胚芽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
胚芽

胚芽(はいが)とは、植物種子の内部のやがて成長してになる部分のこと。

一般には、特に玄米についている胚をいう。精米の際に玄米から糠層のみを取り去って胚芽が残るように精白した米を胚芽米という。

関連項目[編集]