ゴーストバスターズ (2016年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゴーストバスターズ
Ghostbusters
監督 ポール・フェイグ
脚本 ポール・フェイグ
ケイティ・ディポルド
原作 ゴーストバスターズ (1984年版)
製作 アイヴァン・ライトマン
エイミー・パスカル
製作総指揮 ポール・フェイグ
ジェシー・ヘンダーソン
ダン・エイクロイド
トム・ポロック英語版
ジョー・メジャック英語版
アリ・ベル
ミシェル・インペラート
ベン・ウェイズブレン英語版
出演者 クリステン・ウィグ
メリッサ・マッカーシー
ケイト・マッキノン
レスリー・ジョーンズ
クリス・ヘムズワース
セシリー・ストロング
アンディ・ガルシア
ニール・ケイシー英語版
音楽 セオドア・シャピロ
主題歌 アメリカ合衆国の旗フォール・アウト・ボーイfeat.ミッシー・エリオット[1]
「Ghostbusters (I'm Not Afraid)」
日本の旗友近渡辺直美椿鬼奴山崎静代(南海キャンディーズ)[2]
「Ghostbusters~Japan Original ver.~」
撮影 ロバート・D・イェーマン
編集 ブレント・ホワイト英語版
メリッサ・ブレザートン
製作会社 ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
Lスター・キャピタル
ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
モンテチート・ピクチャー・カンパニー
パスカル・ピクチャーズ
フェイグコ・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2016年7月15日
日本の旗 2016年8月19日
上映時間 116分[3]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $144,000,000[4]
興行収入 世界の旗 $208,031,534[4]
アメリカ合衆国の旗 $124,050,035[4]
日本の旗 12.4億円[5]
テンプレートを表示

ゴーストバスターズ』(原題: Ghostbusters)は、2016年アメリカ合衆国超常現象コメディー映画。1984年の映画『ゴーストバスターズ』のリブート作品である。

概要[編集]

元々は『ゴーストバスターズ2』に続くシリーズ第3作として、前作の出演者たちを再登場させ女性を含む新しい出演者に物語を継承させる脚本で予定されていたが、オリジナルメンバーであるイゴン・スペングラー博士役のハロルド・ライミスが死去したことなどにより、前2作で監督を務めたアイヴァン・ライトマンが降板。のちに監督として就任したポール・フェイグの提案により、主人公をすべて女性に変えてのリブート作品となった[6]。監督を降板したライトマンは本作では製作として参加、オリジナルメンバーのレイモンド・スタンツ博士役を演じたダン・エイクロイドは製作総指揮を務める他、タクシー運転手の役でカメオ出演している。その他のオリジナルメンバーも死去したライミスと既に俳優業を引退したリック・モラニスを除く全員がカメオ出演している。

なお、断念された続編の概要については「ゴーストバスターズ2#続編の構想」を参照のこと。

あらすじ[編集]

コロンビア大学で教鞭をとっていた素粒子物理学博士のエリン・ギルバートは心霊現象を科学的に解明するための研究を行っていた。しかしある日、かつて自分が幽霊の実在を主張する本を書いていたことが明るみに出たせいで笑い者になってしまったばかりか、研究費を打ち切られてクビになってしまう。大学での居場所を失ったエリンは本の共同執筆者であるアビー・イェーツと再会し、自らの知識と技術力を生かすべくある計画を打ち立てる。それは、街を襲う幽霊を自分たちの手で退治するというものだった。エリンは原子力エンジニアのジリアン・ホルツマン、地下鉄職員のパティ・トーランを仲間に加え、専門会社「ゴーストバスターズ」を設立し、幽霊退治に乗り出す[7][8][9][10]

登場人物[編集]

メインキャラクター[編集]

