ホンダ・DJ・1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
DJ・1R F1 ウィニングスペシャル(1986年のウィリアムズ・ホンダのコンストラクターズタイトルを記念して限定発売されたモデル)

DJ・1(ディージェイ・ワン)は、かつて本田技研工業が発売していたスクータータイプのオートバイである。

『DJ』のネーミングは、発売当初は「Dolphin Jump No.1」が由来であるとされていたが、現在公式では「Disk Jockey」「Dash(=突進)」「Jump(=躍動)」「Dynamic(=活気)」「Jetline(=高速感)」「Jolley(=愉快)」が由来であるとしている。また、ヤマハ・ジョグのすぐ後に登場したため「打倒・ジョグ」の略だとも噂された。

概要[編集]

DJ・11985年4月に発売開始。主に若者層をターゲットにした商品でデザインは曲線を多用したものになっており、ホイールベースも1,165mmとロング化されている。エンジンはAF05E型空冷2サイクルエンジンを搭載し出力は5.2馬力。また標準車に加えて、インナーボックスを装備した「ウイングスペシャルエディション」も用意していた。

1986年3月には、排気系の見直しでエンジン出力を5.5馬力にし、サイレンサー付チャンバーマフラーやエアロアンダーカバーを装備したDJ・1Rを追加。同年6月には第二種原動機付自転車扱いとなる56ccエンジンを搭載したDJ・1Lを追加。同年7月にはRにファッションブランド「VIVAYOU」とのタイアップモデルとなるビバユーエディションと、標準車に新色を追加したDJ・1スペシャルを発売した。

1987年2月にはRのエンジン出力を6.0馬力に向上させ、同時に低圧エア封入式ダンパーや軽量アルミホイールを採用した。

1988年1月Rに変わってAF18E型空冷2サイクルエンジンを搭載したDJ・1RR(ダブルアール)を設定し、新シリンダーの採用で出力を6.8馬力に向上させ、フロントサスペンションは油圧式ダンパーを組み込んだテレスコピックタイプとなった。

DJ・1シリーズはこのRRをもって生産終了となり、後継モデルは引き続き6.8馬力の高性能エンジンを搭載した「G'(ジーダッシュ)」となる。

CMは、スキンヘッドでサングラスをかけヘッドホンを装着した小太りの黒人男性が「カモーン!DJDJ!」とカンフーアクションをしながら叫ぶもので、彼が2頭身のアニメキャラとなって踊るバージョンもあるなど、非常にコミカルな演出だった(後述のCMソング歌手であるANNIE出演バージョンと併せて放送)。

登場作品[編集]

関連項目[編集]

  • DJ in My Life テレビCMに使用されたイメージソング。

外部リンク[編集]