ジェシー・ソーントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ジェシー・ブラックバーン・ソーントン(Jessie Blackburn Thornton、1875年8月6日 - 1958年4月14日)は、アメリカ合衆国出身の農村伝道者。日本で活躍し、ソントン食品工業の名前の由来となった、日本にピーナッツバターの製法を伝えた人物としても知られる。

経歴[編集]

米国モンタナ州セントジョセフ郊外にメソジスト教会牧師の子供として生まれる。デンバーの高校を卒業後就職する。

その後、イリノイ大学を卒業して、イリノイ州グリーンフィールドなどのメソジスト教会の牧会をする。

1904年インド宣教に行く。1908年に来日して神戸ユニオン・チャーチ牧師をする。1911年米国に帰国ユダヤ人に伝道をする。

1913年再来日し、B・F・バックストン日本伝道隊に協力し、丹波地方の伝道に従事する。兵庫県柏原町日本自立聖書学校を開く。ピーナッツバターの製造の労働をしながら藤田昌直ら伝道者を育成した。

1926年に米国に帰国し、モンタナ州セントルイス会衆派教会の牧師になり、米国で聖書学校を経営した。

ソーントンの帰国後、日本自立聖書学校は日本伝道隊の神学校の御影聖書学舎と合同し、1930年に神戸市塩屋に移転し、関西聖書神学校と改名し今日まで継続している。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]