イェヴレのヤギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
イェヴレのヤギ (2009)

イェヴレのヤギイェヴレボッケンスウェーデン語: Gävlebocken英語: Gävle Goat)は伝統的にスウェーデンイェヴレ中心区のSlottstorgetで毎年制作されるクリスマス飾り。これはスウェーデンで伝統的に作られているでできたヤギ飾りのユールボック英語版を巨大にしたものである。毎年、待降節から2日間に渡り、地元のコミュニティグループたちによって制作されているもので[1][2]、12月中に起きる放火による破壊で有名になった。安全対策や近隣に消防署があるのにも関わらず、1966年に初めて作られるようになってから多くの年において焼け落ちている。

1986年より、イェヴレでは2頭のヤギが(南商業組合によりイェヴレボッケン、ヴァーサの学校の自然科学クラブによりユールボックがそれぞれ)制作されている。

歴史[編集]

イェヴレのヤギは毎年待降節[注 1]の最初の日に建てられる。 1966年、広告コンサルタントの Stig Gavlén が、スウェーデンの伝統であるユールボックを巨大にしたものを作成し、広場に設置することを思いついた[3]。 この最初のヤギのデザインは、Gavlén の兄弟であり、当時のイェヴレ消防署長であった Jörgen Gavlén の担当となった。 このヤギの作成は消防署によって実施され、また、1966年から1970年及び、1986年から2002年に渡って毎年消防署が作成していた。 最初のヤギの資金は Harry Ström によって賄われ、1966年12月1日、高さ13メートル、全長7メートル、重さ3トンのヤギが広場に作成された。 大みそかの日、このヤギは燃え落ちた[4][5]。 この犯人は発見され、有罪判決を受けている。 このヤギには保険が掛けられており、出資者の Ström は全額を取り戻した[5][6][7]

南商業組合 (Söders Köpmän) として知られる経営者たちの団体が出資者となり、この作成は翌年からも続くこととなった。 1971年、南商業組合はヤギの制作を止める。これに代わり、ヴァーサの学校(Vasaskolan)の自然科学クラブ (Naturvetenskapliga Föreningen) が制作を始めた。彼らのヤギはおおよそ2メートルであった。彼らのヤギは好意的に受け止められ、翌年以降も制作されることとなった[8]。南商業組合は1986年より再びヤギの制作を始めている[5]

1966年のヤギの製作費は10,000スウェーデン・クローナであった[9]。2005年に制作されたヤギには約100,000スウェーデン・クローナの値札が貼られた。製作費は市により1/3が負担され、残りは南商業組合が支払いを行う。2003年からは、ALC[注 2]ワーカーとして知られる非雇用者たちによって制作作業が行われている。

吹雪の中焼け落ちたイェヴレのヤギ (1998)

この展示は放火による破壊のターゲットとして注目されることとなり、1966年に最初のヤギが建設されてから数度に渡り破壊されてきた[10]。消防署が設置されるヤギから近いこともあり、多くの場合は木の骨格が酷く損傷する前に鎮火されている。 もしこのヤギが聖ルチアの祭日である12月13日より前に燃え落ちた場合は、再制作されることになる。 その場合、骨組みは手当ののち修復され、その上にヤギ制作委員会が事前に注文しておいた藁を用いて再構築される[9]

2005年までに4名がヤギに対しての犯罪行為で逮捕または有罪判決を受けた[11]。2001年には、アメリカ合衆国のオハイオ州クリーブランドから来た51歳の観光客ローレンス・ジョーンズによりヤギは燃やされた。ジョーンズはこれにより18日間拘留され、被害に対し100,000スウェーデン・クローナの支払いが命じられた。裁判所は、ジョーンズのタバコ用ライターを、正しく扱うことができないのが明確だとして没収した。裁判においてジョーンズは、自身は"ヤギ燃し屋" (goat burner) ではないと主張し、ヤギを燃やすのは伝統で完全に合法なものだと信じていたと話した。ジョーンズは釈放されたのち、罰金を支払わないままアメリカへ帰国している[12][6][13][14][15]

