カード (食品)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カード
チーズカード

カードフランス語: caillé英語: curdドイツ語: der Quarkオーストリア語: der Topfen)は、牛乳山羊水牛などのに、キモシンなどの酵素を作用させてできる凝固物のこと[1]フレッシュチーズの一種であり、カッテージチーズ南アジアパニールドイツクワルクなどを含む。チーズの原料とするほか、そのまま食べることもある。乳のタンパク質や乳脂肪分が多く含まれ、このカードを成型して熟成させたものがナチュラルチーズである。中にはリンバーガーのように悪臭を放つことで有名なものまである。

乳からカードを除いた液はホエー(乳清)といい、タンパク質乳糖ビタミンミネラルなどが含まれる。

中央ヨーロッパ東ヨーロッパでは軽食への詰め物として使われる。

インドスリランカなど南アジアの旧英国植民地では、むしろヨーグルトの意味で用いられることが多い(南アジアのカードについては、ダヒを参照)。

乳以外のタンパク質を凝固させた食品、例えば豆腐も、(ソイ)ビーンカード(soy bean curd、大豆のカード)と呼ばれることがある。

カードを使った食品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 瀬口正晴、八田一『食品学各論: 食べ物と健康』Kagaku-Dojin Publishing、2003年、65頁。ISBN 978-4-7598-0473-7

関連項目[編集]