ロンディニウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ロンディニウムの位置

ロンディニウム:Londinium)は、紀元前ブリテン島にすでに侵入していたローマ人が、紀元後1世紀頃に造った集落であり、交通の要所。現在のセント・ポール大聖堂の近くのテムズ川北岸の一画を3辺の城壁で囲み、川に橋をかけて建設された[1][2]。「ロンディニウム」は、先住民族であるケルト民族の言葉で「沼地の砦」を意味する[3][4]。これは後のロンドンの原型となった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 今行きたい!パワーあふれる世界の巨大都市”. ナショナル ジオグラフィック日本版. 2018年5月2日閲覧。
  2. ^ 中村久司 『観光コースでないロンドン イギリス2000年の歴史を歩く』 高文研2014年、42頁。ISBN 978-4-87498-548-9
  3. ^ 世界の朝食”. 山崎製パン. 2018年5月2日閲覧。
  4. ^ Coates, Richard (1998). “A new explanation of the name of London”. Transactions of the Philological Society 96 (2): 203–229. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/1467-968X.00027/abstract;jsessionid=40F53E04B476B6E015D870B89250636F.f04t02.