ジー・イージー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
G-Eazy
G-EAZY - The Beautiful & Damned Tour.jpg
G-Eazy 2018年
基本情報
出生名 Gerald Earl Gillum
ジェラルド・アーリージルム
生誕 (1989-05-24) 1989年5月24日(32歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州オークランド
ジャンル ヒップホップ
職業 ラッパー
担当楽器 ラップ
活動期間 2008年 -
レーベル RCAレコード

ジー・イージーG-Eazy、本名: Gerald Earl Gillum、1989年5月24日 - )は、アメリカ合衆国オークランド出身のラッパーである。

2014年、メジャー・デビュー・アルバム『These Things Happen』は、米ビルボード200で3位を記録した[1]。続くアルバム『When It's Dark Out』(2015年)からの楽曲「Me, Myself & I」は米ビルボード・ホット100のトップ10入りを果たす[1]。2017年の3作目のアルバム『The Beautiful & Damned』からは「No Limit」が全米4位とヒットした[2]。2020年には4作目のアルバム『Everything's Strange Here』がリリースされた[3]

来歴[編集]

ライブでのG-Eazy(2018年)

2014年、メジャー・デビュー・アルバム『These Things Happen』をリリースし、米ビルボード200で3位を記録した[1]

2015年、アルバム『When It's Dark Out』をリリース、楽曲「Me, Myself & I」は米ビルボード・ホット100で最高7位を記録する[1]。また同年、きゃりーぱみゅぱみゅの楽曲「PONPONPON」をサンプリングをし、日本でも話題になる[4]

2017年、3作目のアルバム『The Beautiful & Damned』をリリース、楽曲「No Limit」が全米4位とヒットした[2]。また同年、歌手のケラーニとコラボした楽曲「Good Life」が、映画『ワイルドスピードICEBREAK』のサウンドトラックに起用され世界中で注目を集めた[5]。同年サマーソニックにて、ケラーニと共に初来日を果たし、日本で初パフォーマンスを行った[6]

2020年、4作目のアルバム『Everything's Strange Here』がリリースされた[3]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • The Epidemic LP (2009)
  • Must Be Nice (2012)
  • These Things Happen (2014)
  • When It's Dark Out (2015)
  • The Beautiful & Damned (2017)
  • Everything's Strange Here (2020)
  • These Things Happen Too(2021)

シングル[編集]

  • Lady Killers
  • Marilyn"
  • Far Alone
  • Almost Famous
  • Tumblr Girls
  • I Mean It
  • Lotta That
  • Me, Myself & I
  • Good Life

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d G-Eazy”. Billboard. 2020年11月12日閲覧。
  2. ^ a b November 8, Nick MojicaPublished:. “G-Eazy Shares ‘The Beautiful & Damned’ Album Release Date - XXL” (英語). XXL Mag. 2020年11月12日閲覧。
  3. ^ a b Reporter, Staff (2020年3月27日). “Bay Area rapper G-Eazy to Feed San Francisco Youth for a Month” (英語). Music Times. 2020年11月12日閲覧。
  4. ^ 「ベドウィン」がラッパーのG・イージーとコラボコレクション発売 本人来店の限定イベントも” (日本語). WWDJAPAN.com (2017年8月18日). 2020年11月12日閲覧。
  5. ^ G-Eazy & Kehlani Toast the 'Good Life' on New 'Fate of the Furious' Soundtrack Cut: Listen” (英語). Billboard. 2020年11月12日閲覧。
  6. ^ 【サマソニ東京ライブリポート】G-EAZY | 音楽フェス・洋楽情報のAndMore!(アンドモア)” (日本語). AndMore! (2017年8月23日). 2020年11月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]