サウス・ヨークシャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サウス・ヨークシャー
South Yorkshire UK locator map 2010.svg
地理
様態 典礼および都市州
起源1974年
リージョン ヨークシャー・アンド・ザ・ハンバー
面積
総面積
38 位
1,552 km2 (599 sq mi)
ONSコード 2C
NUTS 3 UKE3
人口統計
人口
総人口 (2018年中期推計値)
人口密度
行政区分
10位
1,402,918
904 /km2 (2,340 /sq mi)
Ranked
民族構成 95.0% 白色人種
2.6% アジア系
2.4% 有色人種
政治
カウンティカウンシルなし
国会議員
ディストリクト
SouthYorkshireNumbered.png
  1. シェフィールド
  2. ロザラム
  3. ドンカスター
  4. バーンズリー

サウス・ヨークシャー (South Yorkshire) はイングランド都市カウンティヨークシャー・アンド・ザ・ハンバーの最南端に位置し、2011年時点で人口は134万人、面積は1,552km2 (599 sq mi) [1]バーンズリードンカスターロザラムシェフィールドの4つの大都市区で構成されている。 1972年地方行政法を受け、1974年4月1日に成立した[2] [3]

グレートブリテン島内陸部、ペナイン山脈の東側に位置する。西と南西はダービーシャー 、北西はウェスト・ヨークシャー 、北はノース・ヨークシャー、北東はイースト・ライディング・オブ・ヨークシャー、東はリンカンシャー 、南東はノッティンガムシャーに接している 。 シェフィールド都市圏はイギリスで10番目に人口の多い地域であり、サウス・ヨークシャーの西半分を占め、人口の半分以上が住んでいる。

歴史[編集]

先史時代の遺跡として、シェフィールド北部で、紀元前8000年頃の「家」(小屋の土台の形をした石の輪)が発見されている[4] 。また、ダービーシャーの洞窟で発見された工芸品や壁画は、少なくとも12,800年以上前に作製されたと考えられている[5]

紀元1世紀にはローマ帝国の侵入を受け、属州ブリタンニアの一部となった[6]

近代以降は、 鉱業製鋼業を中心に発展した。主な鉱業は石炭で、北部と東部に集中していた。また、鉄鉱床も存在していた。 西部のペナイン川は、シェフィールドに集中している鉄鋼業を支えていた。鉄と石炭が近隣で採掘されるため、鉄鋼製造にとって理想的な場所であった。         

1972年地方行政法により、イングランド全土を都市および非都市カウンティとして区分することになり[7]、1974年4月1日に正式に都市カウンティとしてのサウス・ヨークシャーが成立した。

1986年、サウス・ヨークシャー議会は廃止されたが、法律上は都市カウンティとして存在している[8] 。サウス・ヨークシャーは典礼カウンティであり、統監と長官(High Sheriff)が置かれている。   

地理[編集]

ダービーシャーウェスト・ヨークシャーノース・ヨークシャーイースト・ライディング・オブ・ヨークシャーリンカンシャーノッティンガムシャーに隣接している。

西部にはペナイン山脈がそびえ、東部にはハンバーヘッド平原が広がっている。ペナイン山脈の外縁の石炭紀の岩による、丘、断崖、広い谷のあるなだらかな風景が見られる。

市街地、かつて繁栄した工業地帯、農地が混在している。 運河、道路、鉄道などの輸送ルートに沿った開発は、この地域の傑出した特徴であるが、産業化以前の景観と半自然の植生の一部がまだ残っている[9] 。ペナイン山脈は、ほとんどがピークディストリクト国立公園内にあり、地形は、ほとんどが荒野の高原と砂岩で構成されている[10]

主な河川は、ディアーン川、ロザー川、ドン川である。

サウス・ヨークシャー全体には1950年代からグリーン・ベルト(green belt)が整備されている。シェフィールド地区とバーンズリー地区の西端は、ピークディストリクト国立公園の境界に接している。

脚注[編集]

  1. ^ [1] Archived 2 October 2011 at the Wayback Machine.
  2. ^ Office of the Deputy Prime Minister. “Local Government Finance Statistics England No.16”. local.odpm.gov.uk. 2007年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年2月21日閲覧。
  3. ^ Arnold-Baker, C., Local Government Act 1972, (1973)
  4. ^ Radley, J.; Mellars, P. (1964). “A Mesolithic structure at Deepcar, Yorkshire, England and the affinities of its associated flint industry”. Proceedings of the Prehistoric Society 30: 1–24. http://www.ucl.ac.uk/prehistoric/pps/contents/contentsbyvolume.html. 
  5. ^ Pike, Alistair W.G.; Gilmour, Mabs; Pettitt, Paul; Jacobid, Roger; Ripoll, Sergio; Bahn, Paul; Muñoz, Francisco (2005). “Verification of the age of the Palaeolithic cave art at Creswell Crags, UK”. Journal of Archaeological Science 32 (11): 1649–1655. doi:10.1016/j.jas.2005.05.002. 
  6. ^ Rob Cooke/University of Sheffield. “A History of Roman South Yorkshire”. 2013年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月18日閲覧。
  7. ^ HMSO. Local Government Act 1972. 1972 c.70
  8. ^ Office for National Statistics. “Gazetteer of the old and new geographies of the United Kingdom (PDF)”. statistics.gov.uk. p. 48. 2003年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年3月6日閲覧。

    Office for National Statistics (2004年9月17日). “Beginners' Guide to UK Geography: Metropolitan Counties and Districts”. statistics.gov.uk. 2002年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年3月6日閲覧。

    Yorkshire and Humberside – Electoral Commission”. The Electoral Commission. 2009年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年1月14日閲覧。
  9. ^ NCA Profile: 38. Nottinghamshire, Derbyshire and Yorkshire Coalfield (NE402)”. publications.naturalengland.org.uk. 2016年5月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月21日閲覧。
  10. ^ Dark Peak”. Scottish Natural Heritage. 2016年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月21日閲覧。

外部リンク[編集]