エリン・ギルバート
コロンビア大学で物理学者として勤務していたが、旧友のアビーと共著した「過去からの幽霊」の存在がばれてしまい、学者として相応しく無いと終身雇用契約を拒否されてしまう。出版を差し止める為にアビー達の下に行くが成り行きで幽霊屋敷の調査に付き合い、幽霊を見たことで彼女の心境は変化してゆく。チームの中では比較的常識人だが、初めて幽霊に遭遇した時に狂喜のあまりはしゃいだり、事務員の採用面接で盆暗だがイケメンのケヴィンの雇用を推す等残念な所もある。よくスライム絡みの不運な目に合う。
アビー・イェーツ
高校の科学教師。自分の教室を勝手にラボに改造してジリアンと共に幽霊を研究していた。高校時代は互いに幽霊の存在を信じるエリンと意気投合して研究に明け暮れ共著もするほど仲が良かった。エリン達とゴーストバスターズ創設の為に高校の校長に掛け合うが追い出され、世間を見返す為にニューヨークでの幽霊退治に乗り出す。本物の幽霊を見ることも目的であり、最初に遭遇した幽霊を美しいと表現した。
ジリアン・ホルツマン
アビーの共同研究者で素粒子物理学者。ゴーストバスターズの装備開発を担当している。常にテンションが高く、突っ込みや他人をおちょくるのが得意。アビーに会うまで友人がいなかったらしい。また戦闘においては二丁のプロトンショットガンで迫り来る幽霊の群れをすべて退け、勝利宣言している。
パティ・トラン
ニューヨーク市地下鉄の職員。地下鉄の構内で幽霊を発見し、ゴーストバスターズの調査に同行した後に、幽霊退治に興味を持ちメンバーに加わる。他の3人とは違い科学知識は持っていないが、ニューヨークの地理と歴史に詳しい。転落しそうなホルツマンを捕まえながらローワンの霊に憑依されたアビーと立ち回るほどの腕力の持ち主。今作のゴーストバスターズのビークルであるエクトワンは彼女の叔父の霊柩車を勝手に拝借した物。
ケヴィン・ベックマン
ゴーストバスターズの事務員兼雑用。写真モデルになる位のマッチョな肉体とハンサムな容姿以外は何をやらせても残念な男で、変わり者揃いのゴーストバスターズのメンバーすら呆れるほどマイペースかつおとぼけな性格の人物。雇われた当初は電話の受け答えや来客の対応すらまともにできず、半ばエリン達の「目の保養」として雇われている。後半、自ら改造したバイク(オクトツー)に乗り、ほかのメンバーとお揃いのユニフォームで5人目のメンバーであることを誇示した途端、残念な事にローワンの霊に憑依され、利用されてしまう。

サブキャラクター[編集]

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替[11]

カメオ出演[13][14]

製作[編集]

企画[編集]

2015年1月、監督のポール・フェイグは自身のTwitterで、クリステン・ウィグ、メリッサ・マッカーシー、ケイト・マッキノン、レスリー・ジョーンズの4人を本作の主演キャストとすることを明かした。この時点では、4人の役はまだ明かされていなかった[16]。また、エマ・ストーンがキャストに加わることとなっていたが、のちに彼女は自ら出演を断ったとウォール・ストリート・ジャーナルで明かしている[17]。製作総指揮として参加するダン・エイクロイドは、本作での『ゴーストバスターズ』のリブートは「前2作を反映したものになる」としたうえで、「ゴーストバスターズになりたい新世代の女の子のための映画になる」と語っており[18]、フェイグは製作に関して、テレビドラマの『ウォーキング・デッド』を参考にしたと述べている[13]

撮影[編集]

本作の撮影は全てニューヨーク州マサチューセッツ州にて行われ、2015年6月16日にボストンで開始された[19][20]

撮影場所にはボストン中華街英語版[21]ウェイマス海軍航空基地英語版[22]ウォルサム[23]トライベッカ[24]、コロンビア大学[24]が含まれている。撮影は2015年9月19日に終了した[25]

音楽[編集]

