クリスマスリース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリスマスリースのイラスト

クリスマスリース英語: Christmas Wreath)は、クリスマス時期に家庭の戸口に飾られるリース(輪状の装飾品)。主にセイヨウヒイラギモミなどの常緑樹の葉、松かさベルリボンなどで輪状の装飾を作り、戸口()に飾るもの[1]

概要[編集]

ドアに飾り付けられたクリスマスリース

植物の蔓を環状に編んで土台とし、常緑樹であるセイヨウヒイラギ[* 1]マツモミ[1]ゲッケイジュ[2][3]セイヨウキヅタ[2]スギなどでので覆い[4]、輪の形にして飾る[3]。輪の飾りの上部には、セイヨウヒイラギの赤い実やベル、赤いリボン、木の実、松かさなどを飾る[1][3]。他にクリスマスボール[5]ブドウリンゴを飾ることもある[2][4]。中にはハート型のものもある[3]

生花[* 2]プリザーブドフラワーでアレンジすることもある。きらきらと光る素材の他、ドライフルーツなどの自然素材を装飾に施すことも人気である[4]ドライフラワーや木の実で美しく飾った物も見られる[3][6]。珍しいところとしては、パッチワークを用いたり、パスタに色を塗って作った物[6]、乾電池式のLEDライトで光る物などもある[5]

クリスマスリースの製作は一般家庭でも、クリスマス前の楽しみなイベントの一つになっている[4]。クリスマス気分を盛り上げると共に、インテリアとしても活躍している[4][7]

かつては北アメリカでよく見られた風習だが、後にはイギリスでも見られるようになっている。これは、アメリカ映画の影響と考えられている[8]

由来[編集]

クリスマスリースの由来は諸説あるが、一般的には古代ローマ時代からとされており[8][9]、以下の説が唱えられている。

  • 古代ローマでは12月31日から1月4日までを新年の祝賀とし、様々な贈り物を交換する風習があり、本来は常緑樹の枝を贈っていた。1年を通じてみずみずしい緑の枝を贈る行為に、相手の健康を願う思いを込めたものであり、贈り物に付加価値をつけるため、枝を折り曲げて輪状にすることが流行した。こうした願いを込めた物を贈られたことを示すため、新年の家内健康の祈願を兼ねて、ローマ人たちが貰った輪を家の戸口に飾ったことが由来[8]
  • 古代ローマ時代には収穫祭の装飾にセイヨウヒイラギが用いられており[10][11]、セイヨウヒイラギ(English holly)がクリスマスの聖(holy)の意と結びつき、その日をこの木で飾ることになった[10]

なお、クリスマスのグッズとしての歴史は比較的浅く、クリスマス専用のリースが飾られるようになったのは、19世紀の初め頃とも言われている[6]

意味[編集]

クリスマスリースを玄関に飾るのは、魔除け[10][12]豊作祈願[9][12]、新たな年と平安と繁栄祈願の飾りと言われている[3][12]。「輪」は永遠を意味し[13]、永遠に続くを象徴[14]、永遠の幸福への願い[7]、新年の幸福の祈願を意味するともいう[13]

セイヨウヒイラギの葉と実

リースに使われる様々な素材にも、その一つ一つに願いが込められている[15]。セイヨウヒイラギは、冬季にも緑の葉と赤い実をつけることから不死の象徴と考えられ、これを飾る家は守られ、住人には幸運と長寿がもたらされると考えられている[16]。その特徴的な鋭利な葉は、魔女悪魔悪霊を刺して撃退するとも考えられ[16]、魔除けを意味する[3]。この葉はキリスト教においては、磔刑にされたイエス・キリストの茨の冠を現すとされ[16][17]、イエスの受難を意味してるといわれている[1][9]。赤い実は、茨が皮膚を貫いたときに珠となって落ちたイエスの[16]、即ち死に至る愛[1][17]、または赤いと考えられている[9]

モミ、セイヨウヒイラギ、スギなどの常緑樹の葉は、殺菌効果や抗菌作用を持つとされ[7]、殺菌効果のあるモミを使うことで、無病息災の願いが込められているとも言われている[4]。特にマツは常緑樹として、不滅性、不老長寿、豊穣多産の象徴として、古来よりめでたい木とされていた[18]古代オリエントでは、マツに変じたアッチスという豊穣神が崇拝されていたことから、マツの枝と松かさは豊穣多産の象徴として、各国で飾り物となっている[3]。また、これらの常緑樹は常に緑色の葉を茂らせることから、豊作物の繁栄を意味し[4]、魔除けをも意味している[15]

