ホンダ・PCX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

PCX(ピーシーエックス)は、本田技研工業が製造販売するスクータータイプのオートバイである。

概要[編集]

車名はPersonal Comfort Xaloonの略。

2009年10月の第41回東京モーターショーに市販予定車として125ccモデルを出品。同年11月よりタイで、2010年3月30日より日本で販売開始[1]。他にヨーロッパ東南アジア北米オーストラリアへ輸出販売される世界戦略車(グローバルモデル)である。排気量が異なる2車種がラインナップされており、125ccクラスがPCX(小型自動二輪車)、150ccクラスがPCX150(普通自動二輪車)となる。

車両解説[編集]

※本項では日本国内仕様について解説を行う。

日本国内における車両区分は125ccモデルと150ccモデルでは異なる。

車名 PCX PCX150
型式 EBJ-JF28/JF56 JBK-KF12/KF18
道路交通法 小型自動二輪車 普通自動二輪車
道路運送車両法 原動機付自転車第二種甲 軽自動車(軽二輪)
高速道路走行 不可 可能
法定点検義務 なし あり

JF28 / KF12 (初代)[編集]

PCX
※PCX150
Honda PCX125 2011 Front.JPG
基本情報
メーカー 日本の旗本田技研工業
車体型式 EBJ-JF28/※JBK-KF12
エンジン JF28E型 124cm3 
水冷4ストロークSOHC単気筒
※KF12E型 152cc
水冷4ストロークSOHC単気筒
内径x行程 / 圧縮比 52.4mm x 57.9mm / 11.0:1
※58.0mm x 57.9mm / 10.6:1
最高出力 8.5kw 12ps/8,500rpm
※9.9kw 13ps/8,500rpm
最大トルク 12Nm 1.2kgf/6,500rpm
※14Nm 1.4kgf/5,500rpm
車両重量 128kg ※129kg
テンプレートを表示

タイホンダ・マニュファクチュアリングカンパニー・リミテッドが製造。型式名は125ccモデルがEBJ-JF28、150ccモデルがJBK-KF12。

「クラスを超えた質感の高さと先進スタイリング」「高い動力性能と環境性能の両立」「スクーターに求められる快適さと使い勝手の良さ」をキーワードにした車体は、流線型カウルやウインカー一体型のデュアルハロゲンヘッドライトを採用。2010年のグッドデザイン賞を受賞した。

前後ホイールは走行安定性と乗り心地確保の点から14インチとし、ブレーキは前輪が3ポットキャリパーのディスクブレーキ、後輪がドラムブレーキであるが、後ブレーキレバーの動作で連動するコンビブレーキを採用する。

装備面では、ハンドルがスポーツ車と同様のパイプハンドルを採用。キーシリンダーはセキュリティ対策からシャッター付きとしたほか、燃料タンクとシートはスイッチによる操作とし、シート下には容量25Lのメットインスペースを装備する。

エンジンは、排気量124cc水冷SOHC4ストローク単気筒エンジンを搭載。停車時に自動的にエンジンを止めるアイドリングストップ機能のほか、125ccクラススクーターとしては初となるスターターモーター交流発電機が一体化されたACGスターターを採用し、空燃比フィードバック制御・モノリス型三元触媒ブローバイガス還元装置を装備する。2011年にオフセットシリンダー・ローラーロッカーアームならびにシャフトへシェル型ニードルベアリングを使用・発電制御の知能化など多岐にわたる徹底的な低フリクション化を実施し、さらに省燃費性能を向上させたグローバルエンジン「eSP[注 1]」に進化させることが発表され、日本仕様では2012年のマイナーチェンジならびに追加されたPCX150から搭載された[注 2]

遍歴[編集]

2010年3月16日発表、同月30日発売[1]

  • 以下の車体色を設定
  • パールヒマラヤズホワイト
  • アステロイドブラックメタリック
  • キャンディーロージーレッド

2012年4月20日発表 同年5月11日発売でマイナーチェンジを実施[2]

  • エンジンをeSPエンジンに換装
  • エンジンマウント位置・シートバックレストの形状変更
  • 燃料タンク容量が6.1L→5.9Lに減少
  • 車重が126kg→128kgに増加
  • 燃料タンクリッド開口方向を変更
  • 35Lトップボックス・ロングタイプウインドシールドを新たにオプション設定
  • 車体色で以下の変更
  • 廃止:キャンディーロージーレッド
  • 新設:キャンディーライトニングブルー
PCX150(タイ仕様車) メーターコンソール
PCX150
(タイ仕様車)
メーターコンソール