1996年、南商業組合はヤギを1日24時間監視するカメラを導入した。2004年11月27日には、イェヴレボッケンのホームページがハッキングされ、2つの公式ウェブカメラのうち1つが改ざんされている[16]。2003年には、さらなる破壊行為を防ぐため警備員がヤギの周辺に配置されていたが、気温が零下に下がったために警備員たちが近くのレストランに寒さから逃れた際、放火魔に襲われている[12]。2005年の12月3 - 4日の週末には、スウェーデン全域で公共のユールゴートに対する連続攻撃が行われ、イェヴレのヤギは12月13日に燃やされた。ゴットランド島ヴィスビューのヤギは燃え落ち、エステルイェータランドセーデルシェーピングにあるユールボックは焼かれ、ヴェステルボッテンリッケルセのヤギも被害にあった[17][18]

2006年のクリスマスシーズンはイェヴレのヤギの40周年記念に当たる年だった。12月3日の日曜日、市はこのヤギを称えて大きな祝典を開いた。この時、ヤギ制作委員会はヤギをFiber ProTector Fireproofという飛行機用の防火剤を用いて防火処理を行った。その年の最初のうちは、防火されていたが、露によりヤギから液体が垂れ落ちることとなった。この出来事によりFireproof ProTechtor Solvent Baseが防火剤として適用されることとなった[6][19][20][21]

様々な関係者たちの努力にかかわらず、イェヴレのヤギは最も新しい事件である2016年11月27日までに計27回燃やされ、6回破損している[22]

年表[編集]

