ピーナッツバター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピーナッツバター
スキッピー
ピーナッツバター[1]
100 gあたりの栄養価
エネルギー 2,678 kJ (640 kcal)
20.5 g
食物繊維 6.1 g
50.7 g
飽和脂肪酸 11.35 g
一価不飽和脂肪酸 20.00 g
多価不飽和脂肪酸 14.70 g
25.4 g
ビタミン
ビタミンA相当量
(0%)
1 μg
チアミン (B1)
(17%)
0.20 mg
リボフラビン (B2)
(8%)
0.09 mg
ナイアシン (B3)
(108%)
16.2 mg
(38%)
1.88 mg
ビタミンB6
(28%)
0.36 mg
葉酸 (B9)
(22%)
87 μg
ビタミンE
(32%)
4.8 mg
ミネラル
ナトリウム
(23%)
350 mg
カリウム
(14%)
660 mg
カルシウム
(5%)
47 mg
マグネシウム
(51%)
180 mg
リン
(53%)
370 mg
鉄分
(12%)
1.6 mg
亜鉛
(28%)
2.7 mg
他の成分
水分 0.6 g
水溶性食物繊維 0.6 g
不溶性食物繊維 5.5 g

ビタミンEはα─トコフェロールのみを示した[2]
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。
ピーナッツバター(100g中)の主な脂肪酸の種類[3]
項目 分量 (g)
脂肪 50.39
飽和脂肪酸 10.292
16:0(パルミチン酸 5.774
18:0(ステアリン酸 1.748
20:0(アラキジン酸 0.617
一価不飽和脂肪酸 23.713
18:1(オレイン酸 23.148
多価不飽和脂肪酸 13.867
18:2(リノール酸 13.791

ピーナッツバター: peanut butter)は、ピーナッツから作られた食品。 スプレッド類。パンに塗ったり、和え物の材料にして食べる。中華料理では花生醤として、様々な料理のタレの材料に用いる。アフリカ料理ではマフェ(ソース・アラシッド)などの煮込み料理や、スープの材料として使われる。

利用[編集]

アメリカの家庭ではもちろんのこと、学校給食の場でもピーナツバターとジャムサンドイッチなどに活用されてきたが、2012年、学校給食の規定が栄養バランスを考慮した内容に改正されて以降、穀類の過剰摂取を防止する等の理由により忌避される例も見られるようになった[4]

製法[編集]

ピーナッツをあらかじめ十分乾燥してから160℃で30分ほどていねいに炒って香りを高めるとともに水分を除去する。薄皮胚芽ふるいで除き、粗く砕いてから、バターミルでよくすりつぶして練りこむ。ピーナッツに50%以上含まれる油分によってペースト状に変化する。これが100%純粋なピーナッツバターである。風味を増すため1~3%の食塩を加えたり砂糖油脂を加えることもある。スムースなすりつぶしタイプと他に粗く砕いたピーナッツが含まれているものもある。日本では甘みをつけたホイップタイプが広く流通しているが、外国では無糖の固めのものが一般的である。

バターという名前は外観からつけられたもので、乳脂肪分はまったく含まれていない。

脚注[編集]

  1. ^ 文部科学省 「日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  2. ^ 厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2015年版)
  3. ^ http://ndb.nal.usda.gov/
  4. ^ 給食から消えた「不健康」メニュー、生徒の要望で復活 CNN(2012年12月13日)2017年3月3日閲覧

関連項目[編集]