記者たち 衝撃と畏怖の真実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
記者たち 衝撃と畏怖の真実
Shock and Awe
監督 ロブ・ライナー
脚本 ジョーイ・ハートストーン
製作 ロブ・ライナー
マシュー・ジョージ
エリザベス・E・ベル
製作総指揮 マーティン・シェイファー
ウェイン・マーク・ゴッドフリー
ロバート・ジョーンズ
アラステア・バーリンガム
トニー・パーカー
クリストファー・H・ワーナー
ロン・リンチ
出演者 ウディ・ハレルソン
ジェームズ・マースデン
ロブ・ライナー
ジェシカ・ビール
ミラ・ジョヴォヴィッチ
トミー・リー・ジョーンズ
音楽 ジェフ・ビール英語版
撮影 バリー・マーコウィッツ
編集 ボブ・ジョイス
製作会社 アカシア・エンターテインメント
キャッスル・ロック・エンターテインメント
サヴィ・メディア・ホールディングス
配給 アメリカ合衆国の旗 ヴァーティカル・エンターテインメント英語版
日本の旗 ツイン
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年7月13日
日本の旗 2019年3月29日
上映時間 91分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 世界の旗 $29,936[2]
テンプレートを表示

記者たち 衝撃と畏怖の真実』(きしゃたち しょうげきといふのしんじつ、原題:Shock and Awe)は2017年アメリカ合衆国ドラマ映画。監督はロブ・ライナー、主演はウディ・ハレルソンジェームズ・マースデンが務めた。

なお、本作の日本語字幕は齋藤敦子が担当し[3]、字幕監修は池上彰が担当した[4]

ストーリー[編集]

2002年1月29日、ジョージ・W・ブッシュ米大統領一般教書演説で「イラクが大量破壊兵器を保有し、テロを支援している」と糾弾した。マスメディアもイラクへの軍事介入を肯定する論調が支配的であった。そんな中、ナイト・リッダー英語版ワシントンD.C.支局のジャーナリストたちはブッシュ政権に懐疑的な姿勢をとり続けていた。「イラクは本当に大量破壊兵器を隠し持っているのか」と。

だが翌2003年3月、アメリカはイラクとの開戦に踏み切った。衝撃と畏怖英語版作戦に則った米軍はあっという間にイラクを占領し、アメリカ国民は悪の枢軸の一画が崩壊したことに狂喜したが……。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替声優。

製作[編集]

2016年7月12日、ウディ・ハレルソンがロブ・ライナー監督の新作映画に出演することになったと報じられた[5]。13日、ジェームズ・マースデンが本作に出演するとの報道があった[6]

撮影[編集]

2016年10月5日、本作の主要撮影ルイジアナ州で始まった[7]。撮影中、ギャラの都合でアレック・ボールドウィンが降板することになったため、ライナー監督自らその代役を務めることになった[8]。11月には、ワシントンD.C.での撮影が行われた[9]

劇中、ウォルコットが部下たちを鼓舞するスピーチをするシーンがある。当初、そのシーンでライナーは脚本家がアレンジした台詞に従って演技をする予定だったが、ストローベルの助言もあって、ウォルコットの実際のスピーチに従って演技をすることにした[10]

公開[編集]

2017年9月30日、本作はチューリッヒ映画祭英語版でプレミア上映された[11]。2018年2月22日、ヴァーティカル・エンターテインメントとディレクTVが本作の全米配給権と全米配信権を購入したと報じられた[12]

評価[編集]

本作に対する批評家の評価は芳しいものではない。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには44件のレビューがあり、批評家支持率は30%、平均点は10点満点で4.7点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『記者たち 衝撃と畏怖の真実』には語られる価値のあるストーリーがあり、出演者はそれに命を吹き込もうとしている。しかし、不幸なことに、出来上がった作品はドラマとしてパッとしない上に、既視感を覚える作品になっている。」となっている[13]。また、Metacriticには17件のレビューがあり、加重平均値は45/100となっている[14]

出典[編集]

外部リンク[編集]