破壊された日 原因 状況
1966 12月31日[5] 燃えた
1967 生存[5]
1968 生存[5] 【警備】フェンスが追加される[5]
1969 12月31日[5] 燃えた 【警備】ヤギ内部を金網で保護[5]
1970 制作後6時間[5] 燃えた(泥酔した2人の十代少年たちにより) 幾人かの出資者の助けにより湖の葦から再び組み立てられた。
1971 不明 バラバラに[23] 南商業組合はヤギが燃やされることに疲れてしまい、制作するのを止めた。ヴァーサ校の自然科学クラブが引き継ぎ、小型のヤギを制作した[24]
1972 不明 崩れた[5]
1973 不明 盗まれた
1974 不明 燃えた[5]
1975 不明 崩れた
1976 不明 車がぶつかる[13][25]
1977 不明 燃えた
1978 不明 蹴られて壊された[5]
1979 組立前[5] 燃えた / 壊された[5] 【警備】1つめのヤギが燃やされたのち、2つめのヤギは防火された。
この年の2つめのヤギは壊されバラバラになるまで破壊された[24]
1980 12月24日[5] 燃えた[5]
1981 生存[5]
1982 12月13日[5] 燃えた[5]
1983 不明 足が壊された[5]
1984 12月12日[5] 燃えた[5]
1985 1月[5] 燃えた[5] 【警備】2mの高い金属製フェンスに囲まれ、警備員とイェヴレのI 14 歩兵連隊により警護された。
自然科学クラブによる高さ12.5mのヤギが初めてギネスブックに登場した[5][6]
1986 12月23日[5] 燃えた[5] 南商業組合は最初のヤギを1971年から制作し、焼かれてきた。1986年からは南商業組合とヴァーサ校により、毎年二つ制作されることになる[5]
1987 不明 燃えた[23] 【警備】厳重に防火対策された[23]
1988 生存[5] イギリスのブックメーカーにより賭けの対象に。初めてギャンブラーがヤギの運命を賭けることができるようになる[24]
1989 組立前 / 1月[5] 燃えた / 燃えた 公的な再制作費用への寄付が提議される。また、2つ目のヤギは1月に燃やされた。1990年1月、新たなヤギが制作される。このときスウェーデンの映画『Black Jack』が撮影された[5]
1990 生存[5] 【警備】多くのボランティアたちに警護された[5]
1991 12月24日[5] 燃えた ヤギは広告用ソリに繋がれたが、これはのちに違法建築だと判明した。その後 I 14 歩兵連隊の閉鎖に対する抗議運動の一部として、ストックホルムに再建された[5][6]
1992 制作後8日。12月20日にも再び[5] 燃えた / 燃えた 自然科学クラブと南商業組合のヤギがどちらも同じ夜に燃やされる。後者のヤギは再建されるも、12月20日に燃え落ちた。この3つの事件の犯人は逮捕され刑務所へ入ることとなった。1992年、ヤギ政策委員会が創設された[5][6]
1993 生存 【警備】郷土防衛隊などによって警護される。
ヴァーサ校のヤギが14.9mで再度ギネスブックに載った[5][6]
1994 生存 ホッケーのワールドチャンピオンシップに参加するスウェーデン代表を追いかけイタリアへ[5][6]
1995 12月25日 燃えた ヤギを焼け落とそうと企てたノルウェー人が逮捕される。イェヴレボリ県550周年記念のために再建された[5][6]
1996 生存 【警備】Webカメラによる監視[5]
1997 被害を受けるも生存 花火により損害。自然科学クラブのヤギも攻撃されるが、被害は小規模に留まった[13]
1998 12月11日 燃えた 猛吹雪中に燃え落ちる。のちに再建[5]
1999 数時間中に 燃えた 南商業組合のヤギは聖ルチアの日の前に再建。自然科学クラブのヤギも燃え落ちている[5]
2000 12月後半 燃えた / 水没[5] 自然科学クラブのヤギはイェヴレ川に投げ込まれた[5]
2001 12月23日 燃えた アメリカのオハイオ州クリーブランドからの観光客がヤギを燃やして逮捕された。自然科学クラブのヤギもまた燃やされた[12][6][13][14][15]
2002 生存 【警備】聖ルチアの日、スウェーデンのラジオパーソナリティでTV司会者のGert Fylking英語版によって警護された[26]
ストックホルム出身の22歳の若者が、南商業組合のヤギを燃やそう試みるも失敗。ヤギは軽微な損傷のみを受けた。
2003 12月12日[5] 燃えた
2004 12月21日[5] 燃えた
2005 12月3日[13] 燃えた サンタとジンジャーブレッドマンのコスチュームを身にまとった何者かに火矢を放たれ燃やされたと伝えられる[13][27]。12月5日再構築。12月8日には、2005年度のヤギ放火犯を捕まえるため、スウェーデンのTV3で毎週放送されている生放送番組『Most Wanted』 ("Efterlyst") で犯人の捜索が行われた。
2006 12月20日 燃えた 南商業組合のヤギは大みそかを生き残るも、1月2日に倒された。ヤギは秘密の場所に隠された[28]
2007 12月24日 燃えた 自然科学クラブのヤギは12月13日に転倒させられ、12月24日の夜に燃やされた[29]。南商業組合のヤギは生き残った。
2008 12月27日 燃えた 10,000人がヤギ落成式に出席した。なにかあった場合に差し替えるヤギは作られず、去年耐火剤を塗ったヤギは醜かったため耐火剤も塗られてはいなかった[30]。12月16日、自然科学クラブのヤギは破壊され、のちに撤去された。12月26日、南商業組合のヤギは焼かれそうになったが、通行人たちにより消火されたものの、翌日03:50、ヤギは何者かによる放火で燃えた。
2009 12月23日 燃えた 12月7日夜、何者か南商業組合のヤギに火をつけようとした[31]。12月11日の週末、自然科学クラブのヤギが川に投げ込まれそうになったが失敗している。犯人は再び成功しなかったが、ヤギを火にかけようと試みた[32]。12月14日夜、何者かがトラックを使って自然科学クラブのヤギを盗んだ[33]。12月23日の午前4時前、南商業組合のヤギは火にかけられた。背中に雪が厚く積もっていようとも関係なく、骨組まで燃え落ちた[34]。この2つのヤギにはWebカメラが設置されていたが、DoS攻撃により使用できなくなっており、ハッカーたちは燃やされる直前まで扇動していた[35]
2010 生存 自然科学クラブのヤギは12月2日夜に放火に遭うも燃えなかった[36]。スイスのニュースサイトは12月17日に南商業組合のヤギを監視していた警備員の一人が、ヤギをヘリコプターでストックホルムへ連れさらおうとたくらむ何者かによって買収を持ちかけられたと報じている[37]。双方のヤギが生存し、2011年1月初旬に解体されたうえで倉庫に収容された[38]
2011 12月2日[39] 燃えた 【警備】氷で保護膜を作るために水を吹き掛けた[40]
穏やかな気候により、氷のコーティングは解けた。
2012 12月12日[41][42] 燃えた
2013 12月21日[43] 燃えた 【警備】防火剤に浸した[44]
2014 生存
2015 12月27日[45] 燃えた
2016 11月27日[46] 燃えた 設置後わずか数時間で燃やされた[47]。製作委員会は同年中の再建はしないと発表。
2017 生存 【警備】今年は二重のフェンス、防犯カメラ、警備員を設置した[48]。燃やされることなく、期限の2018年1月2日まで生存し予定通りに解体された。

