牧会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

牧会(ぼっかい、英:Pastoral Care)とは、キリスト教の中で、プロテスタントおよび正教会[1]における、牧師司祭のミニストリー、人間の魂への配慮である。

医学心理学など世俗の用語としても使われ、英語からパストラルケアとも音写される。

カトリック教会[2]および聖公会[3]では司牧と呼ぶ。

プロテスタント[編集]

牧師のおもな役割は神のみことばの説教である。

キリスト教の神学では、実践神学牧会学(牧会神学、Pastoral Theology)に含まれる。ジャン・カルヴァンの神学においては、悔い改め、新生 (キリスト教)聖化と関わりがあった。改革派教会においては、恵みの手段であり、また訓練・戒規とも関わりがある。

ルーテル教会では教理。改革派では教会の訓練。敬虔主義では個人の魂の問題。医学・心理学では治療が重んじられる。

20世紀から牧会心理学(Pastoral psychology)の研究がなされるようになった。パストラルケア、スピリチュアルケアとして、神学から離れて用いられる場合もある。

使徒パウロが記した第一テモテ、第二テモテ、テトス書は牧会書簡と呼ばれる。

正教会[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 著:ジョン・メイエンドルフ、発行:東京正教神学院同窓会『正教会の結婚観』52頁、62頁 1993年4月18日復活大祭発行
  2. ^ カトリック横浜教区 中信地区共同宣教司牧委員会
  3. ^ 日本聖公会 北関東教区 - 聖公会とは

参考文献[編集]

関連項目[編集]