本作の主題歌はロックバンドのフォール・アウト・ボーイが手掛けており、1984年に公開されたオリジナル版の主題歌であるレイ・パーカーJr.の『Ghostbusters』を、ラッパーのミッシー・エリオットと共にカバーしている[1][26][27]。日本語吹き替え版でも『Ghostbusters』のカバー曲が主題歌として起用されているが、こちらは吹き替えを務めるお笑い芸人友近渡辺直美が、椿鬼奴南海キャンディーズ山崎静代と共に歌った日本オリジナルのバージョンとなっている。4人は映画のプロモーションとしてYouTubeに公開された同曲のミュージックビデオにも出演しており、ダンスユニット・エグスプロージョンのメンバーであるまちゃあきがダンスの振り付けを担当している(なお、ミュージックビデオにはエグスプロージョンの2人も出演している)[2][28][29][30]

サウンドトラック盤[編集]

Ghostbusters: Original Motion Picture Soundtrack
アーティストサウンドトラック
リリース
ジャンル オルタナティブ・ロックインディー・ロックダンス・ミュージックヒップホップソウルミュージック
時間
レーベル RCAレコード
テンプレートを表示

本作のサウンドトラック盤には主題歌を手掛けるフォール・アウト・ボーイに加え、ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー、元ワン・ダイレクションゼイン・マリクペンタトニックスマーク・ロンソンDMXらがそれぞれ楽曲を提供している[31][32]。CDは2016年7月15日にリリースされた[33]

# タイトル 作詞 作曲・編曲 アーティスト 時間
1. 「Ghostbusters」     ウォーク・ザ・ムーン
2. 「Saw It Coming」     Gイージー英語版feat.ジェレマイ英語版
3. 「Good Girls」     エル・キング英語版
4. 「Girls Talk Boys」     ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー
5. 「wHo」     ゼイン・マリク
6. 「Ghostbusters」     ペンタトニックス
7. 「Ghoster」     ウルフ・アリス英語版
8. 「Ghostbusters (I'm Not Afraid)」     フォール・アウト・ボーイfeat.ミッシー・エリオット
9. 「Get Ghost」     マーク・ロンソンfeat.パッション・ピット&エイサップ・ファーグ英語版
10. 「Party Up (Up in Here)」     DMX
11. 「Rhythm of the Night」     デバージ英語版
12. 「American Woman」     マディー・マグノリアズ英語版
13. 「Want Some More」     ビースツ・オブ・メイヘム
14. 「Ghostbusters」     レイ・パーカーJr.
合計時間:

スコア盤[編集]

Ghostbusters: Original Motion Picture Score
セオドア・シャピロ映画音楽
リリース
時間
レーベル ソニー・クラシカル・レコード英語版
年表
Central Intelligence
(2016)
ゴーストバスターズ
(2016)
Why Him?
(2016)
テンプレートを表示

本作の音楽はセオドア・シャピロが手掛けている。2016年7月8日にiTunesにてデジタルダウンロード版が配信され、7月15日にCDが発売された[34][35]

# タイトル 作詞 作曲・編曲 時間
1. 「The Aldridge Mansion」    
2. 「The Garrett Attack」    
3. 「Never Invited」    
4. 「Distinct Human Form」    
5. 「The Universe Shall Bend」    
6. 「Subway Ghost Attack」    
7. 「Ghost Girl」    
8. 「Mannequins」    
9. 「Ghost in a Box」    
10. 「Dr. Heiss」    
11. 「Ley Lines」    
12. 「Pester the Living」    
13. 「I Will Lead Them All」    
14. 「The Power of Patty Compels You」    
15. 「The Fourth Cataclysm」    
16. 「Balloon Parade」    
17. 「Battle of Times Square」    
18. 「Entering the Mercado」    
19. 「Behemoth」    
20. 「Into the Portal」    
21. 「NY Heart GB」    
合計時間:

マーケティング[編集]