自然科学クラブのユールボック[編集]

2006年の燃え崩れた自然科学クラブのヤギ。遠くに大きなイェヴレボッケンが見える。

1986年よりイェヴレでは2頭の大きなヤギ(ユールボック)が、つまりイェヴレボッケンと呼ばれるヤギが南商業組合により、ユールボックと呼ばれるヤギがヴァーサの学校の自然科学クラブによって作られている。1985年まで、南商業組合のヤギが最も大きいユールボックとして世界記録を保持していたが、長年に渡って自然科学クラブのヤギが大きさを伸ばしていった結果、1985年には彼らのユールボックが公式に高さ12.5mとしてギネス世界記録に登録されることとなった。1966年にオリジナルのヤギを作った製作者の Stig Gavlén は、自然科学クラブのヤギは南商業組合のヤギほど魅力的ではないし、何より首が長すぎるので、世界最大のユールボックとしてのタイトルを勝ち取るのは不当だと考えた。この翌年、ヤギ戦争が勃発する。南商業組合はその宣伝価値を理解し、巨大なヤギを作り、自然科学クラブはそれに反発してより小さなものを作った。南商業組合は彼らの大きなヤギをもって世界記録を取り戻そうと意図していたが、計測の結果、大きさが足りないと判明した。それ以降7年間、世界記録を更新する試みはされなかったが、自然科学クラブと南商業組合間で悪感情を抱くことになった。証明できる事実では、自然科学クラブは彼らのヤギの近くにメリークリスマスの看板を全ての人に向けて掲げていたが、南商業組合は除かれていた[8]

1993年、南商業組合は再び世界記録を更新するとの声明を発表した。完成時、ヤギは10.5mの高さであった。 その年の自然科学クラブのヤギは14.9mの高さと測定され、ギネスブックに新たな記録を登録した[8]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 西方教会の伝統。暦によって変動するが、11月末から12月頭に行われる。
  2. ^ 職業体験計画プログラム

出典[編集]

