シモン・ド・モンフォール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シモン・ド・モンフォール
シモン・ド・モンフォールの紋章

シモン・ド・モンフォール(Simon de Montfort, 6th Earl of Leicester, 1208年 - 1265年8月4日)は、中世イングランド貴族(第6代レスター伯)。イングランドの議会制度の基礎を作り上げた人物として有名で、不当な権力に反抗する不屈の闘士として、イングランドでは英雄視されている。

生涯[編集]

シモンの父は北フランスの貴族でありアルビジョア十字軍で活躍した、彼と同名のシモン・ド・モンフォール (第5代レスター伯爵)である[1]

シモンはイングランドに渡って、祖母から受け継いだ権利によりレスター伯となった[1]。はじめはヘンリー3世の寵臣として重用され、その妹エリナーを妻として与えられるほどであったが、1248年にフランスのガスコーニュにおける統治に失敗してヘンリー3世の信頼を失い、対立するようになる。

1258年4月、ヘンリー3世はシチリア遠征のための費用を賄うために、徴税について諸侯の同意を求めることを余儀なくされた[2]。これを受けて、諸侯大会議においてシモンら7名の有力貴族らは、徴税への協力と引き換えに種々の改革を求めた[2]

翌年の1259年もシモンは改革を推進したが、王やグロスタ伯リチャード・ド・クレア英語版らの保守派の反撃にあい、1261年にはシモンは力を失いフランスへと退去した[3]。しかし、シモンが帰国すると国内は動揺する[3]。シモンは1264年5月のリュイスの戦い英語版で国王派に圧勝し、ヘンリー3世らを捕らえることに成功した[3]第2次バロン戦争)。そして、イングランドの諸侯や騎士、都市の代表を集め、いわゆる「シモン・ド・モンフォールの議会」を召集し、国内の広い層からの支持を得ることに務めた[3]

しかしシモンの勢力は孤立を余儀なくされ、王太子エドワードの反撃に会い、イーヴシャムの戦い英語版で戦死したのである[3]

家族[編集]

1238年1月7日、ヘンリー3世の妹エリナー・オブ・レスターと秘密結婚[4]、下記の子女をもうけた。

脚注[編集]

  1. ^ a b 城戸 1991, p. 262.
  2. ^ a b 城戸 1991, p. 265-267.
  3. ^ a b c d e 城戸 1991, p. 268-270.
  4. ^ Norgate, Kate (1894). "Montfort, Simon of (1208?-1265)" . In Lee, Sidney. Dictionary of National Biography (in English). 38. London: Smith, Elder & Co. pp. 284–295.

参考文献[編集]

関連図書[編集]

名誉職
先代:
レスター伯爵
大家令
1239年 – 1265年
次代:
エドマンド・クラウチバック
イングランドの爵位
先代:
シモン4世・ド・モンフォール
レスター伯爵
1239年 – 1265年
剥奪
新設 チェスター伯爵
1264年 – 1265年