クリスマスケーキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボクシング・デーのクリスマスケーキ
イタリアのパネットーネ
アイシングされたクリスマスケーキ

クリスマスケーキ(英語: Christmas cake)は、クリスマスを祝って食べるケーキで、イギリス、アイルランド、並びにその他の英連邦諸国や日本、フィリピンなどの国々で広く親しまれている。

イギリスのクリスマスケーキ[編集]

イギリスのクリスマスケーキは特に12月24日(クリスマス・イヴ)や12月26日(ボクシング・デー)のティータイムに供される習慣がある[1]

イギリスではクリスマスケーキのほかバースデーケーキウェディングケーキなどもダークフルーツケーキを土台にしていることが多い[1]。ダークフルーツケーキはドライフルーツをふんだんに入れた硬めの生地のケーキである[1]

日本のクリスマスケーキ[編集]

日本のクリスマスケーキの歴史は、菓子メーカー不二家創業の1910年(明治43年)まで遡る[2]。現代の日本では、スポンジケーキにホイップクリームやバタークリームを塗り、砂糖細工(メレンゲドール)のサンタクロースクリスマスツリーイチゴチョコレートを飾りつけたものが一般的である。これは、不二家が1922年(大正11年)頃から広めたものである。近年、日本の一部や韓国ではバースデーケーキのように、クリスマスケーキにろうそくを灯すものも見られ、サンタクロースを象ったろうそくも見うけるが、英連邦諸国でクリスマスケーキにろうそくの火を灯すことはない。また、日本では慣習的にクリスマス当日ではなく、イブの晩に食べられることも多い。

クリスマスに関連するパン類・デザート類[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『BonChic VOL.12』主婦の友社、2015年、60頁
  2. ^ 不二家の歴史”. 不二家. 2009年6月19日閲覧。