オーストラリアのクリスマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

オーストラリアのクリスマスニュージーランドの伝統と同じく、冬の図像などを用いてクリスマスを象徴するイギリスアイルランドアメリカカナダなどの各国の伝統と多くの類似点を持つ。ファーのついた赤いコートを纏ったファーザー・クリスマス (Father Christmasないしサンタクロースがソリにのり、ジングルベルのようなクリスマス・ソングを歌い、クリスマス・カードや装飾ではさまざまなクリスマスの風景が表現される。これとは別に、南半球では夏の時期のクリスマスとなるため、いくつかの暖かい地域特有の伝統も生まれた[1]。 クリスマスは公的な祝日となっており、オーストラリアは南半球に位置しているために(12月の)クリスマスは夏季に祝われるものである。

ニュージーランドと共通の伝統[編集]

オーストラリアのクリスマスのデザート。イチゴが添えられた「パヴロヴァ

伝統的なクリスマスツリーはクリスマス飾りの中心となっており、電飾やティンセル(クリスマス・モール)が用いることが定番となる。街角や店舗でのクリスマス飾りは11月からはじまり、12月初めごろには当たり前のように見られるようになる。また、住宅の所有者の多くも家の外観を飾り付ける。これらのクリスマス・デコレーションでは控えめなものから手の込んだものまで、ときには数百個の電飾や装飾、クリスマス・シーズンのモチーフであるクリスマスツリー、サンタクロース、トナカイ馬小屋飾りなど、さまざまなクリスマスの装飾が披露される。一部の地域では手の込んだ展示が伝統的に行われ、クリスマス・シーズンには、多くの通行人や車窓からの見物客などを引き付けている。これには、夏の日中が長くなっており、これら地域では夏時間のために日没が夜8時以降になることも関係している[2]

多くの職場では12月に、多くの場合クリスマス・イブより前に「クリスマス・パーティ」が開催される[3]。これは多くの人々がクリスマスから新年にかけて休暇をとるためで、この時期には多くの職場が完全に休業となる。このパーティは事実上の年末の忘年会となっており、多くの場合はクリスマスそのものは重要視されない。企業同様、学校やTAFE(職業訓練校)、大学なども夏季休暇となる。学校は通常、クリスマスの前の週から休暇に入り、1月下旬ないし2月上旬頃に再開される[4]

多くの企業や住宅は、クリスマスに向け、電飾やアレンジメントで飾られる。このため、夕方に車からクリスマス・イルミネーションをみるためドライブしたり、家族で住宅街を歩き家々の飾りつけをみることが一般的になっている。いくつかの地方自治体はイルミネーションのコンテストを開催し、優れたイルミネーションを案内するための地図を定期的に掲示する[5][6]

子供たちは、クリスマス・イブに子供たちへのプレゼントを携えたファーザー・クリスマスないしサンタクロースが家々を訪れて[7] 、通常暖炉の近くに置かれたクリスマス・ツリーに吊られた靴下やストッキングに入れる、と教わる。暖炉のない住宅などでは、飾り用のおもちゃの暖炉が購入あるいは製作される場合もある[8]。また、訪れたサンタクロースのためにクッキーなどのお菓子やビールやミルクといった飲み物が用意される。トナカイのためのニンジンが用意されることも一般的である[9][10][11]。このクリスマス・プレゼントはクリスマス当日の朝に開けられる[12]

伝統的に家族は集まってクリスマスのための昼食をとる。伝統的には、装飾されたハム、ローストターキー、ローストチキン、サラダやローストベジタブルなどが供される。また、クリスマスクラッカーは食事の前に鳴らされる。現代では、暑い日が多いことにあわせて、地元の旬の食材を用いた冷たい肉やシーフードにサラダなどをも用いた料理も一般的となった[1]。同様にデザートもまた伝統的な冬のクリスマスのもの(ブランデーバターを添えたプラムプディング、果物のミンスパイトライフルなど)と、パヴロヴァやベリー類やキウイフルーツなどの新鮮な果物に代表される郷土のものが同居している[13][1]。子供たちにはキャンディケーンが送られることもまた一般的になっている[14]

例年、マイケル・ブーブレクリスマス』はクリスマス・シーズンにアルバムチャート上でTOP5に入る[15]マライア・キャリーの『恋人たちのクリスマス』もまたクリスマス・シーズンのシングル・チャートに入ることが定番となっている[16][17]

