フルーツケーキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
A slice of traditional fruitcake.
Polish fruitcake.
fruitcake.

フルーツケーキ(FRUITCAKE)は、果物をつかった洋菓子。生地に果物を混ぜ込んで焼いたものと、スポンジ生地などにクリームとともに果物をあしらったタイプのものがある。

概要[編集]

漬け込んだフルーツもしくはドライフルーツを使うタイプ[編集]

大きくはバターケーキの一種でバター・小麦粉・砂糖・卵・ベーキングパウダーにドライフルーツあるいは洋酒に漬け込んでおいたフルーツを刻んで混ぜ込み、型に入れて焼いたものである。そのなかでもバター・小麦粉・砂糖・卵を等量に使用したものをパウンドケーキとも言う[1]

このタイプのフルーツケーキをプラムケーキと言うこともある[2]

菓子としてばかりでなく、保存性と栄養価が高いため、船員冒険家(南極探検隊[3]など)の保存食戦闘糧食Cレーションなど)として用いられる事もある。

生の果物を使うタイプ[編集]

スポンジケーキなどに生クリームを塗り、新鮮な果物を乗せたものあるいは混ぜ込んだもの。

あるいは長方形のスポンジ生地にクリームを塗り果物を乗せ、生地で巻いたもの(ロールケーキ)もある[4]

ただし果物によってはたんぱく質分解酵素を持ちクリームを変質させるものもあるため、作ってすぐに食べる場合を除き、果物の選択には注意が必要である。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 小林 彰夫、村田 忠彦 編集『菓子の事典』 朝倉書店、2000年、P2694-298
  • 全国調理師養成施設協会 編集・発行『調理用語辞典』、1986年、P918
  • 萬 眞智子、斎藤 万美子『おいしいケーキ作りの基本』世界文化社、2004年、P8

外部リンク[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、フルーツケーキに関するカテゴリがあります。