クランプス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クランプス

クランプス: Krampus [ˈkʁampʊs],: krampusz [ˈkrɒmpus])は、ヨーロッパ中部伝説の生物であり、主にドイツ東南部のバイエルン州[1]オーストリア中部・東部[2]ハンガリールーマニア西部の旧ハンガリートランシルヴァニア地方とスロヴェニア[3]において、クリスマス・シーズンの間に、聖ニコラウスに同行する行事でもある。

概要[編集]

よい子供にプレゼントを配る聖ニコラウスと対照的に、クランプスは悪い子供に警告し罰を与えると信じられている。 クランプスには、ルプレヒトなどの怪物も同行することがある[4]。 ドイツ及びオーストリアの文化の影響のため、クランプスの伝説はその他にセルビア北部[5]、ルーマニア南部のワラキア地方ブルガリアポーランド南西部(シロンスク地方も含む)、クロアチアチェコスロバキア[6]及びイタリア北部において広く分布している。

Krampus という単語は、鉤爪を意味する古高ドイツ語の単語「Krampen」(クランペン)に由来する。アルペン地方では、クランプスは夢魔に似た生物として表現される。伝統にのっとり、12月の最初の2週間、特に12月5日の晩になると、若者はクランプスの扮装をして、錆びた鎖と鐘を持ち、子供と女性を怯えさせながら通りを練り歩く。また農村地域の中には、特に若い少女へのクランプスによる鞭打ちの笞による体罰)を伴う伝統がある。クランプスは通常、悪い子供を連れ去り、地獄の穴に投げ入れるための籠を背負ったイメージで表される。そして、鞭を振るいながら、子供を捕まえて、親の言うことを聞くように、勉強するのだぞと厳しくさとす[7]

近年のクランプスの装束は、Larve(ラルフェ、木製の仮面)、羊の皮及びから成っている。手作りの仮面の製造には相当程度の努力を要するため、村落の多くの青年がクランプスの行事に参加する。

バイエルン南西部の高山に位置するオーベルストドルフでは、der Wilde Mann(デア・ヴィルデ・マン、野人)の伝統が生かされている。彼は毛皮を身に付け錆びた鎖と鐘を持ち、子供(と大人)を怯えさせる点でクランプスに似ているが、角がなく、聖ニコラウスの同伴者ではない。

オーストリアの2月内乱の余波で、クランプスの伝統は、ナチス・ドイツと同盟したオーストリアのファシストたちの標的であった。

日本では、2015年からクランプスジャパンという団体がパレードを実施しており、志村坂上駅すぐの商店街(12月の第1日曜)でイベントがある。

クランプスを主題にした作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ バイエルン・シュヴァーベン地方を除く。
  2. ^ フォアアールベルク州チロル州は除く。ブルゲンラント州は旧ハンガリー領。
  3. ^ 1919年サン=ジェルマン条約までオーストリア
  4. ^ 植田重雄 『ヨーロッパの神と祭り-光と闇の習俗』早稲田大学出版部、1995年、71頁。
  5. ^ ハンガリーヴォイヴォディナ自治州
  6. ^ 1920年トリアノン条約まで全域がハンガリー
  7. ^ 芳賀日出男 『ヨーロッパ古層の異人たち』東京書籍、2003年、80頁。
  8. ^ クランプス 魔物の儀式 : 作品情報” (日本語). 映画.com. 2020年8月25日閲覧。
  9. ^ Steam:Krampus is Home” (日本語). store.steampowered.com. 2020年8月25日閲覧。

関連項目[編集]