オーストラリア固有の伝統[編集]

リビングストン・ホプキンス英語版『標準的なオーストラリア人のクリスマス』 (1900年頃)

何人かのオーストラリアの作曲家や作家は、ときに暖かい冬着とともに、アクーブラ帽英語版ビーチサンダルなどのオーストラリア風の服を着たサンタクロースが、カンガルーのけん引するユートにのる姿を描写する(例:ロルフ・ハリス『Six White Boomers』)。また、僅かではあるがポール・ケリー英語版の『How to Make Gravy』、コリン・ブキャナン英語版『Aussie Jingle Bells』、ティム・ミンチン英語版の『White Wine in the Sun』など、一般的に認知されているオーストラリア発のクリスマス・ソングがある。しかしながらクリスマスソングの主流を書き換えるまでには至っていない[18]

オーストラリアでもまたクリスマス・カードを贈り合う風習は広く行われている。クリスマス・カード用の切手は手紙の郵送料よりも安く設定されており、この低価格の切手を使って送る場合は封筒に「card only」(クリスマス・カードだけ)と記す必要がある[19]

クリスマス当日と元旦は、南オーストラリア州を除いてボクシング・デー(12月26日)と共に祝日である。南オーストラリア州ではボクシング・デーの休日は設けられていないが、12月28日の「布告日」 (Proclamation Day) が祝日となっており、これを12月26日へと移すことで他の州と合わせている[20][21]

地域毎の風習[編集]

2008年のノーウッドのクリスマス・ページェント。オーストラリア風の古い建物を模したものの上にファーザー・クリスマス(サンタクロース)のソリが置かれている山車。

ニューサウスウェールズ州[編集]

例年シドニーでは「キャロルズ・イン・ザ・ドメイン英語版」と呼ばれるイベントが、クリスマス・イブの前の土曜日限定で開催される[22][23]。これは2016年まではクリスマス・イブの前の日曜日に開催されていた[24][25]

シドニーのボンダイビーチでは家族連れの外国人観光客に向けた特別なイベントが催される。ビーチではサーフィンをするサンタクロースが見られ、クリスマスターキーなどが供される[26][27]

南オーストラリア州[編集]

アデレードでは、アデレード・クリスマス・ページェント英語版という伝統行事が知られている。このイベントのパレードはこの種の中では最も大きいもので、観客動員数は40万人を越える。これは1933年にデパート「John Martins」が始めたもので、毎年11月初旬の通常は土曜日の朝に行われ、クリスマス・シーズンの到来を告げる。山車、音楽バンド、ピエロ、ダンス、大道芸人などが行列を作り、ファーザー・クリスマスの登場でイベントは最高潮に達する[28]。そしてファーザー・クリスマスが店内に置かれた魔法の洞窟へと入ることでページェントでの行進が終わる(今日ではデパート主催ではないために2019年よりアデレード・タウンホールが終着点に変更された)。また各地の中心街でも小規模なクリスマス・ページェントが催される。

南オーストラリア州ではボクシング・デーがないが、クリスマスの翌日を「布告日」として休日にしている。また、クリスマス・イブは夜7時から真夜中にかけて休日に設定されている[29]

ビクトリア州[編集]

キャロルス・バイ・キャンドルライト英語版」の伝統は1938年のメルボルンから始まり、オーストラリア全土、そして世界中へと広まった。このイベントはクリスマス・イブに多くの人々が、通常は屋外に集い、ロウソクの灯りの中でキャロルを唄う、大規模なコンサート形式の催しである。クリスマス・イブにメルボルンの屋外会場「Sidney Myer Music Bowl」で行われる「The Vision Australia's Carols by Candlelight」はテレビで全国的に放送され、多くのオーストラリア人がこの様子を見ることは新しい伝統のひとつとなっている。

西オーストラリア州[編集]