  1. ^ Mer Jul i Gävle - Goat film”. Merjuligavle.se. 2012年12月1日閲覧。
  2. ^ bocken”. 2012年12月1日閲覧。
  3. ^ The biggest Christmas Goat in the world”. Gävle Tourist Office. 2012年11月29日閲覧。
  4. ^ “Christmas 2012: The Swedish goat that takes Christmas by the horns - Telegraph”. The Daily Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/topics/christmas/9708830/Christmas-2012-The-Swedish-goat-that-takes-Christmas-by-the-horns.html 2012年11月30日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av Gävlebocken” (Swedish). Gävle City Guide. CityGuide (2003年). 2016年11月19日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j Forsberg, Rose-Marie. “The famous christmasgoat of Sweden”. 2006年12月6日閲覧。
  7. ^ The Gävle goat timeline” (Swedish). 2008年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月19日閲覧。
  8. ^ a b c Julbocken” (Swedish). Naturvetenskapliga Föreningen. 2006年8月26日閲覧。Naturvetenskapliga Föreningen, NF, Gävle, Fjuk, Moeg, Junk - ウェイバックマシン(2012年2月17日アーカイブ分)
  9. ^ a b “New goat is already on the way” (Swedish). Arbetarbladet. (2005年12月6日). オリジナル2007年9月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070927001102/http://www.arbetarbladet.se/local_article.php?avdelning_2=0&id=350212 
  10. ^ “Gävlebocken på plats - hur länge får den stå?”. Expressen. http://www.expressen.se/nyheter/gavlebocken-pa-plats---hur-lange-far-den-sta/ 2013年12月23日閲覧。 
  11. ^ “TV 3's Most Wanted is now eager to solve the goat mystery” (Swedish). Arbetarbladet. (2005年12月7日). http://www.arbetarbladet.se/local_article.php?id=350410&avdelning_1=101&avdelning_2=0 
  12. ^ a b c “The goat is burning!” (Swedish). Dagens Nyheter. (2003年12月12日). オリジナル2007年10月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071001145657/http://www.dn.se/DNet/road/Classic/article/0/jsp/print.jsp?&a=213592 
  13. ^ a b c d e f “Vandals Burn Swedish Christmas Goat, Again”. Associated Press. Stockholm: The Washington Post. (2005年12月4日). http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2005/12/04/AR2005120400225.html 
  14. ^ a b “Santa and gingerbread man get Gävle's goat”. The Local. (2005年12月4日). http://www.thelocal.se/article.php?ID=2620 
  15. ^ a b “That's why I burned the goat in Gävle” (Swedish). Aftonbladet. (2003年12月17日). http://www.aftonbladet.se/vss/debatt/story/0,2789,406509,00.html 
  16. ^ “Gävle Goat gets hacked” (Swedish). Aftonbladet. (2004年11月27日). http://www.aftonbladet.se/vss/nyheter/story/0,2789,567577,00.html 
  17. ^ “The night of the goat-burners” (Swedish). Göteborgs-Posten. (2005年12月3日). オリジナル2007年9月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070930155402/http://www.gp.se/gp/jsp/Crosslink.jsp?d=119&a=246603 
  18. ^ “Police receives tips about the goat-burnings” (Swedish). Göteborgs-Posten. (2005年12月5日). オリジナル2007年9月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070930154957/http://www.gp.se/gp/jsp/Crosslink.jsp?d=361&a=246588 
  19. ^ Mer Jul i Gävle”. 2006年12月6日閲覧。
  20. ^ “Not even napalm can set fire to the goat now” (Swedish). Aftonbladet. (2006年12月1日). http://www.aftonbladet.se/vss/nyheter/story/0,2789,944925,00.html 
  21. ^ “Swedish city strives to safeguard Christmas straw goat from vandals”. Santa Fe New Mexican. Associated Press. (2006年12月4日). http://www.santafenewmexican.com/news/53159.html 
  22. ^ “Gävlebocken brann ned bara timmar efter det att den invigts”. Dagens Nyheter. (2016年11月27日). http://www.dn.se/nyheter/sverige/gavlebocken-brann-ned/ 