2016年3月3日に本作のファースト・トレイラーが公開され[36]YouTubeFacebookの公開初日の再生数は2400万回を超えた[37]。しかし、YouTubeに挙げられた動画には初日の午前中だけで12000件の高評価と13800件の低評価が付くという異例の事態になった。アメリカの広告業界の専門誌『アドウィーク』は「近年、最も賛否が割れた広告の一つである」と評した[38]。出来の悪さに失望したファンの中には、ファースト・トレイラーを再編集してネット上にアップロードする者が出ており、その予告編の方が出来がいいと評する声も上がった[39]。不評の多くはギャグセンスのなさに対する批判である[40]

日本では2016年4月1日、ソニーエイプリルフールの企画として、本作に登場する幽霊捕獲装置「プロトンパック」の開発に成功したという内容のニュースリリースを模したページを公開した。このページでは、プロトンパックはソニーのエンジニアと本作の登場人物ジリアン・ホルツマンとによって共同開発され、ソニーの製品であるCybershotXperiaに搭載されているのと同じ機能が搭載されているという設定だった。また、プロトンパックのプロモーション映像が配信された他、ページ上部にあるソニー(SONY)のロゴのOにマウスオーバーすると、ゴーストバスターズのトレードマークである「ノーゴーストマーク」(斜線入りの赤い丸の中に幽霊が入っている図案のマーク)に変わるという仕掛けが施されていた[41]

公開後の反応[編集]

興行成績[編集]

アメリカとカナダでは、7月15日に3,963の映画館で公開され、前日の試写会での売上額(340万ドル)も含めた総計1720万ドルの収入を獲得した[42][43]。公開初週は4600万ドルの収入を記録し、アニメーション映画「ペット」(5080万ドル)に次ぐ成績[44]

北米地域以外では3,900の映画館で上映され、初週の興行収入は1910万ドルとなった[45]。最も興行収入が多かった国はイギリスアイルランド(6100万ドル)で、その次に多かったのはオーストラリア(3700万ドル)とブラジル(2200万ドル)であった[45]

2016年8月24日時点で、本作は北米地域で1億2400万ドル、北米以外の国と地域で8390万ドル、合計2億790万ドルの興行収入を記録した[4]。しかしソニー側は製作費1億4400万ドルに加え多額の費用を宣伝に費やしたため、採算をとるためには少なくとも3億ドルの収益が必要になると述べ[46]、監督のフェイグも公開前に「少なくとも世界中で5億ドルは売り上げなければならないが、それでもまだ足りない方だろう」と述べた[47]ハリウッド・リポーター誌によると、本作の財務上の損失額は7000万ドル以上になると推定されている[46][48][49]ヴァラエティ誌でも、本作でソニーが抱える総損失額は7500万ドルになると推定しており、そのうち約5000万ドルはヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズとの共同出資によるものとした。ソニーの関係者はこの共同出資に伴う総損失額はおよそ2500万ドルになると見積もっている[50]

本作に対する評価[編集]

映画批評集積サイトRotten Tomatoesは同サイトに寄せられた244件のレビューを基に満足度73%、平均点6.5/10という評価を下した[51]。同サイトでは批評家の総意として「自由奔放で、素晴らしいキャストを揃えた超常現象コメディーとして、見事に仕上がっている。たとえ、オリジナル版と比べ多少見劣りがするとしてもだ」と述べている。Metacriticでも52件のレビューを基に、加重平均値60/100という評価を下した[52]

フェミニストのジャネッサ・E・ロビンソンは「『ゴーストバスターズ』では3人の有能な女性科学者がたった一人の黒人女性とともに活動している。レスリー・ジョーンズが演じるパティは3人に比べると知性的ではない労働者だ。」「あの映画はラテン系、アジア系、先住民族の女性の存在を無視している。」「先例に倣って、黒人枠として一人だけ黒人女性が登場している」と批判した[53]アキラ・ヒューズは「(『ゴーストバスターズ』の予告編の描写は)私たちが今までに乗り越えておかねばならなかったはずのミンストレルショーを作り出している。」と批判した[54]