パース市街区では1972年より「パース・クリスマス・ページェント (Perth Christmas Pageant)」が催されている。これは「セブン・ウエスト・メディア英語版」によって体制が作られた[30]。 1999年から2016年にかけて、パース市では毎年クリスマスツリーの点灯式が行われていたが、2017年からは「クリスマス・ライト・トレイル英語版」というイベントに置き換えられた。これはパース市周辺にクリスマスをテーマにしたイルミネーションが置かれるもので、11月後半から12月終わりないし1月まで続けられる[31][32]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “Spreading around the Christmas cheer”. The Sydney Morning Herald. (2014年12月19日). http://www.smh.com.au/national/spreading-around-the-christmas-cheer-20141219-12aj71.html 2014年12月23日閲覧。 
  2. ^ Sydney, New South Wales, Australia — Sunrise, Sunset, and Daylength, December 1987”. 2019年12月27日閲覧。
  3. ^ How COVID-19 crisis has changed the office Christmas party in 2020”. 2021年11月30日閲覧。
  4. ^ School term dates”. australia.gov.au. 2021年11月30日閲覧。
  5. ^ Christmas Lights in Australia”. Christmas Light Search. 2021年9月28日閲覧。
  6. ^ Christmas Lights in Australia”. NSW Govt Tourism Visit NSW. 2021年9月28日閲覧。
  7. ^ Letters from Santa Claus your Kids will love! Santa Claus Letters”. SantaMail. 2011年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月22日閲覧。
  8. ^ Australian mum builds festive homemade DIY fireplace ultimate Christmas decoration”. Daily Mail Online. 2021年11月30日閲覧。
  9. ^ What do kids leave out for Santa Claus around the world?”. 2021年11月30日閲覧。
  10. ^ 7 snacks children around the world leave for Santa”. 2021年11月30日閲覧。
  11. ^ Woolworths shares the spirit of Christmas via M&C Saatchi - AdNews”. 2021年11月30日閲覧。
  12. ^ When is the ‘correct’ time to open Christmas presents?”. 2021年11月30日閲覧。
  13. ^ Christmas in Australia”. The-North-Pole.com. 2011年12月22日閲覧。
  14. ^ Schools around Australia are banning candy canes.”. 2021年12月6日閲覧。
  15. ^ Michael Buble is top of Christmas pop again in Australia”. Smh.com.au (2013年12月22日). 2017年12月31日閲覧。
  16. ^ ARIA Top 50 Singles Chart”. 2021年12月6日閲覧。
  17. ^ Why Mariah Carey's All I Want For Christmas Is You hitting #1 on the Billboard Hot 100 Chart is important - ABC News”. 2021年12月6日閲覧。
  18. ^ “Where is all the Australian Christmas music?”. The Sydney Morning Herald. (2014年12月22日). http://www.smh.com.au/entertainment/music/christine-anu-where-is-all-the-australian-christmas-music-20141223-12bxo7.html 2014年12月26日閲覧。 
  19. ^ Christmas Stamps”. オーストラリア郵便公社. 2014年12月26日閲覧。
  20. ^ Australian Government – Public Holidays”. 2015年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月21日閲覧。
  21. ^ Proclamation Day in South Australia in 2019”. OfficeHolidays. 2019年12月27日閲覧。
  22. ^ “Carols by Candlelight defines the Aussie Christmas on the couch”. The Conversation. (2014年12月23日). http://theconversation.com/carols-by-candlelight-defines-the-aussie-christmas-on-the-couch-34294 2014年12月23日閲覧。 
  23. ^ Carols in the Domain”. Sydney A to Z. 2014年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月5日閲覧。
  24. ^ Knox, David (2016年8月23日). “Carols in the Domain moving to Sunday”. TV Tonight. 2017年12月31日閲覧。
  25. ^ Carols in the Domain”. Carols in the Domain (2017年12月17日). 2017年12月31日閲覧。
  26. ^ Surfing Santa’s Slay World Record at Bondi Beach”. 2021年12月6日閲覧。
  27. ^ Under the shadow of coronavirus, Australians mark a Christmas like no other”. 2021年12月6日閲覧。
  28. ^ National Pharmacies Christmas Pageant”. 2019年12月27日閲覧。
  29. ^ Public Holidays: Public holiday dates”. SafeWork.sa.gov.au. Government of South Australia. 2015年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月21日閲覧。
  30. ^ Festive spirit in full swing as Perth families celebrate 49th Alinta Energy Christmas pageant”. The West Australian. 2021年1月8日閲覧。
  31. ^ Perth lights trail signals brings Christmas cheer”. Perth Now. 2021年1月8日閲覧。
  32. ^ Perth’s Christmas tree lighting ceremony scrapped over safety fears”. The West Australian. 2021年1月8日閲覧。

関連項目[編集]