トレント川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トレント川
RiverTrentNottingham.jpg
ノッティンガムを流れるトレント川
延長 298 km
平均流量 84 /s
(Colwick)
流域面積 10,435 km²
水源 ビダルフ・ムーア英語版
水源の標高 275 m
河口・合流先 ハンバー川英語版[1]
流域 イングランドの旗 イングランド
テンプレートを表示

トレント川(River Trent)は、イギリスイングランド中部の河川。イギリスで3番目に長い河川であり、総延長は298km[1]

流路[編集]

ウェスト・ミッドランズにあるペナイン山脈南西部、スタッフォードシャービダルフ・ムーア英語版を源流とする。ストーク=オン=トレントを通過した後、南東、北東へと円弧を描くように流れる。途中でダーウェント川英語版ソアー川英語版などの支流を合わせながらダービーシャー南端、ノッティンガムシャーを経由したのち、下流部はヨークシャー・アンド・ザ・ハンバーにてウーズ川英語版と合流し、ハンバー川英語版と呼ばれる三角江になる[1]。ハンバー川は東に流れ、キングストン・アポン・ハルを経由して最後は北海に注ぐ[2][3]

流域[編集]

1766年のトレント・アンド・マージー運河の計画書。右側の青で示された河川がトレント川で、中央下部から左側へ赤で示されているのが運河。ダービーシャーからスタッフォードシャーチェシャーを経てマージー川に至る。左上に入江状に書かれているのがマージー川で、流域にリバプールマンチェスターといった地名が見える。

イングランド中央部の炭田地帯・工業地帯を流れる重要な河川である。上流部のストーク=オン=トレントを中心とする地域は陶磁器をはじめ窯業が盛んで、中流部には工業都市のダービーノッティンガムが栄える。またレスターも支流のソアー川英語版を介して近い位置にある[2][4]。流域には多くの発電所も設けられている。1960年代にはバートン・アポン・トレント英語版下流に8つの発電所が設けられ、コタム発電所英語版は当時ヨーロッパ最大の200万kWの発電量を誇った[3]

上流からアルルーワス英語版付近までは狭い谷を流れるが、それより下流域は幅広い氾濫原となっている。ニューアーク=オン=トレントより下流は平野となり、市場園芸が盛んな農業地帯となる。ニューアーク付近から海面までの落差が非常に小さいため、感潮区間が河口から約85kmまで達する感潮河川である。そのためニューアークの近くまで潮汐の影響を受けることがあり(海嘯)、ゲインズバラより下流には高い防潮堤が設置されている[2][3][5]

古くから運河が発達しており、トレント・アンド・マージー運河英語版はじめ、多くの運河が開削されている。これら運河やテイム川英語版などの支流を通じ、テムズ川セヴァーン川マージー川、またバーミンガムなどの諸都市と結ばれている。水上交通も盛んであり、ソーレー英語版まで遡航が可能。120t以下の船舶であればノッティンガムまで航行が可能である[2][5]

主な支流[編集]

河川名の由来[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 本項ではトレント川をハンバー川の支流として扱っているが、トレント川とハンバー川で一体の河川と見なす見解もある。一体の河川とした場合の延長は357kmとなりセヴァーン川を上回ってイギリス最長となるが、2位のテムズ川にも同様の議論があるためテムズ川を最長とする見解もある。詳細はen:Longest rivers of the United Kingdom参照。
  2. ^ a b c d 『世界大百科事典 20』、平凡社、2007年改訂新版、547頁「トレント川」項(長谷川孝治著)。
  3. ^ a b c 『ブリタニカ国際大百科事典 4 小項目事典』、TBSブリタニカ、1991年第2版改訂版、868頁「トレント川」項。
  4. ^ 『日本大百科全書 17』、小学館、1987年、326頁「トレント川」項(小池一之著)。
  5. ^ a b 三省堂編修所編、谷岡武雄監修 『コンサイス 外国地名事典〈第3版〉』、三省堂、1998年、652頁「トレント川」項。
  6. ^ 蟻川明男著 『三訂版 世界地名語源辞典』、古今書院、2003年、262頁「トレント川」項。

関連項目[編集]