レスリー・ジョーンズはネット上での批判に対し、「パティ・トーランは熱心に働く女性であって、"一般人"を表象するキャラクターです。」「なぜ普通の人間がゴーストバスターになってはいけないのでしょうか。」と反論している[55]

受賞歴[編集]

部門 候補 結果
2016年
ティーン・チョイス・アワード[56] サマームービー ゴーストバスターズ ノミネート
サマームービー:女優賞 メリッサ・マッカーシー ノミネート
クリステン・ウィグ ノミネート
サマームービー:男優賞 クリス・ヘムズワース ノミネート

続編の可能性[編集]

2016年7月17日、ソニー・ピクチャーズの世界配給部門代表であるローリー・ブルーアはエンターテインメント情報サイトTheWrapにて、続編の製作について「正式には何も発表されていないが、私の中では疑う余地はない」と可能性を示唆するコメントを述べた。ブルーアはこの他にも、ゴーストバスターズが重要なフランチャイズとなることを希望する旨を、同サイトにて表明している[57][58]

また、続編とは別に、ゴーストバスターズのテレビアニメシリーズおよびアニメ映画版の製作がそれぞれ企画されている。両作品にはオリジナル版の監督であるアイヴァン・ライトマンがプロデューサーとして携わり、ソニー・ピクチャーズ・アニメーションが製作に参加することとなっている。なお、テレビアニメシリーズは『Ghostbusters: Ecto Force』のタイトルで2018年に放送、アニメ映画版は2019年に公開が予定されている[46][58][59][60][61]

脚注[編集]