リースについている飾りの松かさやブドウリンゴなども、豊作物の繁栄を意味しており[4][13]、その年の豊作に感謝すると共に、翌年の豊作を祈願するために使われる[9]。ブドウはイエスの象徴、リンゴは神への供え物との説もある[9]。ベルも音が鳴ることから、魔除けの効果を持つと考えられている[3][19]

色とりどりのリースがあるが、そのにも意味がある。永遠の命[12]、永遠の愛[9]、農作物の成長[3]はイエスの血や涙[7][9]、愛[7][12]太陽の炎と生命力[3]純潔[9]、純粋な心、[7][9]希望など[7][9]といわれる。常緑樹の緑、赤い実、雪の白はいわゆるクリスマスカラーと呼ばれる3色であり[9]、セイヨウヒイラギの葉の緑と実の赤は12月の色でもある[10]

時期[編集]

アドベントリース

クリスマスリースを飾る時期は、ヨーロッパなどでは、クリスマスの4週間前(11月30日に一番近い日曜日)から1月6日の「イエスが神の子として人間の前に現れた日」(公現日[6])までという説[1]2月2日聖燭祭までという説がある[4][9]

このクリスマスの4週間前の時期を「アドベント」(待降節[3])と呼び、イエスの降誕を待ち望む期間を意味しており[9]、これに関連してアドベントリースというリースもある[4]

日本では一般的には、12月に入ってから飾られる。1月には正月しめ飾りを飾ることもあり、クリスマスが終わった後には外すことが多い[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ セイヨウヒイラギヒイラギは、まったく異なる別種の植物である[2]
  2. ^ 生ものは劣化しやすいので素材に用いるべきではないとする意見もある[6]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f クリスマスリース”. 時事用語事典. 集英社 (2010年11月). 2019年12月24日閲覧。
  2. ^ a b c d クリスマスおもしろ事典刊行委員会編 2003, pp. 89-98
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 遠藤 & 大塚 1989, pp. 145-146
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 高橋和世 (2018年11月20日). “なぜクリスマスにリースを飾るの?”. 一般社団法人Flower Works Japan. 2019年12月24日閲覧。
  5. ^ a b クリスマス気分を盛り上げるデコレーションアイテム5選”. ハフポスト日本語版 (2019年12月18日). 2019年12月24日閲覧。
  6. ^ a b c d e クリスマスおもしろ事典刊行委員会編 2003, pp. 82-83
  7. ^ a b c d e f g h Rie (2019年10月11日). “クリスマスリースの手作りにチャレンジ! 作り方と飾る意味”. mamagirl. ソニー・ミュージックエンタテインメント. 2019年12月24日閲覧。
  8. ^ a b c モリス 1994, pp. 78-79
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n 彩賀美保 (2016年12月12日). “今年はクリスマスリースの意味を感じながら飾ってみませんか?”. 家事・節約コラム. ニフティ不動産. 2019年12月24日閲覧。
  10. ^ a b c d 日本社編 1996, p. 165
  11. ^ 樋口清之『樋口清之の雑学おもしろ歳時記』三笠書房知的生きかた文庫〉、1988年5月、210-211頁。ISBN 978-4-8379-0234-8
  12. ^ a b c d e 平井 2015, p. 129
  13. ^ a b c 新谷監修 2013, p. 176
  14. ^ 「ハーブで癒やしTime 香るクリスマスリース」『茨城新聞』茨城新聞社、2013年12月15日、日曜版、3面。
  15. ^ a b 原田真理子「家庭園芸 クリスマスを彩るリース」『日本海新聞新日本海新聞社、2014年12月13日、朝刊、13面。
  16. ^ a b c d モリス 1994, pp. 151-152
  17. ^ a b 遠藤 & 大塚 1989, pp. 131-132
  18. ^ 遠藤 & 大塚 1989, p. 129.
  19. ^ クリスマスおもしろ事典刊行委員会編 2003, p. 85.

参考文献[編集]

関連項目[編集]