は、フランス植物学者である。

生涯[編集]

イル=エ=ヴィレーヌ県のトランブレに生まれた。レンヌコレージュを出た後、1773年に医学を学ぶためにパリに出た。パリ植物園ルイ・ギョーム・ルモニエの講義を聴いて植物学への興味を抱いた。1786年にルモニエの後を継いで、パリ植物園の植物学の教授になった。チュニジアアルジェリアで2年間の採集旅行に赴き、多くの植物標本を持ち帰り、著書『大西洋の植物』(Flora Atlantica)で3000種の新種植物の記載を行った。

コルメリア科の属デスフォンタイニア属(Desfontainia)などに献名された。

著書[編集]

  • Flora atlantica ..., 2 Bände, 1798-1799
  • Tableau de l'école de botanique ..., 1804
  • Choix des plantes du Corollaire des instituts de Tournefort, 1808
  • Histoire des arbres et des arbrisseaux ..., 1809
  • Voyage dans les Régences de Tunis et d'Alger, 1838

参考文献[編集]

  • "Desfontainia spinosa 'Harold Comber'". Plant of the Month: June. The Royal Horticultural Society. 2008.