ハシバミ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハシバミ属
Hazel Catkins.jpg
分類クロンキスト体系
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : マンサク亜綱 Hamamelidae
: ブナ目 Fagales
: カバノキ科 Betulaceae
: ハシバミ属 Corylus
学名
Corylus L.
和名
ハシバミ属
英名
Hazel
下位分類群
  • 本文参照

ハシバミ属(ハシバミぞく、榛属、学名Corylus英語: Hazel)は、ブナ目カバノキ科に分類される被子植物の1。ただし、分類体系によっては独立したハシバミ科とされる場合もある。世界では北半球温帯域に自生する落葉樹低木から10~20からなるである。日本にはハシバミツノハシバミの2種が自生している。

生物的特徴[編集]

縁に二重鋸葉状の切れ込みがある、丸い形のシンプルな葉を持つ。花は葉が出てくる前の春の早い時期に咲き、雌雄異株尾状花序をつける。雄花は淡黄色で5〜12cmの長さである。それに対して雌花は非常に小さくほとんどがに隠れ、外からは1〜3mmの赤い部分しか見えない。種子は長さ1〜2.5cm、幅1〜2cmのナッツであり、固い殻に覆われている。殻の形状や構造はハシバミ属の種類を見分ける目印となる。

チョウ目の幼虫の多くが餌とする。

[編集]

下記に主な種を記載する[1]

(狭義の)ハシバミ、その葉と実
ツノハシバミの実

名称[編集]

ハシバミ類を指す英名 hazel は(ゲルマン系各言語の同系語とともに)新石器時代インド・ヨーロッパ祖語 *koselos にまで遡れるとされる[2]。この祖語はラテン語には corulus / corylus として継承されていて、後にハシバミ類の属名に用いられるようにもなった。アイルランド語やリトアニア語の古語にも同系の語があるという。

一般に、このように長期間にわたって語義の固定したまま使われつづける語彙というのは、ごく重要な一部語彙に限られるものであり、各民族とセイヨウハシバミとの、祖語時代から綿々と続く深い関わりが示唆されている(利用節も参照)。

また、榛色(はしばみいろ)といえば一種の茶色を指し、これはヘーゼルナッツの表皮の色である。

利用[編集]

ヘーゼルナッツ

食用[編集]

セイヨウハシバミの実はヘーゼルナッツとして知られ、広く用いられている。 ナッツ類のなかでも入手しやすく食用にしやすいヘーゼルナッツは古代より重宝され、多くの民族にとって身近で重要な植物であった。

生木・材木としての利用[編集]

セイヨウハシバミは、イングランドの伝統的な生垣にも用いられる。伐られた木は小屋やフェンスを作るための材木に用いられ、また、固くて曲げやすい性質から枝はの素材ともされる。さらに、ヨーロッパ北アメリカなどでは、庭の飾り木としても植えられる。

脚注[編集]

関連項目[編集]