  1. ^ a b Fall Out Boy, Missy Elliott and Wolf Alice to appear on Ghostbusters soundtrack”. NME.com (2016年6月2日). 2016年7月21日閲覧。
  2. ^ a b 【特別映像】友近&渡辺直美ら、ノリノリでテーマ曲をカバー!『ゴーストバスターズ』”. シネマカフェ (2016年6月28日). 2016年7月21日閲覧。
  3. ^ GHOSTBUSTERS (12A)”. British Board of Film Classification (2016年8月21日). 2016年8月21日閲覧。
  4. ^ a b c d Ghostbusters (2016)” (英語). Box Office Mojo. 2015年8月21日閲覧。
  5. ^ 2016年(平成28年) 興行収入10億円以上番組 (PDF)”. 日本映画製作者連盟. 2017年2月3日閲覧。
  6. ^ 『ゴースト・バスターズ3』は女性たちが主人公!”. シネマトゥデイ (2014年10月9日). 2016年3月31日閲覧。
  7. ^ Ghostbusters: Aykroyd Champions New Film, Plot Revealed?”. Shock Till You Drop (2015年6月17日). 2016年4月6日閲覧。
  8. ^ All-female Ghostbusters reboot plot spoilers, cast, release date, theme song and everything you need to know”. Digital Spy (2016年2月3日). 2016年4月6日閲覧。
  9. ^ 新チームが幽霊に立ち向かうリブート版『ゴーストバスターズ』予告編”. Kotaku JAPAN (2016年3月4日). 2016年4月6日閲覧。
  10. ^ 新生「ゴーストバスターズ」予告編が完成 おなじみのあの曲にのせて幽霊退治”. 映画.com (2016年3月18日). 2016年4月6日閲覧。
  11. ^ ゴーストバスターズ”. ふきカエル大作戦!! (2016年8月19日). 2016年8月19日閲覧。
  12. ^ a b 友近&渡辺直美、『ゴーストバスターズ』アフレコ挑戦も荷物が重くて苦戦!”. シネマカフェ (2016年7月6日). 2016年7月21日閲覧。
  13. ^ a b 5 Things You Didn’t Know About The New ‘Ghostbusters’ RebootHollywood.com、2016年4月6日閲覧。
  14. ^ 『ゴーストバスターズ』が2016年にリメイク!あらすじやキャストなど最新情報を紹介!”. Ciatr. (2016年4月2日). 2016年4月6日閲覧。
  15. ^ “渡辺直美、せりふ量でギャラ格差?「感謝の不服」 『ゴーストバスターズ』吹き替え”. ORICON STYLE. (2016年8月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2076791/full/ 2016年8月17日閲覧。 
  16. ^ ‘Ghostbusters’ Female Cast Taking Shape at Sony”. Variety (2015年1月27日). 2016年4月6日閲覧。
  17. ^ Emma Stone: I Turned Down 'Ghostbusters' Because "It's a Whole Thing"”. The Hollywood Reporter (2015年6月17日). 2016年4月6日閲覧。
  18. ^ Dan Aykroyd Promises ‘Ghostbusters’ Reboot ‘Hits the Right Notes’”. Comic Book Resources (2015年6月17日). 2016年4月6日閲覧。
  19. ^ Exclusive: Paul Feig Talks Ghostbusters”. Empire (2015年10月9日). 2016年4月6日閲覧。
  20. ^ 'Ghostbusters' reboot starts filming in Boston this week”. The Boston Herald (2015年6月16日). 2016年4月6日閲覧。
  21. ^ ‘Ghostbusters’ filming on High Street in Boston this weekend”. On Location Vacation (2015年7月11日). 2016年4月6日閲覧。
  22. ^ ‘Ghostbusters’ filming in NYC this weekend”. On Location Vacation (20105-09-10). 2016年4月6日閲覧。
  23. ^ 'Ghostbusters' Starts Filming in Waltham This Week”. Patch (2015年9月15日). 2016年4月6日閲覧。
  24. ^ a b Ghostbusters spotted filming outside Columbia”. Columbia Daily Spectator (2015年9月15日). 2016年4月6日閲覧。
  25. ^ Ghostbusters Photos: A Look at the Final Day of Shooting”. ComingSoon.net (2015年9月20日). 2016年4月6日閲覧。
  26. ^ 『ゴーストバスターズ』最新作、主題歌はフォール・アウト・ボーイとミッシー・エリオットのコラボに”. NME Japan (2016年6月3日). 2016年7月21日閲覧。
  27. ^ フォール・アウト・ボーイとミッシー・エリオット、『ゴーストバスターズ』カバーでコラボ”. oriver.cinema (2016年6月4日). 2016年7月21日閲覧。
  28. ^ 【特別映像】友近&渡辺直美ら、ノリノリでテーマ曲をカバー!『ゴーストバスターズ』”. シネマカフェ (2016年6月28日). 2016年7月21日閲覧。
  29. ^ 「ゴーストバスターズ」主題歌MVで友近、渡辺直美、椿鬼奴、しずちゃんが幽霊退治”. 映画ナタリー (2016年6月28日). 2016年7月21日閲覧。
  30. ^ 友近・渡辺直美・椿鬼奴・山崎静代『ゴーストバスターズ』主題歌披露「100点満点じゃないですか」”. エンタメウィーク (2016年7月4日). 2016年7月21日閲覧。
  31. ^ 'Ghostbusters' soundtrack tracklisting revealed”. NME.com (2016年6月20日). 2016年7月21日閲覧。