2012年4月20日発表、同年6月7日発売で排気量を152㏄へ拡大したPCX150を追加[3]

  • 以下の車体色を設定
  • パールヒマラヤズホワイト
  • ミレニアムレッド

2012年11月29日発表、同年12月14日発売で総計4,000台限定の特別カラーモデルPCX Special Editionを追加[4]

  • パールヒマラヤズホワイトxトリコロールストライプ:1,800台限定
  • マットガンパウダーブラックメタリックxゴールドストライプ:2,200台限定

2012年12月20日発表、2013年1月17日発売でPCX150に以下の車体色を追加[5]

  • マットガンパウダーブラックメタリック


JF56 / KF18 (2代目)[編集]

PCX
※PCX150
2015 PCX150.jpeg
基本情報
メーカー 日本の旗本田技研工業
車体型式 EBJ-JF56/※JBK-KF18
エンジン JF56E型 124cm3 
水冷4ストロークSOHC単気筒
※KF18E型 152cc
水冷4ストロークSOHC単気筒
内径x行程 / 圧縮比 52.4mm x 57.9mm / 11.0:1
※58.0mm x 57.9mm / 10.6:1
最高出力 8.6kw 12ps/8,500rpm
※10kw 14ps/8,500rpm
最大トルク 12Nm 1.2kgf/5,000rpm
※14Nm 1.4kgf/5,000rpm
車両重量 130kg ※131kg
テンプレートを表示

型式名は125ccモデルがEBJ-JF56、150ccモデルがJBK-KF18。先代からのフルモデルチェンジで主な変更点を以下に示す。

  • 製造をホンダベトナムへ移管
  • エンジンセッティングおよび加速の適正化
  • ヘッドランプ・テールランプ・ウインカー・ライセンスランプをLED
  • ハザードランプを標準装備化
  • 燃料タンク容量を5.9L→8.0Lに増加
  • シート開閉時に途中の位置で固定できるストッパー機構を採用
  • グローブBOX内にアクセサリーソケットを装備
  • メーターに時計・平均燃費計を装備

遍歴[編集]

2014年4月11日発表。125ccモデルが同月24日、150ccモデルが同年5月16日発売[6]

  • 以下の車体色を設定
  • ポセイドンブラックメタリック
  • パールジャスミンホワイト
  • キャンディーノーブルレッド(PCXのみ)
  • マットテクノシルバーメタリック(PCX150のみ)

2015年5月18日発表、同月22日発売でキャンディーノーブルレッド/マットテクノシルバーメタリックをPCX・PCX150共通色とするカラーバリエーション変更[7]

PCXが2016年2月19日発表、同月26日発売[8]で、PCX150が同年4月21日発表、同月22日発売[9]でカラーバリエーション変更

  • 廃止:キャンディーノーブルレッド
  • 新設:パールダークアッシュブルー

さらにPCX150のカラーバリエーション変更に併せて以下の特別仕様を施したPCX Special EditionPCX150 Special Editionを同年7月31日まで受注期間限定で追加[10]

  • 以下の部分に赤色をコーディネート
  • フロントカバー・ボディーカバー・グラブレール・シートステッチ・リヤサスペンションスプリング・ボディーカバー側面の立体エンブレム
  • 車体色は以下の2種を設定
  • ポセイドンブラックメタリック
  • パールジャスミンホワイト
  • 価格は標準色に対して10,000円高(税抜)

2017年2月1日発表、同月10日発売でカラーバリエーション変更[11]

  • 従来からの継続色
  • パールダークアッシュブルー
  • パールジャスミンホワイト
  • ポセイドンブラックメタリック
  • 新規追加色
  • クリッパーイエロー
  • キャンディーロージーレッド(ツートーン)
  • ポセイドンブラックメタリック(ツートーン)
  • 廃止色
  • マットテクノシルバーメタリック


関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ enhanced Smart Powerの略で、日本語訳は「強化洗練された動力」とされる。
  2. ^ 150ccモデル用エンジンは内径x行程が58.0x57.9(mm)のほぼスクエアで124ccエンジンと比較すると出力・トルクが約10%高い。

出典[編集]

外部リンク[編集]