  23. ^ a b c “Weird ritual of the burning goat”. BBC News. (2005年12月4日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/europe/4497408.stm 
  24. ^ a b c “Santa torched the giant goat!”. Sploid. (2005年12月4日). http://www.sploid.com/news/2005/12/santa_torched_t.php 
  25. ^ BBC News (2008年12月27日). “Festive goat up in flames again”. BBC News. http://news.bbc.co.uk/2/hi/7801156.stm 
  26. ^ “The goat is burning-year after year” (Swedish). Aftonbladet. (2003年12月13日). http://wwwb.aftonbladet.se/vss/nyheter/story/0,2789,404850,00.html 
  27. ^ “Christmas straw goat burnt in Sweden”. MSNBC. (2008年12月27日). http://www.msnbc.msn.com/id/28399341/ 
  28. ^ “The unburnable goat says thanks” (Swedish). Arbetarbladet. (2007年1月3日). http://www.arbetarbladet.se/local_article.php?id=476327&avdelning_1=101&avdelning_2=101 
  29. ^ Gävle Goat Blog”. 2016年11月19日閲覧。
  30. ^ “Yule Goat of Gävle was inaugurated” (Swedish). Svenska Dagbladet. (2008年12月30日). http://www.svd.se/nyheter/inrikes/artikel_2123193.svd 2016年11月19日閲覧。 
  31. ^ Attacked last night!”. 2016年11月19日閲覧。
  32. ^ Little brother not well”. 2016年11月19日閲覧。
  33. ^ Gavlebocken”. 2016年11月19日閲覧。
  34. ^ “Swedish Christmas straw goat burnt”. BBC News. (2009年12月23日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/8428650.stm 2016年11月19日閲覧。 
  35. ^ “Vandals torch Swedish Yuletide straw goat for 24th time”. USA Today. (2009年12月23日). http://content.usatoday.com/communities/ondeadline/post/2009/12/vandals-torch-swedish-yuletide-straw-goat-for-24th-time/1 2010年5月3日閲覧。 
  36. ^ Little brother attacked”. 2016年11月28日閲覧。
  37. ^ “Helikopterkupp planerades mot Gävlebocken”. Arbetarbladet. (2010年12月17日). http://arbetarbladet.se/nyheter/gavle/1.2586588-helikopterkupp-planerades-mot-gavlebocken 
  38. ^ [1] Archived 8 July 2011 at the Wayback Machine.
  39. ^ Martin, Rebecca (2011年12月2日). “Sweden's Christmas goat succumbs to flames”. The Local. http://www.thelocal.se/37690/20111202/# 2011年12月2日閲覧。 
  40. ^ “Gävle Goat to be saved by ice”. Radio Sweden. (2011年11月22日). http://sverigesradio.se/sida/artikel.aspx?programid=2054&artikel=4814994 
  41. ^ Mer Jul i Gävle - kl 16 vid Slottstorget”. Merjuligavle.se. 2012年12月1日閲覧。
  42. ^ “Reklamvärde i attentat mot Gävlebock” (Swedish). (2012年12月13日). http://www.svd.se/nyheter/inrikes/gavlebocken-har-brunnit_7750880.svd 
  43. ^ Staff (2013年12月21日). “Vandals torch Sweden’s giant Christmas goat for the 27th time”. Global News. http://globalnews.ca/news/1044764/vandals-torch-swedens-giant-christmas-goat-for-the-27th-time/ 
  44. ^ “Gävle confident its 2013 Xmas goat won't burn”. thelocal.se. (30 November 2013). http://www.thelocal.se/20131130/gvle-confident-its-2013-christmas-goat-wont-burn 
  45. ^ “Gävlebocken överlevde inte nyåret”. Dagens Nyheter. (2015年12月27日). http://www.dn.se/nyheter/sverige/gavlebocken-overlevde-inte-nyaret/ 
  46. ^ “Gävlebocken brann ned bara timmar efter det att den invigts”. Dagens Nyheter. (2016年11月27日). http://www.dn.se/nyheter/sverige/gavlebocken-brann-ned/ 
  47. ^ “Gävle Christmas goat burns down on opening day”. Dalaras tidningar. (27 November 2016). http://www.dt.se/blaljus/brander/gavlebocken-brinner-pa-forsta-dagen 
  48. ^ 'Secret' plan to protect Gävle Christmas goat from arsonists” (2017年12月4日). 2017年12月29日閲覧。

外部リンク[編集]