  32. ^ FALL OUT BOY、映画"ゴーストバスターズ"のサウンドトラックに収録される楽曲「Ghostbusters (I'm Not Afraid)」の音源公開!”. 激ロック (2016年6月24日). 2016年7月21日閲覧。
  33. ^ Ghostbusters: Original Motion Picture Soundtrack Available July 15th”. RCA (2016年6月2日). 2016年8月11日閲覧。
  34. ^ GHOSTBUSTERS Original Motion Picture Score Available Now Digitally and On CD July 15”. Sony Corporation of America (2016年7月15日). 2016年8月11日閲覧。
  35. ^ iTunes Preview: Ghostbusters (Original Motion Picture Score)Apple Inc.、2016年8月11日閲覧。
  36. ^ GHOSTBUSTERS - Official Trailer (HD)”. 2016年5月3日閲覧。
  37. ^ ‘Ghostbusters’ Trailer Racks Up 24 Million Views in First 24 Hours, Topping ‘Tarzan,’ ‘Independence Day’”. 2016年5月3日閲覧。
  38. ^ Reactions to the All-Female Ghostbusters Trailer Prove It'll Be the Most Polarizing Movie of the Year”. 2016年5月3日閲覧。
  39. ^ This Fan-Edited Ghostbusters Trailer Fixes Several Problems From the Official One”. 2016年5月3日閲覧。
  40. ^ 新ゴーストバスターズ、予告の低評価60万件突破”. 2016年5月3日閲覧。
  41. ^ ソニーが“ゴースト捕獲装置”の開発に成功! 喜びのコメントを発表”. シネマカフェ (2016年4月1日). 2016年4月1日閲覧。
  42. ^ ‘Ghostbusters’: How Its $46M Opening Creates A Quandary – Weekend Box Office Postmortem”. Deadline.com (2016年7月18日). 2016年8月24日閲覧。
  43. ^ Box Office: 'Ghostbusters' Tops Friday With $17.2 Million”. Forbes (2016年7月16日). 2016年8月24日閲覧。
  44. ^ Box Office: 'Ghostbusters' No. 2 With $46M, Slimed by 'Secret Life of Pets'”. The Hollywood Reporter (2016年7月17日). 2016年8月24日閲覧。
  45. ^ a b ‘Ice Age’ Charts $53.5M Course To Lead Frame; ‘Ghostbusters’ Calls Up $19.1M In Offshore Bow – International Box Office”. Deadline.com (2016年7月17日). 2016年8月24日閲覧。
  46. ^ a b c 'Ghostbusters' Heading for $70M-Plus Loss, Sequel Unlikely”. The Hollywood Reporter. 2016年8月24日閲覧。
  47. ^ Who Ya Gonna Troll?Vulture、2016年8月24日閲覧。
  48. ^ What Busted the Ghostbusters?”. VF Hollywood (2016年8月10日). 2016年8月24日閲覧。
  49. ^ 'Ghostbusters' Lost Way Too Much Money to Earn a Sequel”. Maxim (2016年8月11日). 2016年8月24日閲覧。
  50. ^ Sony’s ‘Ghostbusters’ Loss Likely to Come to About $50 Million, Sources Say”. Variety (2016年8月10日). 2016年8月24日閲覧。
  51. ^ Ghostbusters(2016)2016年7月21日閲覧。
  52. ^ Ghostbusters Reviews2016年7月21日閲覧。
  53. ^ They call this Ghostbusters reboot feminist. Not for black women”. 2016年5月3日閲覧。
  54. ^ How the ‘Ghostbusters’ trailer takes three steps forward and one step back”. 2016年5月3日閲覧。
  55. ^ Leslie Jones Does Not Care If You Think ‘Ghostbusters’ Is Casually Racist”. 2016年5月3日閲覧。
  56. ^ Teen Choice Awards 2016: All the Nominees and Winners!”. US Weekly (2016年7月31日). 2016年8月24日閲覧。
  57. ^ ‘Ghostbusters’ Sequel? ‘It Will Happen,’ Sony Distribution Chief Says”. TheWrap (2016年7月17日). 2016年8月24日閲覧。
  58. ^ a b いよいよ日本上陸!今夏の話題作『ペット』&『ゴーストバスターズ』は続編やスピンオフが決定済み”. ORIVER. cinema (2016年8月11日). 2016年8月24日閲覧。
  59. ^ ‘Ghostbusters’ Animated Movie in the Works at Sony Pictures Animation”. TheWrap (2015年10月1日). 2016年8月24日閲覧。
  60. ^ 『ゴーストバスターズ』がアニメ映画化”. シネマトゥデイ (2015年10月2日). 2016年8月24日閲覧。
  61. ^ 'Ghostbusters: Ecto Force' Animated Series in the Works; Fan Backlash Imminent”. IndieWire (2016年6月20日). 2016年8月24日閲覧。

外部リンク[編集]